亜寒帯(冷帯)

気候帯が寒帯(E)・乾燥帯(B)のどちらでもない場合、最寒月平均気温 -3 ℃未満、かつ最暖月平均気温 10 ℃以上なら亜寒帯(D)になります。

亜寒帯(D)は、ここから2つの気候区に分かれます。
降水型がfならDf、wならDwです。


Df(亜寒帯湿潤気候)

特色・成因

 北 半球のみに分布する気候です。

夏は地軸の傾きで日照時間が長く、冬は時期が長く寒さも厳しくなります。また、高緯度のため気温の年較差は大きくなります。

 高緯度低圧 帯の影響で、年中降雨が見られます。

植生

北部は、エゾマツ・トドマツなどの針葉樹が分布します。この針葉樹林帯を タイガ と言います。
南部は、針葉樹と落葉樹の混合林(混交林)が分布します。

土壌

北部のタイガの地表下には、土壌のすきまの水分が凍結し、岩石のように固化した状態の土壌 永久凍土 が広がっています。

露頭した永久凍土(図中白い部分)
夏に地表近くの永久凍土が溶け、ここに別の土壌が形成されます。
針葉樹の落ち葉・枯れ枝が、低い気温・高い湿度で分解されにくく、酸性の有機物の層を蓄積します。また、低い気温・高い湿度で蒸発量が少なく、降水後に多くの水が土中のカルシウムなどとともに下方に流れます。これにより、北部のタイガの地表には、酸性で灰白色の土壌 ポドゾル が分布します。

ポドゾル

ポドゾルと永久凍土
一方、南部は褐色森林土が分布します。

生活

麦類や大豆などの穀物やジャガイモの栽培が見られます。他にも酪農・林業(製材・パルプ)も発達しています。

永久凍土上の建物は、暖房器具の熱が地面に伝わると、凍土が溶けて倒壊の恐れがあるので、高床式にしています。

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


Dw(亜寒帯冬季少雨気候)

特色・成因

Df(亜寒帯湿潤気候)と気温・湿度以外に、ほとんど違いがありません。

夏は地軸の傾きで日照時間が長く、冬は時期が長く寒さも厳しくなります。また、高緯度のため気温の年較差は大きくなります。

夏は 高緯度低圧 帯の影響で降雨が見られますが、冬は シベリア高気圧 の影響で少雨となります。
シベリア東部では、極高圧帯から流れ出た冷たい空気が南部の高い山脈でせき止められます。比熱の低い大陸内部は冷えやすいため、冬に向かって気温も低くなります。冷たい空気は重いため地表付近にたまり、そうして形成されたのがシベリア高気圧です。

土壌

北部は、酸性で灰白色の土壌 ポドゾル が分布します。ポドゾルの下部には、土壌のすきまの水分が凍結し、岩石のように固化した状態の土壌 永久凍土 が広がっています。

一方、南部は褐色森林土が分布します。

生活

寒冷な場所では寒さに強いえん麦・ジャガイモの栽培が見られます。他にも酪農・林業(製材・パルプ)も見られます。

永久凍土上の建物は、暖房器具の熱が地面に伝わると、凍土が溶けて倒壊の恐れがあるので、高床式にしています。

シベリア東部は気温が低く、北半球の寒極(最も低い地上気温が観測された地点)のオイミャコン(-71.2℃)があります。*南半球の寒極はロシアのヴォストーク基地で-89.2℃
このような寒極のオイミャコンでも人々が生活しています。

最低気温観測のレリーフ

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ