いわゆる「鎖国」という状態においても、日本は「長崎・対馬・薩摩・松前」で異国に開けていました。今回は、江戸時代の日本がこれら「四つの窓口」で外交した5カ国について確認しましょう。なお、5カ国のうち中国・オランダについては、貿易港が長崎に限定された頃(中国:1616年/オランダ:1641年)から話を始ます。

西洋とのパイプ役

オランダとの新たな外交

1641年以降、オランダ人の日本滞在の場所は長崎の 出島 に限られ、長崎奉行の監視の下、日本人との自由な交流は禁止されました。
江戸幕府はオランダ商館長に オランダ風説書 を提出させることで、海外の事情を知り得ました。
毎年1回、オランダ人の江戸参府さんぷあり
オランダの輸出品
中国産生糸きいとや織物類
オランダの輸入品
 銀 

出島

近隣諸国との外交

琉球王国の二重外交

1609年、薩摩さつま藩主島津家久は 琉球王国 (1423年~)を征服しました。
薩摩藩は、琉球王国を支配下に置きながらも、 尚 氏をその王位につかせて、名目上は独立王国として存続させました。
そして薩摩藩は、琉球王国に明(後にしん)との朝貢貿易をさせ、その貿易で得た中国の産物を送らせるなど利益を吸い上げました(密貿易)。
また薩摩藩は、琉球王国に琉球産黒砂糖の上納を要求しました。
琉球王国は、国王の代替わりにその就任を感謝する 謝恩使 を、将軍の代替わりにそれを奉祝する 慶賀使 を幕府に派遣しました。

黒砂糖

謝恩使

蝦夷ヶ島の支配

蝦夷えぞヶ島の和人地(道南部)には、15世紀から 蠣崎かきざき 氏が勢力をもちました。
近世になると蠣崎氏は 松前 氏と改称しました。

道南
1604年、松前氏は徳川家康にアイヌとの交易独占を許され、松前藩をたてました。
松前氏と家臣の主従関係は 商場知行制 を基本とし、アイヌとの交易地域商場あきないば(場所)での交易権を家臣に分配していました。

商場知行制
1669年、 シャクシャインの戦い 
アイヌ総首長 シャクシャイン が松前藩に対して起こした反乱
鎮圧後、アイヌは和人の交易相手ではなく、使役される立場に転落しました。

シャクシャイン

アイヌの参賀の礼
*アイヌの姿を誇張して描画
18世紀前半には、松前藩の家臣は商場での交易権を和人商人に委託し、利益の一部を上納させる場所請負制を開始しました。

場所請負制

朝鮮との外交

徳川家康は朝鮮(1392年~)との講和に意欲を示しました。
1609年、対馬 つしま 宗 氏と朝鮮との間に、 己酉きゆう約条 が結ばれました。
この条約を両国の関係の基本とし、釜山プサン 倭館 が設置されました。
15世紀以降、宗氏は朝鮮に対する窓口として、特権的地位を確立
朝鮮からは、計12回の使節が江戸時代を通じて来日しました。
初期3回は文禄・慶長の役の朝鮮人捕虜返還目的の使節でした。
4回以降はよしみを通じる修好目的の使節で、 通信使 と呼ばれました。

通信使

中国との外交の変化

中国では17世紀前半に満州民族の 清 が成立し、漢民族の明が衰退しました。
日本と清は私貿易をおこない、長崎での貿易額は年々増加しました。
輸入の増加によって、日本の 銀 が大量に流出しました。
中国の輸出品
中国産 生糸 や織物類
中国の輸入品
銀や銅・海産物

銀の流出
1685年、江戸幕府は銀の流出を低減するため、清と オランダ からの貿易額を制限しました。
清:銀換算した年間貿易額で銀6000かん
オランダ:銀換算した年間貿易額で銀3000貫
1688年、清の船の来航を年間70せきに限りました。
1689年、長崎に雑居ざっきょしていた清国人の居住を 唐人屋敷 に限定しました。

唐人屋敷

鎖国と「四つの窓口」

四つの窓口

いわゆる鎖国の状態下でも、日本は次の「四つの窓口」で異国と交流しました。

四つの窓口