奈良時代の民衆の生活、特に農民の生活は、当時の和歌や住居跡から辛うじて推測できる程度です。ところが厄介なことに、実態を捉えにくい農民の動きが、後の土地問題に大きく関わってきます。①税負担が嫌で逃亡・浮浪した農民がその後にどうなったか②初期荘園とは何か、以上2点は確実に理解したいです。

住居と税負担

憶良の和歌①

 山上憶良やまのうえのおくら による「 貧窮問答歌ひんきゅうもんどうか 」(『 万葉集 』収録)は、役人(憶良?)が貧しい農民に生活を問い、農民が答える場面を詠みます。
脚色もありますが、奈良時代の農民の生活を知ることができます。

山上憶良

貧窮問答歌

原文
天地あめつちは 広しといへど が為は くやなりぬる[中略] Ⓐ伏廬ふせいほの 曲廬まげいほうち 直土ひたつちに わら解き敷きて[中略] かまどには 火気ほけ吹き立てず こしきには 蜘蛛くもの巣かきて いひかしく ことも忘れて[中略] Ⓑしもと取る 里長さとをさが声は 寝やどまで 来立ち呼ばひぬ かくばかり 術無きものか 世間よのなかの道 Ⓒ世間を 憂しとやさしと 思へども 飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば

現代語訳
天地は広いと言うが、私にとっては狭くなってしまったのか。[中略]Ⓐ低くつぶれ、曲がって傾いた家の中に、地べたにじかに藁を敷いて[中略]カマドには火の気がなく、飯炊き用の土器には蜘蛛の巣がはって、飯を炊くことも忘れたふうで[中略]Ⓑ鞭をもった里長の呼ぶ声が、家の中にまで聞こえてくる。世の中を生きていくことはなぜこれほど難しいのか。Ⓒ世の中を辛くやせせるように耐えがたく思うが、鳥ではないから飛んでいくこともできない

貧窮問答歌が描写する生活

住居の変化
貧窮問答歌の下線部Ⓐのように、貧しい農民の住居、竪穴住居でした。
ただし、掘立柱住居ほったてばしらじゅうきょという住居が、西日本から次第に普及していました。
寺院などは、礎石を用いた瓦葺かわらぶき建築

竪穴住居(左)・掘立柱住居(右)
税負担からの逃避
貧窮問答歌の下線部Ⓑは里長によるの税の取り立てです。
税負担は重く、下線部Ⓒのように農民は「飛んで逃げたい」と思うほどでした。
実際に負担から逃げた農民もいました。
浮浪・逃亡の違いは、呼ぶ側の視点

田地の借用と利息

農民は、口分田班給後の余剰地乗田を借りること(賃租ちんそ)ができました。
ただし、利息として収穫の20%を納入しなくてはなりませんでした。
生活が貧しくても、容易には借りられませんでした。
口分田は租(広さ1段当たり稲2束2把で、収穫の3%に相当)を納入

「浮浪」「逃亡」者の行方

浮浪・逃亡している農民は、寺院・豪族のもとに仕えました。
寺院・豪族は、農民を養って田地開墾のために使役しました。
743年に施行された 墾田永年私財法 に従い、寺院・豪族は大規模な田地 初期荘園 を形成していきました。
初期荘園
租が掛かる輸租田という扱い

税負担を避ける別の方法

当初、日本では「受戒(僧になるための儀礼)」なしで僧になれました。
そして、僧になると税を免除されました。
読経もできず、勝手に出家を宣言して僧となった私度僧しどそうが続出しました。
「受戒」を義務化しようとしたのですが、それを執り行える僧が日本にいませんでした。
唐から僧を招いたところ、 鑑真がんじん が渡来して戒律を伝えました。

鑑真

結婚形態

憶良の和歌②

七夕伝説の和歌

原文
かすみ立つ 天の川原に 君待つと いかようほどに すそれぬ

現代語訳
霧が立ちこめる天の川の川原で、牽牛を待って行きつ戻りつしていると、裳の裾が濡れてしまった。

七夕伝説に反映された結婚形態

上の和歌は、七夕伝説の織女(織姫)が牽牛(彦星)を待っている場面を詠んでいます。
七夕伝説は元々中国生まれの伝説で、内容も日本の七夕伝説と少し異なっています。

中国の七夕伝説
日本の七夕伝説
古代の日本の結婚は、夫婦別居で夫が妻の住む家に通う、あるいは妻の家に同居しました。
上の和歌のように、妻は夫が来るのを今か今かと家で待つ身でした。
このような古代の結婚形態を 妻問婚 を呼びます。
このように中国と日本の七夕伝説が異なるのは、妻問婚のように結婚形態が違うからだと考えられています。