「身分」とは、説明が非常に難しい言葉です。例えば、江戸時代の「身分」には武士・百姓・商人などを挙げられますが、果たしてこれらは「職業」と何が違うのでしょうか。「身分」の意味、単なる「職業」との違いを理解することは、江戸時代を捉えること、まだ明治時代のいわゆる「四民平等」の理解に大いに役立ちます。

人と身分

身分とは

江戸時代、①大名・旗本②農民・漁民③僧侶・神職など様々な職業がありました。
①は「武士」、②は「百姓」、③は「宗教者」と分類され、分類ごとに、例えば「武士-軍事・政治」「百姓―生産」と、果たすべき役割が固定されました。
役割以外、例えば「百姓」が軍事に手を出すことは固く禁止されました。
語弊ごへいもありますが、江戸時代の「身分」とは、役割の固定された上記分類を指します。

身分(役割の固定)
身分ごとの役割が固定されているに過ぎず、身分の変更は可能でした。

職と役割の固定―庶民武芸の流行と禁止
幕末、日本沿岸に外国船が近づき、沿岸警備が必要となりました。町人も警戒心を強め、武術の稽古が流行しました。1843年に示達された触書には、「町人どもは本来、その産業を守り、武術稽古などを致さざるはずのところ、当時、世情の武備が盛んになるに従い、町人どものなかに武術の稽古をする者がいる」と載ります。

様々な身分と武士

身分は、武士・百姓・町人・宗教者・医者など多岐たきにわたりました。
大部分の人は、「武士」「百姓・職人・商人」のいずれかの身分にあり、このような江戸時代の社会状況は 士農工商 と呼ばれました。
 武士 は大名・旗本・御家人など複数の階層から構成される上位の身分で、 帯刀  苗字 切捨御免きりすてごめんなどの特権をもちました。
切捨御免
下位の身分から無礼を受けた時、斬殺しても処罰されないこと

武士

下位の身分

様々なある身分のなかで、次の2つは下位の身分とされました。
かわた・非人は居住地・衣服などの点で、他身分と区別されました。

乞食

家と戸主の権限

武士や有力な百姓・町人の家では、家の筆頭戸主に強い権限がありました。
戸主の立場や家督かとく(家・財産など)は長子が相続し、原則的に女性は相続しませんでした。
家督
時代によって意味が異なり、鎌倉時代の「家督」は一門の首長のこと