法然は浄土教を深化させました。また、栄西は末法思想を否定、禅の受容によって日本仏教を革新しようと試みました。鎌倉時代中期、これらの教えが武士・庶民に浸透して、宗派ごとに教団が形成されました。
 仏教が武士・庶民に浸透すると、まだ見ぬ極楽浄土よりも、先だって現世でいかに救われるかが目下の関心事となりました。一遍は現世での弱者の救済を説き踊念仏を広め、また、日蓮は社会の安定を法華経の教えに求めました。南都の仏教もこれらと争うように、教義の革新、庶民への接近(慈善事業)などに努めました。

現世への対応

人々は今を生きます。この現世でいかに仏の救いを得るかが最大の関心となりました。仏教は現世の問題にどのように対応できるのか。この問いに対して、2人の人物が新たな鎌倉仏教を開きました。

日蓮(1222~1282年)


日蓮

教え

 日蓮 は、『 法華経ほけきょう 』のみが釈迦の教えを正しく伝え、末法の世でも効力をもつと考えました(下の①②)。
日蓮は、『法華経』をないがしろにする禅・念仏など他宗攻撃を激しくおこないました。
邪法である禅・念仏を止めなければ、いつか外敵侵入と内乱に遭うと予言し、『立正安国論』を5代執権北条時頼に提出しました。
時頼は日蓮を流罪とし、その後蒙古襲来には遭いましたが侵入されませんでした。
日蓮は幕府の激しい弾圧を何度もうけたが、教えは関東の武士や商人に浸透

日蓮宗の教え

関連事項

宗派
 日蓮宗  法華宗 
著書
 立正安国論 
中心寺院
久遠寺くおんじ(山梨)

一遍(1239~1289年)


一遍

教え

踊念仏
踊りは農耕儀礼・庶民の娯楽と共通点が多く、親しみやすい側面あり

踊念仏
 一遍 は、民衆に踊念仏で布教しながら諸国を遍歴しました。
遍歴の様子は、『 一遍上人絵伝 』に描かれました。

一遍上人絵伝

関連事項

宗派
 時宗 
語録
『一遍上人語録』(一遍は死の直前に著書を焼却)
中心寺院
清浄光寺しょうじょうこうじ(神奈川)

鎌倉仏教の諸寺院まとめ

既成教団の動向

南都の仏教

南都六宗は仏教の革新と、民衆への接近を目指しました。
 法相ほっそう 宗:貞慶じょうけい解脱げだつ
 華厳けごん 宗: 明恵みょうえ 高弁こうべん
りっ宗: 叡尊えいぞん 思円しえん
律宗: 忍性にんしょう 良観りょうかん
明恵
法然を批判し、『摧邪輪さいじゃりん』で彼の説に反論
叡尊
奈良 西大 寺で律宗を復活させて戒律を復興
忍性
ハンセン病者の救済施設北山十八間戸きたやまじゅうはちけんとを設置

明恵

北山十八間戸

神の信仰とその他

神の信仰―教義の必要性

仏教受容の一方、神の信仰(神祇じんぎ信仰)が受け継がれていました。
当初、理論・体系などの教義は必要なく、布教も必要ありませんでした。
そして、重要な神社は朝廷の経済的な保護をうけました。
律令制が崩壊して朝廷の権威が失墜すると、神社は神々の威光・由来を宣伝し、寄進や参詣人を集めなければならなくなりました。
その過程で「神道(神祇信仰+教義)」が生み出されました。
動きはやや遅れて伊勢神宮にも起こり、伊勢外宮げくうの神官 度会家行わたらいいえゆき は、 伊勢神道 を生み出しました。
度会家行
 類聚神祇本源るいじゅうじんぎほんげん 』を著し、本地垂迹ほんじすいじゃく説を否定
神本仏迹説しんぽんぶつじゃくせつ(反本地垂迹説)を唱えて、神(本地ほんじ)が仏という仮の姿(垂迹すいじゃく)でも現れたのだと説明・納得

その他

特に朱子学が強調する 大義名分論 は、後醍醐天皇に強く影響しました。
大義名分論
君臣の間には不変の秩序があり、これは守られるべきとする考え
後醍醐は、天皇=「主」、幕府=「従」があるべき姿とし、討幕を計画

修験道