1467年に始まる応仁の乱は、大きな転換の様相を帯びています。6代将軍の死を契機に将軍権威は失墜し、8代将軍の時代には将軍さえも有力守護の発言に左右されました。守護の内紛から始まった応仁の乱は、将軍家の継嗣問題を巻き込み、京に留まらず各地にも火種をまいていきました。遂に戦国時代の幕開けです。

将軍権威の失墜

くじ引き将軍

4代将軍 足利義持 の時代である1416年、前関東管領かんれい 上杉禅秀 が反乱を起こし鎮圧されました。
乱後、義持は有力守護の不満防止に話し合いを重視し、次期将軍の決定はくじ引きでおこなわれました。
結果、 足利義教 が6代将軍に就任しました。
5代将軍は夭折ようせつ
1428年、将軍の代替わりを機に正長しょうちょうの徳政一揆が発生
足利義教(6代将軍)
くじ引きで将軍に選ばれました。それゆえに、義教は将軍権力の確立を急ぎ、時に神意で選ばれたことを盾に恐怖政治をおこないました。結果、赤松満祐に謀殺されてしまいました。
容赦ない弾圧に民衆から「悪将軍」とも呼ばれました。

荒れる鎌倉府と将軍犬死

足利持氏が足利義教を軽んじたため、両者は対立しました。
1438年、 永享の乱 
 足利持氏あしかがもちうじ と関東管領 上杉憲実のりざね の衝突を機に、義教が持氏を討った事件
1440年、結城ゆうき合戦
持氏の遺児を擁した 結城 氏の挙兵事件
これらの他、義教は各勢力に強圧策で臨みました。
1454年、鎌倉公方足利成氏しげうじが関東管領上杉氏を暗殺したことで、 享徳きょうとくの乱 が起こり、関東は一足先に戦国時代へ突入
京で「次は赤松討たるべし」とうわさされました。
1441年、 嘉吉かきつの変 
危機感を抱いた守護 赤松満祐あかまつみつすけ が義教を謀殺した事件
満祐は討伐されましたが、将軍の権威は大きく動揺しました。
嘉吉の変
将軍暗殺をきっかけに 嘉吉の徳政一揆 が発生
池を泳ぐカルガモの親子
赤松氏は「庭の池にカモの子が誕生し、親子で泳ぐさまが可愛いのでぜひお越しを」と義教を邸宅に招きました。この巧みな罠に、義教は騙されました。
応仁の乱以前は外国の歴史―内藤湖南の主張
1921年、内藤湖南は「応仁の乱以前は外国の歴史であり、今日の日本を知るためには、乱後の歴史を知っていれば十分だ」と述べ、聴衆を驚かせました。これは単なる思いつきではありません。多少のずれはありますが、乱の前後で①1日3食②木綿の服③味噌・醤油④肉食⑤座敷など、高度経済成長まで続いた和風生活様式の基本ができました(①②の一般化は戦国時代)。これらの点で、湖南は応仁の乱以前の日本を「外国」と表現しました。

大乱勃発

将軍家の継嗣問題

8代将軍 足利義政よしまさ と妻 日野富子 には子がいませんでした。
次期将軍は、義政の弟 足利義視よしみ と約束されました。

足利義政(8代将軍)

日野富子
義政・日野富子の間に足利義尚よしひさ(後の9代将軍)が誕生しました。
約束は破棄され、次期将軍は義視から義尚に変更されました。
この変更で、将軍家の継嗣けいし問題がくすぶり始めました。

京を荒廃させた大乱

守護が内紛・家督争いで2勢力に分かれ対立しました。
1467年、 応仁の乱 
京を戦場とした西軍・東軍の2勢力の争い
将軍家の継嗣問題も交えて激化、1477年に収束
西陣
西軍の山名持豊の陣地に由来する地名で、西陣織が有名
足軽
応仁の乱の頃盛んに活動した惣村の地侍層。軽装で集団戦法に向き、後に兵として用いられました。公家の日記には、足軽に対する非難罵倒が見られます。

乱後の社会変動

応仁の乱で、全国に次の①~④の変化が生じました。
下剋上
伝統的権威に頼らず、実力で上位の者を打倒すること

下剋上の風潮

下剋上の例として、次の①②の出来事が有名です。
本願寺の蓮如れんにょによる布教が、一向宗の増長の背景