10代将軍徳川家治は、田沼意次を側用人、老中と栄進させ、その手腕・開明性に期待しました。意次は、経済活動の活発化を幕府財政の再建の活路と考え、正統的で当を得た政策を進めました。しかし、政策に伴う商人の富獲得は、自然災害で不安定になった民衆の不満を増大させ、意次の贈収賄疑惑を浮上させる隙を生んでしまいました。

田沼時代

田沼時代の成立

1760年、9代将軍徳川家重いえしげの後、10代将軍に 徳川家治いえはる が就任しました。
1772年、 田沼意次たぬまおきつぐ 側用人そばようにん から 老中 となり、幕政の実権を握りました。
意次が幕政の実権を握り、財政の再建に臨んだ時代を田沼時代と呼びます。

徳川家治

田沼意次

商業奨励による財政再建

商人・職人の仲間を広く公認して 株仲間 増加させました
そして、公認の代わりに営業税 運上  冥加みょうが を課すことで財源を増加させました。
銅・鉄・真鍮・朝鮮人参などを幕府の専売とし、直営の施設 座 を設置

貨幣統一による商業円滑化

秤量しょうりょう貨幣である銀貨を計数貨幣化することで金貨に連結しようとしました。
1772年に鋳造された、金2しゅと等価の 南鐐なんりょう二朱銀 が有名です。

南鐐二朱銀
*表(左)・裏(右)

蝦夷地の調査・開発と長崎貿易

 蝦夷地えぞち の調査で、ロシア人との交易の可能性や進出への対処策を探ろうとしました。
また、蝦夷地の産物「干しあわび・いりこ・ふかひれ」などにも注目し、長崎貿易でこれらを 俵物 として清に輸出し、金銀の獲得を目指しました。
仙台藩の医師 工藤平助 の著書『 赤蝦夷風説考 』を参考に、 最上徳内もがみとくない らを蝦夷地に派遣しました。

蝦夷地

干し鮑

いりこ

ふかひれ

新田開発

 印旛いんば沼 手賀てがの干拓を進め、新田開発を試みました(利根川の洪水で挫折)。

印旛沼・手賀沼

同時代の朝廷


竹内式部

田沼時代の終焉

1782年からの 天明の飢饉 は社会不安を増大させ、全て田沼意次の責任にされました。
1784年、意次の子田沼意知おきともが江戸城内で佐野政言まさことに刺殺されました。
強まる非難に意次は追い込まれ、1786年の徳川家治の死後、老中を罷免ひめんされました。
佐野政言…刺殺後、偶然米価が下落したため、民衆は彼を「世直し大明神」と評価