高山気候

標高2000m以上の地域がある程度の広がりをもつとき、その地域は高山気候に分類され、記号「」で表記されます。
ケッペンは「気温」「降水」のみを指標に気候区を区分したため、「標高」を指標に加えた高山気候は、ケッペンの気候区分に存在しません。高山気候は、ケッペンの気候区分では別の気候区に該当します。

H(高山気候)

特色・成因

気温の日較差は大きく、年較差は小さくなります。

気温の低減率に従い、気温は海抜高度100mにつき0.65℃増減します。そのため高山気候では同緯度の周辺と比べて気温が低くなります。本来低緯度の地域は、年中気温が高くなりますが、同緯度でも標高の高い地域(高山)では、気温の逓減率に従い、年中春ごろの気温になります。下の2つの雨温図で比べてみましょう。

シンガポール(北緯1度)

キト(北緯0度)

降水量は1500~2000mで極大となり、以降高度が増すと減少します。

植生・土壌

低地から高地にかけ、熱帯植物から寒帯植物へ垂直に変化します。

アンデスの植生

生活

日射や紫外線は、標高が高いほど大気によって散乱されにくく、量が多くなります。

涼しいので低地よりも暮らしやすく、昔から都市が発達しました。古代インカ帝国のマチュピチュは大変有名です。

標高4000m以上は作物が育たないので、アンデスではリャマアルパカを、チベットではヤクを飼育します。

アルパカとポンチョを着た男性

リャマとケチュア族の少女

ヤク
アンデスでは、標高4000mよりもやや低い土地でじゃがいもを育てます。

チューニョ(乾燥させたじゃがいも)

分布・都市

代表都市の雨温図・ハイサーグラフ


雨温図(キト)

ハイサーグラフ(キト)