占領政策で思想・言論に対する国家の抑圧が取り除かれ、従来の価値観・権威は否定されました。かわって、個人の解放や民主化という新しい理念が、占領軍の手で広められました。さらに、アメリカ的な生活様式や大衆文化が、急激な勢いで流れ込んできました。これらの新しい考え・文化は日本で次第に受け入れられていきました。

占領期の文化

学術の発展

天皇制に関するタブーも解かれ、また、マルクス主義が急速に復活しました。
これらを通して、人文・社会科学の研究に新しい分野が開かれました。
1949年、あらゆる分野の学者の代表会議 日本学術会議 を設置

人文・社会・自然科学

考古学: 岩宿遺跡 ・登呂遺跡の発掘
政治学:丸山真男まさおが、西欧近代との比較で日本の後進性を批判
経済史学:大塚久雄が、いわゆる大塚史学を構築
法社会学:川島武宜たけよしが、近代社会における前近代的制度の意味を考察
物理学:1949年、 湯川秀樹 が日本人初のノーベル賞を受賞、1965年、 朝永ともなが振一郎 が日本人2人目のノーベル賞を受賞

湯川秀樹

文化財の保護

1949年1月26日、 法隆寺金堂壁画 が焼損しました。
文化財保護のため、1950年、 文化財保護 法が制定されました。
文化財保護法
同年、北山の 鹿苑寺金閣 の放火事件が起き、違反適用第1号

法隆寺金堂

法隆寺金堂壁画

文化勲章

学問・芸術の奨励に制定された文化勲章が、1946年に復活されました。

文学

常識や既成の観念に挑戦する作品、自身の戦争体験を表現した作品が出ました。
一方、米軍や原爆に関する表現は、GHQの プレス=コード で統制されました。

代表作家

太宰治
『斜陽』で、既成道徳に対する三者三様の生き方を表現
坂口安吾
『白痴』で、戦争による破壊と生の本質を描写
 野間宏 
『真空地帯』で、軍隊生活の非人間性を告発
 大岡昇平 
俘虜記ふりょき』で、米軍の捕虜になった経験を表現

太宰治

その他

 リンゴの唄 
敗戦後の暗い世相の中で、爆発的にヒットした並木路子の曲
 美空ひばり 
自他共に歌謡界の女王と認める存在となった歌手
 黒澤あきら 
1951年、映画『羅生門』を監督し、国際映画祭金獅子賞を受賞

リンゴの唄

美空ひばり

『羅生門』のポスター