日清戦争後、日本は腐敗・疲弊した朝鮮の内地改革・財政救済を急ぎました。しかし、朝鮮の政府は内部対立を続け、反日親露を掲げた閔妃らが、隙を突いて政権を奪い返しました。そして、懐柔不可能となった閔妃が殺害されると、日本は欧米列強からの非難をかわすため、朝鮮に対する政策を放棄してしまいました。

日清戦争後の清

大国の圧力と対ロシアの敵意

1895年、 三国干渉 
 ロシア  ドイツ  フランス が、日本に 遼東りょうとう 半島を清へ返還するように勧告した事件
日本は、3大国の圧力に屈し、勧告を受け入れて返還しました。
日本は、標語「 臥薪嘗胆がしんしょうたん 」で国民の対ロシアの敵意を増大させ、軍備の拡張に努めました。
臥薪嘗胆
報復のために苦しみ努力すること

朝鮮への影響を競う日露と見守る英
ドイツ主体の三国干渉―黄禍論
1895年、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は、白色人種に対する黄色人種の脅威を説きました。これを「黃禍論こうかろん」と呼び、政治的意図から出た主張でした。地理的に黃禍阻止の最適位置にロシアがあり、阻止の前衛を果たすべきことを述べて、ロシアの東アジア進出をあおり、また、東アジアでイギリスと対立させる。これにより、バルカン半島におけるロシアの脅威を減殺げんさいし、ドイツが進出する。このような構想の具体的実行が三国干渉でした。よく誤解されますが、三国干渉の主体はドイツでした。

進む中国分割

清は、日本への賠償金支払いを欧米諸国に頼りました。
欧米列強は、貸与の担保として清の領土を「租借(一定期間の領土借用)」しました。

諸外国による中国分割

ドイツ
 こう州 湾( 山東 半島)
ロシア
 旅順  大連だいれん 
イギリス
威海衛いかいえい九竜きゅうりゅう半島
フランス
広州湾

中国分割

アメリカの伝統の棄却

1823年、アメリカ大統領モンローは、ヨーロッパ諸国に対して、相互の不干渉を要求するモンロー宣言をおこないました。
アメリカは、モンロー宣言を外交の伝統として発展しましたが、中国進出には遅れました。
1899年、国務長官ジョン=ヘイはモンロー宣言を捨て、中国へ先に進出した欧米列強に対して次の宣言をおこないました。

モンロー大統領

ジョン=ヘイ

北京駐兵とロシアの満州占領

1899~1900年、 義和団ぎわだん事件 
清の宗教結社 義和団 が、欧米列強の中国分割に反発し、標語「扶清滅洋ふしんめつよう」を掲げて外国人排斥に臨んだ一連の事件

義和団の兵士
1900~1901年、 北清事変 
義和団事件による各国公使館の包囲と、便乗した清の各国への宣戦に、英・米・日・仏・露・独など8ヵ国連合軍が出兵したこと

連合軍
(左から順に、英・米・露・ 英領印・独・仏・墺・伊・日)
1901年、 北京議定書 調印
北清事変で降伏した清が、日本を含む出兵国と結んだ協約
公使館護衛のために各国軍隊の北京駐兵を承認

北清事変中のロシア

北清事変の際に、ロシアは義和団からの東清とうしん鉄道保護を口実に、 満州 全域を不当に占拠しました。
満州
清の東北部の名称で、ロシアはその一部を清から獲得し、1898年に東清鉄道を敷設

満州
(色塗り部分)

日清戦争後の朝鮮と台湾

朝鮮の独立と“親露派”政権

1895年の 下関しものせき条約 締結で、朝鮮が清から独立しました。
朝鮮では、日清戦争での清の敗北や三国干渉での日本の弱体を見て、びん氏らがロシアに接近して大院君から政権を奪いました。

閔妃政権の復活
1895年、閔妃びんひ殺害事件
日本公使三浦梧楼ごろうが、朝鮮の王妃 閔妃 の殺害を指揮し、大院君を再度擁して“親日派”政権樹立を図った事件
事件後、国王高宗こうそうがロシア公使館に逃れ、“親露派”政権樹立

閔妃暗殺と親露政権

閔妃
1897年、“親露派”政権は、朝鮮が独立国であると示すために、国号を大韓帝国と改め、高宗が皇帝に即位しました。
大韓帝国
「~国」を属国、「~帝国」を独立国と見なす中国の伝統に由来

高宗

台湾の統治

遼東半島の返還後、日本は新たに領有した 台湾 の統治に力を注ぎました。
1895年、樺山資紀かばやますけのり 台湾総督そうとく府 の初代台湾総督に就任しました。
樺山は、軍政をしいて島民の抵抗を武力で鎮圧しましたが、一部の抵抗は続きました。

台湾総督府

樺山資紀
1898年以降、第4代台湾総督児玉こだま源太郎の下で、後藤新平が次のことで統治体制を整備しました。

後藤新平