惣村が発生した背景には不明確な点が多くあります。鎌倉時代後期からの混乱は、近畿地方やその周辺部に荘園領主の支配が及ばない「空白の部分」を生じさせ、この特定条件の下で惣村が発生したと言われています。また、京の近くは経済発展・農業生産力向上の勢いが強く、農民の自立を促したとも言われています。

惣村の形成と土一揆の頻発

自立的な村の登場|鎌倉時代後期~

鎌倉時代後期から、近畿地方やその周辺部の荘園・公領に、農民たちの自立的・自治的な村 惣(惣村) が形成されました。
惣村の村民は有力農民の名主や小農民から構成され、惣百姓と呼ばれました。

惣村

惣村の自立的で自治的な要素

惣村の指導者
 おとな 沙汰人さたにんなど
惣百姓の会議
 寄合 
惣村の規約
 惣掟 
惣村の治安
 地下検断 (惣百姓自身の警察権行使)
惣村の共同財産
入会地いりあいち(山・森などの共同利用地)
年貢の納入方法
 地下請 (惣村がひとまとめに請け負うこと)
惣村の祭祀集団
 宮座 
一部の惣百姓は守護と主従関係を結び、地侍に成長

従来の納税(左)/惣村の地下請(右)

一揆の頻発と代表例

惣百姓は、時に荘官の免職や年貢の減免を求める団結状態 一揆 を結びました。
一揆を結んだ後、荘園領主のもとに大勢で押しかける 強訴 、耕作を放棄して全員で他領へ逃げ込む 逃散 をおこないました。
惣村同士が荘園などの枠を超えて蜂起する 土一揆 もおこないました。
免税などの恩恵を施す政治「徳政」を求め土一揆は、 徳政一揆 と呼称されました。
代始めの徳政
支配者が替わると、人間・金銭関係が一新されるという社会通念あり
 分一ぶいち徳政令 
 分一銭 (債務額の一部)を幕府に納めることで発布される徳政令

代表的な一揆

柳生やぎゅうの徳政碑文(右上)
1428年、正長の徳政一揆で私徳政を勝ち取ったことが記されています。現在の奈良市柳生町に存在します。