1918年9月に成立した原敬内閣は、日本で最初の本格的な政党内閣であり、憲政史上の一新紀元として受け止められました。「本格的」というのは、首相の原が、戊辰戦争で朝敵の汚名を被った東北諸藩の出身であり、藩閥出身者でも華族でもなかったからです。民衆は、原の首相就任に薩長藩閥支配の凋落を見ました。

政党内閣と非政党内閣

新たな政治思想

民衆の政治意識の高揚は、大正政変で第3次 桂太郎 内閣を退陣させ、さらに政治思想にも大きな影響を与えました。
1916年、 吉野作造さくぞう がデモクラシーの訳語 民本主義 を提唱しました。
民本主義
主権在君の下で国民の利益のために政治をおこなうことであり、 主権在民の「民主主義」とは異なる考え
総合雑誌『 中央公論 』で発表

吉野作造

ビリケン内閣と米騒動

寺内正毅内閣|1916年10月~1918年9月

1916年、陸軍大将で初代 朝鮮総督そうとく を務めた 寺内正毅てらうちまさたけ が、議会に支持政党をもたない内閣「超然内閣」を組織しました。
そのため、寺内正毅内閣は全政党に協力を求める「挙国一致」を標榜しました。

寺内正毅
民衆が政治の民主化を求める中、このような内閣が登場したことは、「非立憲」だと非難されました。
1916年、立憲同志会が改称して憲政会となり、内閣に対抗しました。
1917年、寺内正毅は衆議院を解散し、第13回総選挙を実施しました。
結果、内閣に接近中の立憲政友会が、衆議院第一党となりました。

第13回総選挙
寺内正毅は、立憲政友会代表の原敬と立憲国民党代表の犬養毅を、臨時外交調査委員会に取り込み、外交方針での挙国一致を図りました。
1918年、 米騒動 
下記3点を背景とする米価高騰に、富山県の漁村の主婦たちが蜂起し、それを機に全国の都市でも人々が米価引き下げ・安売りを求めた暴動
背景①:工業労働者の増加と人口の都市集中による米の消費増加
背景②:寄生地主制のもとでの農業生産の停滞
背景③: シベリア出兵 を見越した米の買い占め
責任を追及する世論に、寺内正毅内閣は退陣に追い込まれました。

米価の高騰
井戸端会議から全国へ―米騒動
1918年7月22日夕方、富山県の漁民の主婦3~4人が、井戸端で米の高騰の理由を話しました。他府県への米の積み出しを原因と捉え、その中止を求めた彼女らの行動は、やがて全国へ影響し、断続的な騒動を巻き起こしました。

期待の内閣と民衆の失望

原敬内閣|1918年9月~1921年11月

民主的な政治を求める民衆を前に、元老もようやく政党内閣を認めました。
1918年、立憲政友会の総裁 原敬はらたかし が内閣を組織しました。
原敬は、華族でも藩閥でもない、衆議院に議席をもつ首相であったため、「平民宰相さいしょう」と呼ばれ、民衆から歓迎されました。

原敬
1918年、 大学令 公布
帝国大学の他に、公立・私立大学や単科大学の設立を認めた勅令
慶応義塾・早稲田など専門学校が大学として昇格・認可
民衆は、原敬に普通選挙の導入を期待しました。
しかし、原敬自身は導入に反対で、次の2策の実施にとどまりました。
そのため、1920年には普通選挙を要求する大運動が起こりました。
普通選挙
成人した者に選挙権を認める制度で、対義語は制限選挙

普通選挙を要求する尾崎行雄
憲政会などの野党は、衆議院に男性普通選挙法案を提出しました。
原敬は、時期尚早と衆議院を解散させ、第14回総選挙を実施しました。
立憲政友会は、鉄道拡充・高等学校増設を掲げ、総選挙で圧勝しました。

第14回総選挙
1920年、大戦後の反動で恐慌が日本を襲い、汚職事件も多発しました。
1921年、原敬は政党政治の腐敗に憤激した青年に暗殺されました。

短命の内閣

高橋是清内閣|1921年11月~1922年6月

1921年、立憲政友会の総裁 高橋是清これきよ が内閣を継承しました。

高橋是清
1921~22年、 ワシントン会議 
軍縮および極東・太平洋問題をアメリカ主導で協議した国際会議
支持母体である立憲政友会の内部対立で、内閣は総辞職しました。

3代連続の非政党内閣

1922年6月~1924年6月

高橋是清内閣の後、非政党内閣が3代続きました。

加藤友三郎

山本権兵衛

清浦奎吾