貨幣価値の安定を前提として、1886年頃から鉄道・紡績を中心に会社設立ブームが起こり、1890年の恐慌で中断されましたが、日清戦争後には再びブームを迎えました。工場生産が目覚ましく発展し、日本の産業革命が本格的に始まりました。それは、工場をもつ資本家が労働者を雇い、富を形成する資本主義の本格的確立も意味しました。

産業革命

最初の企業勃興

1880年代の 松方 財政は、紙幣価値を下落させる大量の不換紙幣を処分し、紙幣価値の上昇、つまり物価を下落させるデフレ政策をとりました。
米・生糸・まゆなどの価格が暴落し、行き過ぎたデフレは問題となりました。
 銀 本位と、それに基づく兌換だかん制度の銀本位制が確立されると、物価は安定し、資金賃借料(金利)が低下しました。
企業が資金を借りやすくなり、産業界は活気づきました。

米・生糸価格の変動
1886~89年、鉄道や紡績ぼうせきを中心に会社設立ブーム 企業勃興ぼっこう が起こり、機械技術を本格的に用いる産業革命が日本でも始まりました。
しかし、企業勃興は金融機関の資金不足による「1890年の恐慌」で挫折しました。
紡績
綿花から綿糸をつくること
製糸
繭から生糸をつくること

企業勃興の失敗

賠償金遣いと金本位制

1894~95年の日清戦争で、日本は3億6450万円に上る賠償金を得ました。
日清戦争の賠償金をもとに、日本政府は次のことに取り組みました。

賠償金の使途
鉄道や紡績で、企業設立ブーム 企業勃興 が再び起こりました。
繊維産業を中心に、生産手段をもつ資本家が労働者を雇い、商品生産をおこなう経済体制資本主義が本格的に成立しました。
しかし、企業勃興は過剰生産による恐慌で再び挫折しました。

金本位制にした理由

当時、金に対する銀の価値が低下し、銀本位制は次の効果をもたらしました。

銀の価値低下の場合
(銀本位制の国が日本)