日本の農林水産業

日本の農業

農業政策の変化

戦前

稲作と養蚕( 桑 の栽培)中心で、地主と地主に土地を借りて農業に従事する小作農が大半でした(わずかな自作農)。

戦後直後

日本政府は、 農地改革 で地主から土地の一部を取り上げ、小作農に分配しました。これにより、自作農が急増しました。しかし、狭い土地のばらまきは、日本の農業を小規模経営で労働生産性の低いものにしました。

また、戦中の食糧不足を鑑み、米の生産・安定供給が 食糧管理 制度の下に推進されていきました。この制度では、日本政府が農家から自給用以外の米を買取り、市場への流通まで管理します。米を多く生産しすぎても政府が必ず買い取ってくれるので、農家の所得は保障されました。農家はますます米の生産に励んでいきました。

1960年代

高度経済成長による産業の発達で、農業をやめてより儲かる他産業を始める者、農業と他産業を兼ねる者(兼業農家)が増えました。

農業と他産業の所得格差を是正するため、1961年に 農業基本 法が制定され、今後の農業の方針が提示されました。

1970年代

食の洋食化で米の消費量が減り、一方で米の生産量が増え、日本政府は大量の在庫米を抱えることになりました。政府が米を買取り安く売る食糧管理制度は、行き詰まりを見せました。

日本政府は財政負担を減らすため、米の生産の抑制を命じる 減反政策 を始め、農家に米以外の作物栽培に転換してもらおうとしました。

1990年代

1991年
牛肉・オレンジの輸入の自由化(以降、他の農産物も次第に自由化)

1993年
米の凶作で米の緊急輸入

1995年
GATTの ウルグアイラウンド 
米市場を部分開放し、一定量輸入した後に高関税をかけるようにした協定
高関税をかける前に、低関税で輸入する一定量をミニマムアクセスと呼称
 新食糧 法の施行
食糧管理制度を廃止し、米の流通の自由化
以降、味のよい米や銘柄米の生産で競争が増し、米の価格が低下

2000年代

2001年
中国からの安い野菜が国内農業に重大な損害を与えているとし、例外的に輸入制限をかける措置(セーフガード)を発動

日本の農業の特色・課題


日本の林業


日本の水産業