温帯

気候帯が寒帯(E)・乾燥帯(B)のどちらでもない場合、最寒月平均気温 -3 ℃以上 18 ℃未満なら温帯(C)になります。

温帯(C)は、ここから4つの気候区に分かれます。
降水型がsならCs、wならCw、fで最暖月平均気温 22 ℃未満ならCfb、fで最暖月平均気温 22 ℃以上ならCfaです。


Cs(地中海性気候

特色・成因

緯度30~40度の大陸西岸に発達します。
夏は北上した 中緯度高圧 帯の影響で乾燥し、冬は海洋から吹き込む 偏西風 の影響で降雨が見られ、比較的温暖です。

北半球の夏(南半球の冬)

偏西風と北半球の冬(南半球の夏)

植生

 オリーブ コルクがしなど、乾燥に強い硬葉樹が多く分布します。

オリーブ

コルクがし

土壌

石灰岩の風化による赤い土壌 テラロッサ が、地中海周辺に分布しています。

生活

夏は乾燥に強いブドウオリーブなどを栽培し、冬は降水を利用して小麦を栽培します。このような農業を 地中海式 農業と言います。

住居は、森林に比べて豊富な石を利用します。地中海周辺には石造りの白い家が多く見られます。この白は石灰で、遮熱効果を期待したものです。

ギリシャの建物

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(ローマ)

ハイサーグラフ(ローマ)

Cw(温暖冬季少雨気候)

特色・成因

南北回帰線(緯度23度26分)付近の大陸東岸に発達します。
夏は季節風と 赤道低圧 帯の影響で高温多雨、冬は 中緯度高圧 帯の影響で比較的温暖・乾燥します。


北半球の夏(南半球の冬)

北半球の冬(南半球の夏)

植生

シイ・カシ・クスなど照葉樹が多く分布します。ただし、落葉広葉樹・針葉樹も見られます。

シイ

土壌

降雨により有機物が溶脱し、アルミニウムや鉄の酸化物が集積した酸性の赤黄色土が分布します。

生活

アジアでは、稲作や畑作が多く営まれます。特に、中国華南では温暖な気候を利用して、米の二期作がおこなわれます。

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(香港)

ハイサーグラフ(香港)

Cfb(西岸海洋性気候)

特色・成因

主に緯度40~60度の大陸西岸で見られます。

高緯度のわりには、同緯度の他地域に比べて、夏は冷涼、冬は比較的温暖です。そのため気温の年較差は比較的小さくなります。
西欧において、この気候になる理由は、 偏西風  北大西洋 海流の影響です。

また、 高緯度低圧 帯の影響で年中降雨が見られます。

植生

ブナなどの落葉広葉樹が多く、針葉樹も見られます。

ブナ林

土壌

表層に腐植を含む、暗褐色で中性から弱酸性の土壌 褐色森林土 が分布します。

生活

次のような様々な農業形態が見られます。
また、商工業が発達し、人口が多く分布しています。

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(東京)

ハイサーグラフ(東京)

Cfa(温暖湿潤気候)

特色・成因

大陸東岸に発達し、夏は高温、冬は寒冷になります。従って、気温の年較差は大きくなります。
四季の変化がはっきりし、 季節風 の影響で年間を通して降水が見られます。また、台風・ハリケーンなど熱帯低気圧が見られます。

植生

常緑広葉樹・落葉広葉樹・針葉樹の混合林(混交林)が分布します。

混合林(混交林)

土壌

表層に腐植を含む、暗褐色で中性から弱酸性の土壌 褐色森林土 や黒色のプレーリー土が分布します。

生活

アジアでは稲作や畑作が営まれます。
アメリカでは中部・西部で とうもろこし  の栽培が、南部で 綿花 の栽培が大規模に営まれます。

西岸海洋性気候の地域と同様に、商工業が発達し、人口が多く分布します。

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(ロンドン)

ハイサーグラフ(ロンドン)