海岸の地形

離水海岸

浅い海底が隆起または海面の低下した海岸を離水海岸と呼びます。
離水海岸のうち、平野の場所を海岸平野、段丘の場所を 海岸段丘 と区別します。

海岸平野

代表的な海岸平野は、千葉県東岸の九十九里浜です。

海岸段丘

海岸段丘の台地面では水が得にくいため、畑や果樹園に利用されます。
なお、海岸段丘は洪積台地の1つです。

沈水海岸

陸地の沈降や海面の上昇した海岸を沈水海岸と呼びます。
沈水海岸には、主に次の3つがあります。

リアス海岸

語源は、この海岸が見られるスペイン北西の海岸「リアスバハス海岸」です。
リアス海岸は、日本国内でも見られます。
(例)三陸海岸(岩手・宮城)、志摩半島(三重)、若狭湾(京都・福井)

リアス海岸は、波が遮られて入り江が穏やかになるため、良港がよく立地します。
しかし、地震による津波がひとたび入り江に進入すると、両岸が狭いため、波は一層高くなります。時には、10階建てのビルも越える高さになります。

フィヨルド

河川の侵食で形成された谷をV字谷、氷河による侵食で形成された谷をU字谷と呼びます。下図の右がU字谷です。
フィヨルドが見られるのは世界で次の場所です。
(例)ノルウェー西岸、チリ南部、ニュージーランド南西

上記以外の場所でも見られます。基本的にはかつて氷河があった高緯度の場所と覚えておきましょう。なぜならフィヨルドが氷河の侵食による字谷をもとにしているからです。

エスチュアリー

エスチュアリーの形成は、土砂の運搬量が少ない河川の河口で生じやすいです。このような河川の流れる場所は、下図のような河口になります。
そして、その河口が沈水すると、エスチュアリーになります。
エスチュアリーとして有名なのは、アルゼンチンとウルグアイの間を流れる ラプラタ 川です。大航海時代に、マゼラン(生没:1480年頃~1521年)は大きい河口を海峡と誤ったことが知られています。

他のエスチュアリーは、安定陸塊が多く占めるヨーロッパでよく見られます。この理由は、土砂を多く供給する急峻な山地が安定陸塊では少ないためです。代表例は、エルベ川・ラムズ川・ジロンド川・セーヌ川などです。

ただし、例外的なのが ライン 川です。それは源流が 新期造山帯 に属すアルプス山脈だからです。急峻な山地であるため、土砂の供給が多くなります。

最後にエスリュアリーと産業の関係を理解しましょう。エスチュアリーは水深が深く、入り江に面して大平野が広がるため、貿易港や大都市、工業地域が発達します。


海岸の微地形

海岸には、沿岸流による堆積で次のような小規模な地形が見られる。

砂嘴


野付半島(北海道)

砂州


天橋立(京都)

陸繋島


江ノ島(神奈川)

函館山(北海道)

潟湖(ラグーン)

サンゴ礁

サンゴ礁とは、サンゴなど炭酸カルシウムからなる生物の分泌物や遺骸が、海底から発達してできた石灰岩の地形です。
熱帯から亜熱帯の、水温が高くて(25~30℃)きれいな海の海岸には、サンゴ礁が多く分布します。日本では北緯30度以南のトカラ列島が北限で、奄美・沖縄と小笠原の島々に限られています。

サンゴ礁の形態は、島との関係で次の順に変化していきます。
有名なサンゴ礁は、オーストラリア北東部に広がるグレートバリアリーフです。別名「大堡礁」です。