陸水と海洋

陸水

陸地に囲まれた水を陸水と言います。地球上の水は、約97.5%が海水で、わずか約2.5%が陸水に過ぎません。この陸水が、資源として価値が非常に高いのです。

陸水のうちで利用の難しい氷河や地中深くの地下水を除き、私たちが利用できる陸水は全体の0.01%だけです(河川、湖沼、地下水の一部)。この限りある0.01%をどう利用するかが今後の課題なのです。

地球上の水

河川

河川水は、農業用水・工業用水、そして水運に利用されます。

水運

水運は、緩勾配で1年の最大・最小流量の差が少ない河川で発達します。つまり、1年を通して水の安定供給が水運には欠かせないのです。ライン川をはじめとしたヨーロッパの河川でそのような例が見られます。

ライン川の水運
一方で、日本の河川は急勾配で1年の最大・最小流量の差が大きく、水運の発達があまり見られません。夏の季節風で降雨は多いものの、河川の水はすぐに海へと流れてしまいます。なお、日本の河川が急勾配なのは、日本が 新期造山 帯に位置するためです。

湖沼

問題

生活排水・農業用水・工業用水の流入で、水中の窒素等の濃度が高くなる「富栄養化」が進むと、水中の藻やプランクトンが増殖してしまいます。プランクトンが異常増殖すると、河川や湖沼などが変色し、これを 赤潮 と言います。

赤潮

地下水

オーストラリアの グレートアーテジアン(大鑽井) 盆地では、掘り抜き井戸被圧地下水を得ます。この地下水は塩分濃度が高いため、 羊 の飲み水に利用しています。
被圧地下水とは、地下水を通さない地層(不透水層)に挟まれた地下水です。大気圧以上の圧力がかかっており、井戸を掘ると、被圧地下水の水面まで水位が上げってきます。井戸の高さが被圧地下水の水面以下だと、被圧地下水は自噴します。「アーテジアン(鑽井盆地)」とは、自噴する井戸が多く集まっているところという意味です。

グレートアーテジアン盆地の井戸


海洋

陸と海の半球


陸半球

水半球

大洋と付属海

海流

海流は、風、海水の密度、傾斜を理由として生じます。

海流のうち、 暖 流は低緯度から高緯度へ、 寒 流は高緯度から低緯度へ流れます。

また、北半球では 時計 回りに、南半球では 反時計 回りに流れます。

海流