表記について
  • 下線部(いろは
    センター試験で出題・使用された語句、クリックで表示・非表示
  • マーカー部分(いろは
    センター試験の正誤問題の判断に必要な知識
  • 赤字部分(いろは
    私大の入学試験レベル

室町幕府の動揺

4代将軍の政治

1394年、4代将軍 足利義持 の就任
1411年、 日明貿易 の中止
1416年、上杉禅秀の乱
前関東管領の反乱
1419年、応永の外寇朝鮮の対馬襲撃
*対馬を倭寇の本拠地を誤解

6代将軍の政治

1425~28年、義持が政治を再度担当(理由:5代将軍の早死に)
1428年、義持の死去
次の将軍の就任の気運
1428年、 正長の徳政一揆 
近江国の馬借が「代始めの徳政」を要求して蜂起した一揆
鎮圧されたが、私徳政(実力による債務破棄)を実現
1429年、6代将軍 足利義教 の就任
将軍専制、鎌倉公方・有力守護と対立
1432年、 日明貿易 の再開
1438~39年、 永享の乱 
幕府に反抗する鎌倉公方 足利持氏 の討伐
1441年、 嘉吉の変 
播磨などの守護 赤松満祐 が義教を謀殺
将軍の権威の失墜
次の将軍の就任の気運
1441年、 嘉吉の徳政一揆 
「代始めの徳政」を要求して起こった一揆
初めて幕府が徳政令を出して沈静化

8代将軍の政治

1449年、8代将軍 足利義政 の就任
1454年~、 応仁の乱 
鎌倉公方の足利成氏と関東管領の対立
成氏が古河に敗走(古河公方)、堀越公方と対立

応仁の乱(1467~1477)

背景:将軍継嗣問題、管領家の家督相続争いに端を発した内乱
結果:京都の荒廃、室町幕府(将軍)の権威の失墜、守護の没落、守護代・国人の台頭(戦国大名)=下剋上の風潮

下剋上の風潮

1485~93年、 山城の国一揆 
国人が一揆を結び、応仁の乱後も国内で畠山氏の軍の国外退去を実現
以後、8年間自治
1488~1580年、 加賀の一向一揆 
加賀国の一向宗門徒が、守護 富樫政親 を殺害
以後、約100年間一向宗門徒が自治(織田信長に制圧される)

戦国大名

戦国大名の分国支配

 分国法 の制定

各戦国大名が分国支配の基準を示す= 喧嘩両成敗 、他国との婚姻の禁止
 甲州法度之次第 』(武田氏)
 今川仮名目録 』(今川氏)
 塵芥集 』(伊達氏)
 早雲寺殿廿一箇条 』(後北条氏)

 指出検地 の実施

領主に支配地・耕作地の面積・収入を申告
検地で把握した収入(年貢量)を銭に換算して申告
 貫高 制に基づき課役の賦課

軍事力

国人・地侍の家臣化= 寄親・寄子制 で家臣団を組織
*疑似親子関係による統制=有力家臣が親、下級家臣が子

分国経営

城下町の建設、交通制度の整備、関所の廃止、楽市楽座、撰銭令の発布、鉱山の開発(金・銀)

主な戦国大名