水産業

水産業

好漁場の条件

自然条件

好漁場の自然条件は、豊富な栄養分と日光があることです。「栄養分→植物性プランクトン→動物性プランクトン→魚類」という食物連鎖を考えれば、植物性プランクトンが必要とする栄養分と太陽光(光合成のための)が重要だとよく分かります。

海中の栄養分は、重いため海底に沈んでいます。この栄養分が、太陽光の届く浅い水域まで、海底から上昇する海水の流れ 湧昇流 で運ばれれば、好漁場の成立です。湧昇流が生じる場所には、次のものが挙げられます。

大陸棚とバンク

潮境(潮目)

社会条件

好漁場は、自然条件だけでは成立しません。消費地の存在や食文化などの社会条件も影響しています。

世界の主要漁場

北西太平洋(ユーラシア大陸東岸地域)

成立条件
 潮境  潮目 )の発達
寒流のリマン海流と暖流の対馬海流の合流、寒流の 千島 海流( 親潮 )と暖流の 日本 海流( 黒潮 )の合流

特色
世界最大の漁場

南東太平洋(ペルー沖)

成立条件
湧昇流の発達
寒流の ペルー 海流(難解なため、詳細は下図にて説明)

ペルー海流と湧昇流
特色
 アンチョビー (カタクチイワシ科)をフィッシュミール(魚粉)に加工して、飼料や肥料として輸出

アンチョビー

北東大西洋漁場(北海周辺)

条件
大陸棚上の バンク の存在
 ドッガーバンク  グレートフィッシャーバンク 

特色
タラニシンを中心とする、古くから優れた漁場
トロール漁による機械化された大規模経営

タラ

ニシン

トロール漁

北西大西洋漁場(ニューファンドランド島近海)

条件
 潮境  潮目 )の発達
暖流の メキシコ 湾流と寒流のラブラドル海流の合流
大陸棚上の バンク の存在
 グランドバンク 

特色
フランス漁民が開発

世界の水産業


主な国の漁獲高の推移

中国

1990年代の中国は、著しい伸びを示しました。今では世界最大の漁獲高になっています。

この伸びの背景には、次の3つが挙げられます。

中国のフナ(コイ科)の養殖
余談になりますが、中国の漁獲統計の数値は過大に見積もられている疑いがあります。1990年代と2000年代の接合がいったんの減少と増加という不思議なもので、FAOとの見直しで修正作業が入ったものと思われます。

ペルー

ペルーは、大きな変動幅を示します

ペルーの変動幅が大きいのは、漁獲量の大部分を占める アンチョビー (カタクチイワシ科)の豊漁不漁によって起こされています。1種の魚類に依存するため、左右されやすいのです。このような依存は、1960年代から始まりました。

アンチョビーの漁獲量は、えさとなるプランクトンの量を左右する湧昇流にかかっています。1970~1980年代は、湧昇流の発生を弱める エルニーニョ 現象に見舞われ、結果アンチョビーの不漁となりました。

平常時

エルニーニョ現象

ラニーニャ現象

日本

漁獲高は、1980年代までは日本が上位を占めましたが、近年は減少傾向にあります。これは日本人が魚類を食べなくなったわけではありません。むしろ、日本の水産物の消費量は、1960年代より増加しています。

漁獲高の減少

それでは、なぜ日本の漁獲高は減少しているのでしょうか。下図を見てください。

日本の漁業別漁獲高の推移
日本の水産業は、養殖を除いて全て漁獲量が減少しています。

特に 遠洋 漁業は、1973年を最後に激減しています。これは、次の2つを背景に操業可能な漁場が縮小してしまったからです。

また、 沖合 漁業もマイワシの不漁や国民の嗜好が高級魚に変化したことで減少しています。

マイワシ
なお、 沿岸 漁業は、沿岸部の埋立ての増加で停滞状態にあります。

輸入量の増加

漁獲高の減少の一方で、日本の水産物の消費量は増加しています。現在は水産物の約50%が輸入に頼り、アメリカ合衆国と並ぶ世界的な輸入国になっています。
日本の水産物の輸入先