寒帯

最暖月平均気温 10 ℃未満なら寒帯(E)になります。

寒帯(E)は、ここから2つの気候区に分かれます。
最暖月平均気温 10 ℃未満 0 ℃以上ならET、最暖月平均気温 0 ℃未満ならEFです。


ET(ツンドラ気候)

特色・成因

夏は短く、降水量が少ないです。

極圏(66度33分以上)では、夏に一日中太陽が沈まない白夜に、冬は太陽が昇らない極夜になります。

植生

夏は永久凍土の溶けて地表面近くが湿地になり、蘚苔類・地衣類が生育します。灌木(低木)が生育するところもわずかにあります。このような荒原を ツンドラ と言います。

地衣類

シベリアのツンドラ

グリーンランドのツンドラ

土壌

地表下には永久凍土が広がっています。

また、地表面の蘚苔類・地衣類など有機物は低温のため分解が十分に進まず、泥炭化して蓄積されます。蓄積した泥炭を含む酸性で灰褐色の土壌をツンドラ土と言い、地表に広がっています。

生活

遊牧民や狩猟民族など少数民族が暮らしています。
北アメリカの イヌイット はアザラシなどの狩猟を、スカンディナヴィア北部の サーミ はトナカイの遊牧を営んでいます。

イヌイット

サーミ

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(バロー)

ハイサーグラフ(バロー)

EF(氷雪気候)

特色・成因

最暖月平均気温0℃未満で、年中寒冷で氷雪に覆われた地域です。

ブリザードといわれる突風が、月に数回吹き荒れます。

降水は、ほとんど見られません。

植生

大陸氷河が発達し、植物の生育はありません。

土壌

永久氷雪が広がっています。

生活

学術調査や地下資源調査に従事する人が一時的に住むのみで、人の居住は原則ありません。このように人の居住が困難な地域を、地理学では アネクメーネ と言います。なお、反対に居住できる地域をエクメーネと言います。

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(昭和基地)

ハイサーグラフ(昭和基地)