元号が「明治」から「大正」へと移った頃、日本を取り巻く国際環境は激変しました。1910年の韓国併合や1911年の関税自主権の回復など、明治以来の諸懸案が解決をみました。心機一転の大正時代の最初を飾ったのは、第一次護憲運動・大正政変でした。藩閥が解体し、国家を主導するものが政党・官僚・軍へと多元化しました。

軍拡の要求と時代の転換

多方面からの要求と伝家の宝刀

第2次西園寺公望内閣|1911年8月~1912年12月

1911年、国家財政の悪化の中、第2次 西園寺公望さいおんじきんもち 内閣が成立しました。
西園寺公望内閣は、次の方面から財政に関する要求を受け、困難に立たされました。

陸軍・海軍の軍拡要求
*前:草刈り(財政整理)する西園寺
*後:勝手に杭を打つ陸軍・海軍
西園寺公望内閣は、陸軍拡張よりも海軍拡張を優先しました。
陸軍およびその巨頭である山県有朋やまがたありともは、2個師団増設を強く求めました。
西園寺公望内閣は、師団増設を財政上の理由から拒否しました。
陸軍大臣上原勇作ゆうさくが、単独で辞表を天皇に提出しました。
西園寺公望内閣は、陸軍が上原勇作の後任の陸相を出すことを拒否したため、軍部大臣現役武官制を守れず、1912年に総辞職しました。

上原勇作

時代の転換

天皇の在り方

大日本帝国憲法下での天皇の位置づけには、統一見解がありませんでした。
1912年、東京帝国大学教授 美濃部達吉みのべたつきち が、『憲法講話』を刊行し、国家という枠の下に天皇を位置づける学説 天皇機関説 を唱えました。
天皇機関説は、憲法解釈の定説として支持されました。
天皇機関説
国家が天皇の上にあり、たとえ天皇でも憲法に従うとする説
天皇主権説
国家が天皇の下にあり、天皇は憲法の制限を受けないとする説

美濃部達吉

天皇機関説

天皇主権説

新時代の到来

1912年7月、明治天皇の死去に伴い、 大正天皇 が即位しました。
天皇の最高顧問元老の山県有朋は、大正天皇の内大臣兼侍従長に、長州出身で陸軍の長老である桂太郎を選びました。
元老
憲法に規定されていないが、天皇を補佐して首相の選任権を掌握

大正天皇

民衆の力と政治意識

大正政変

第3次桂太郎内閣|1912年12月~1913年2月

元老らの間で、次の首相に 桂太郎 の名があがりました。
内大臣兼侍従長の桂太郎が首相に就任することは、宮中と政府(府中)の境界を乱すと非難されました。
立憲政友会の 尾崎行雄ゆきお 立憲国民党 犬養毅いぬかいつよし に民衆が加わり、次の2つを訴えて倒閣を目指す運動 第一次護憲運動 を始めました。

尾崎行雄

犬養毅

尾崎行雄の弾劾演説
桂太郎は、批判の原因「元老の後ろ盾を得た政治」を止め、支持母体となる新たな政党の結成を進めました。
立憲政友会・立憲国民党が、内閣不信任案を議会に提出し、それを支持する民衆が議会を包囲しました。
1913年2月、内閣は50日余りで退陣しました。
退陣に追い込んだ一連の動きを 大正政変 と呼びます。
桂太郎の支持母体に、加藤高明を総裁とする 立憲同志会 が結成

寛容な内閣の登場と退陣

第1次山本権兵衛内閣|1913年2月~1914年4月

海軍大将 山本権兵衛ごんべえ が、 立憲政友会 を与党に内閣を組織しました。
山本権兵衛内閣は、次のことを実施し、軍部・官僚に対する政党の影響力を強めました。

山本権兵衛
1914年、 ジーメンス事件 
海軍がドイツの会社に軍需品納入を独占させ、謝礼として代金の一部を受け取ったことが、別の不正とともに露見した事件
この事件は、海軍出身の山本権兵衛に対する非難を招き、内閣を退陣させました。

ジーメンス事件
*山本の乗る内閣丸が座礁

民衆に人気の内閣

第2次大隈重信内閣|1914年4月~1916年10月

元老らは、民衆の非難による内閣の退陣をみて、民衆に人気のある 大隈重信 を次の首相に起用しました。
1914年、大隈重信内閣は立憲同志会を与党に内閣を組織しました。
1915年の総選挙で立憲同志会が圧勝し、2個師団増設案は議会を通過しました。

第12回総選挙