板書計画
WRITE

No.01 日本史の始まり(最終訂正日:2015.04.09)
No.02 縄文文化の成立(最終訂正日:2015.01.25)
No.03 弥生文化の成立(最終訂正日:2015.01.25)
No.04 クニと邪馬台国(最終訂正日:2015.01.25)
No.05 クニと邪馬台国(最終訂正日:2014.10.18)
No.06 東アジアのヤマト政権(最終訂正日:2015.01.25)
No.08 ヤマト政権の体制と仏教公伝(最終訂正日:2015.01.25)
No.09 ヤマト政権の新たな外交(最終訂正日:2015.01.25)
No.10 飛鳥文化(最終訂正日:2015.01.25)
No.11 大化改新(最終訂正日:2015.01.25)
No.13 白鳳文化(最終訂正日:2015.01.25)
No.14 律令国家(最終訂正日:2014.10.17)
No.15 民衆と税制度(最終訂正日:2014.10.17)
No.16 人々の往来(最終訂正日:2015.01.25)
No.17 拡大する東と西の境界(最終訂正日:2015.01.25)
No.18 高まる不安と鎮護国家(最終訂正日:2015.01.25)
No.20 民衆の暮らし(最終訂正日:2015.01.25)
No.22 天平文化(2)(最終訂正日:2015.01.25)
No.24 新しい都を求めて(最終訂正日:2015.01.25)
No.25 二所朝廷と万代宮(最終訂正日:2015.01.25)
No.27 秘密の教えと影響(最終訂正日:2015.01.25)
No.28 漢詩好みと影響(最終訂正日:2015.01.25)
No.29 藤原氏北家の台頭(最終訂正日:2014.11.15)
No.31 加速する国風化(最終訂正日:2014.11.15)
No.32 公田の変化―口分田編(最終訂正日:2014.10.18)
No.33 私田の変化―荘園編(最終訂正日:2014.10.17)
No.34 武士の登場(最終訂正日:2014.10.24)
No.35 東国で固まる源氏の地盤(最終訂正日:2014.10.24)
No.36 荘園公領制の成立(最終訂正日:2014.10.24)
No.37 院政の開始(最終訂正日:2014.10.24)
No.38 武者ノ世ニナリニケル(最終訂正日:2014.10.24)
No.39 平氏政権(最終訂正日:2014.10.24)
No.40 院政期の文化(最終訂正日:2014.10.24)
No.41 源平の争乱(最終訂正日:2015.01.25)
No.42 鎌倉幕府(最終訂正日:2015.01.25)
No.43 北条氏の台頭(最終訂正日:2015.01.25)
No.44 執権政治(最終訂正日:2015.01.25)
No.45 武士社会(最終訂正日:2015.01.25)
No.46 蒙古襲来(最終訂正日:2015.01.25)
No.47 社会の変化と問題(最終訂正日:2015.01.25)
No.48 鎌倉文化―公家文化の自覚(最終訂正日:2014.12.07)
No.49 鎌倉文化―鎌倉仏教の展開(1)(最終訂正日:2014.12.05)
No.51 鎌倉文化―美術の革新(最終訂正日:2014.12.10)
No.52 鎌倉幕府の倒壊(最終訂正日:2014.12.15)
No.53 建武の新政(最終訂正日:2015.01.23)
No.54 南北朝の動乱(最終訂正日:2015.01.23)
No.55 室町幕府(最終訂正日:2015.01.23)
No.56 室町時代の貿易(1)(最終訂正日:2015.01.23)
No.57 室町時代の貿易(2)(最終訂正日:2015.01.25)
No.88 享保の改革(最終訂正日:2015.04.09)
No.89 幕藩体制の曲がり角(最終訂正日:2015.04.09)
No.90 田沼意次の政権(最終訂正日:2015.04.09)
No.91 宝暦・天明期の文化―学問と思想(最終訂正日:2015.04.09)
No.92 宝暦・天明期の文化―教育と文芸(最終訂正日:2015.05.02)
No.93 宝暦・天明期の文化―美術(最終訂正日:2015.05.02)
No.94 寛政の改革(最終訂正日:2015.05.02)
No.95 異国の接近(最終訂正日:2015.05.02)
No.96 大御所時代(最終訂正日:2015.05.02)
No.97 天保の改革(最終訂正日:2015.05.17)
No.98 雄藩と朝廷の台頭(最終訂正日:2015.05.17)
No.99 化政文化―学問と思想(最終訂正日:2015.05.17)
No.100 化政文化―文芸と美術(最終訂正日:2015.05.17)
PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。