表記について
  • 下線部(いろは
    センター試験で出題・使用された語句、クリックで表示・非表示
  • マーカー部分(いろは
    センター試験の正誤問題の判断に必要な知識
  • 赤字部分(いろは
    私大の入学試験レベル

組閣中の出来事

明治時代

内閣 出来事
伊藤博文① 1985年、 内閣 制度
伊藤が枢密院議長に就任し、首相交代
黒田清隆 1889年、 大日本帝国憲法 発布
1889年、 衆議院議員選挙法 公布
首相辞任
山県有朋① 1890年、第1回衆議院議員総選挙
1890年、教育勅語
1890年、第1回 帝国議会 
帝国議会運営に苦心して総辞職
松方正義① 1891年、樺山資紀の蛮勇演説
1892年、 選挙干渉 
選挙干渉を非難され、総辞職
伊藤博文② 1894年、甲午農民戦争
1894年、 日英通商航海 条約
1894年、 日清戦争 勃発
1895年、 下関 条約
大隈の入閣に失敗し、総辞職
松方正義② 1897年、官営八幡製鉄所の設立
1897年、貨幣法(金本位制)
自由党・進歩党が提携を拒否したため、総辞職
伊藤博文③ 1898年、憲政党の結成
地租増税案の否決で総辞職
大隈重信① 1898年、共和演説事件
憲政党内の分裂で総辞職
山県有朋② 1899年、 文官任用令 改正
1900年、 治安警察 
1900年、 軍部大臣現役武官 
1900年、北清事変(義和団事件)
憲政党が離反して総辞職
伊藤博文④ 1901年、 社会民主党 結成、直後に禁止
貴族院の反対に苦慮し、総辞職
桂太郎① 1902年、 日英同盟 協約
1904年、 日露 戦争勃発
1905年、 ポーツマス 条約
1905年、 日比谷焼打ち 事件
1905年、第2次日韓協約
日露戦争の戦後処理後に西園寺を首相に推薦し総辞職
西園寺公望① 1906年、 日本社会党 結成(翌年禁止)
1906年、 鉄道国有 
1907年、ハーグ密使事件
1907年、第3次日韓協約
社会主義の取締りを批判されて総辞職
桂太郎② 1908年、 戊申詔書 
1909年、伊藤博文暗殺
1910年、 大逆 事件
1910年、韓国併合
1911年、 工場法 公布(施行は1916年)
長期政権への反対、政策実行の効果を出したとして総辞職
西園寺公望② 1912年、明治天皇没
1912年、上原勇作陸相が帷幄上奏
陸軍が後任の陸相を推薦しなかったので、総辞職

大正時代

1925年、 五・三〇 事件
内閣 出来事
桂太郎③ 1913年、立憲政友会・立憲国民党が内閣不信任案提出
 第一次護憲運動 で総辞職(大正政変)
山本権兵衛① 1913年、 軍部大臣現役武官制 改正
1913年、 文官任用令 改正
1914年、 ジーメンス 事件
ジーメンス事件で予算が成立せず総辞職
大隈重信② 1914年、 第一次世界大戦 勃発
1914年、ドイツ領南洋諸島・山東半島の 青島 占領
1915年、二十一ヵ条の要求
1916年、 工場法 施行(1911年に公布)
元老の支持を失い総辞職
寺内正毅 1917年、西原借款
1917年、 石井・ランシング 協定
1918年、 シベリア出兵 を宣言
1918年、 米騒動 
米騒動の責任を取って総辞職
原敬 1918年、 大学 
1919年、三・一独立運動
1919年、五・四運動
1919年、ヴェルサイユ条約
1920年、 国際連盟 加入
1920年、最初のメーデー
原敬暗殺で総辞職
高橋是清 1921年、 ワシントン 会議開催
1921年、四ヵ国条約
1922年、ワシントン海軍軍縮条約
1922年、九ヵ国条約
閣内不一致で総辞職
加藤友三郎 1922年、日本共産党結成(非合法)
1922年、 シベリア から撤兵完了
加藤友三郎の病死で総辞職
山本権兵衛② 1923年9月1日、 関東大震災 
1923年、 虎ノ門 事件
虎ノ門事件の責任を取って総辞職
清浦奎吾 1924年 、第二次護憲 運動展開
1924年、政友本党結成
総選挙で護憲三派が勝利し総辞職
加藤高明①② 1925年、 日ソ基本 条約調印
1925年、 治安維持法 公布
1925年、 普通選挙法 公布
加藤高明の病死で総辞職

昭和