羽柴秀吉は、主君信長の弔い合戦に勝利を収めて後継者の地位を獲得し、石山本願寺跡に大坂城を築いて畿内支配を不動にしました。徳川家康との衝突は両者の和解で結着しましたが、両者の政治的緊張関係は、豊臣政権の全過程を通じて存在していきました。秀吉はこの緊張関係を維持しつつ、関白として国家統治の任にあたりました。

信長の後継者

秀吉の統一事業

織田信長の天下統一の野望は 羽柴秀吉 に受け継がれました。

羽柴秀吉