軍事部門を主に担う貴族を「兵(軍事貴族)」と呼びます。平安時代の地方(平安京の門から一歩でも出た場所)は不便で粗野だが、実力次第でどこまでも活躍できる場が開けていました。摂関家の支配で、都での出世を望めない軍事貴族に、地方は大変魅力に富んでいました。まさに田舎も「住めば都」でした。

戦う貴族と仕える貴族

軍事部門を担う貴族

中・下級貴族のうち、軍事部門を担う者は兵(軍事貴族)と呼ばれました。
都での出世が望めない彼らには、次の2つの道が開かれていました。

天皇の血筋を引く貴族

親王(天皇の子弟)の生活は、朝廷の収入でまかなわれていました。
時には親王に氏姓(~氏)を与えて臣下とし、朝廷の負担を軽減してきました。
天皇や親王など皇族は氏姓なし
嵯峨・清和・醍醐天皇の子(2世)の氏
 ― 源 氏(嵯峨源氏・清和(せいわ)源氏・醍醐源氏)
桓武天皇の孫・ひ孫(3世・4世)の氏
 ― 平 氏(桓武平氏)
天皇の血統に源流する氏族の意
桓武の別称「平安宮たいらのみや御坐おわしまし天皇すめらみこと」に由来

清和源氏系図(一部省略)

桓武平氏系図(一部省略)
嵯峨源氏の源信(応天門の変)や醍醐源氏の源高明(安和の変)は政界で活躍し、清和源氏・桓武平氏は軍事で活躍しました。
清和源氏は摂関家に仕えて勢力を伸ばし、特に源満仲は源高明を密告して失脚に関与

地方に土着する貴族

9世紀末~10世紀、軍事貴族は賊の鎮圧に国司として地方へ派遣されました。
国司は行政官のため、軍事的な統率・指揮権を帯びる 押領使おうりょうし  追捕使ついぶし を別に兼任する形で賊の鎮圧にあたりました。
押領使が鎮圧できない場合、別に追捕使を派遣
任期後に土着し、在庁官人として働きながら田地経営する軍事貴族もいました。
彼らは受領と対立すると、田地を守るために武力を活かして抵抗しました。
受領に悩む有力農民は、軍事貴族の武力を頼って従者となりました。
地方に土着した軍事貴族として、次の2人が有名です。
高望王の子孫、そして藤原純友はやがて大きな反乱を起こしました。

桓武平氏系図(一部省略)

藤原氏北家系図(一部省略)

大乱と社会変化

東と西の大乱

935~940年、 平将門の乱 

一族内で争った 平将門たいらのまさかど (高望王の孫)は、やがて東国一帯を舞台に争乱を引き起こしました。
果てには将門は 新皇 と称するに至りました。
 貞盛さだもり と押領使の藤原 秀郷ひでさと が将門を討ち、争いは鎮圧されました。

平将門

939~941年、 藤原純友の乱 

伊予国で海賊鎮圧をした 藤原純友 は、やがて海賊の首領として略奪をおこないました。
939年、純友は大宰府を襲撃しました。
追捕使の小野好古おののよしふる・源 経基つねもと が純友を討ち、争いは鎮圧されました。

日振島(純友の根拠地)

同時期に発生した乱

同時期に発生した2つの乱(平将門の乱、藤原純友の乱)は、併せて 承平・天慶じょうへいてんぎょうの乱 と呼ばれます。

承平・天慶の乱

ピラミッド型の組織

承平・天慶の乱の平定に貢献した源経基・平貞盛などの有力な軍事貴族は、多くの開発領主(有力農民や軍事貴族)と主従関係を結んでいきました。
10世紀後半、彼らを頂点とするピラミッド型の組織 武士団 が形成されました。
やがて清和源氏・桓武平氏は、複数の武士団をまとめて武家を組織し、また、武家の統率者は 棟梁 と呼ばれました。
武士団に属す郎党以上の上位層が武士

武士団の階層

武士団の上下関係

初期の武士

所従(右の2人)

武士の活躍

宮中での活躍

 滝口の武士(武者) 
9世紀末以降、軍事貴族が主に担った宮中の警備員
本来の名称は「滝口の武者」で、10世紀後半の「武士」登場で滝口の武士と呼称

九州での活躍

 刀伊の入寇 
1019年、女真族じょしんぞく刀伊とい)が九州北部を襲った事件
藤原隆家たかいえ(藤原伊周これちかの弟)が九州の武士団を指揮して撃退
女真族
沿海州地方に住んでいた民族で、朝鮮語で刀伊とも呼称