農業と貿易

表記について

農産物ごとのデータ

生産量・輸出量・輸入量

米は自給的農業の代表的作物であるため、東~南アジアの人口大国で生産が多いです
(例)中国・インド・インドネシアなど
輸出上位国は、多くが生産上位国と重なります(余力があるから輸出に回せる)
ただし、国内の消費量が大きい中国・インドネシアなどでは輸出に余力がなく、タイ・ベトナムなどが輸出上位国となります。
輸入上位国は、生産が消費に追いつかない中国・インドネシア、乾燥で穀物生産に乏しい西アジアの産油国、商品作物の生産を優先し食料の多くを輸入に依存するアフリカの諸国などが上位に来ます。

生産量

茶は、高温多雨で水はけの良い丘陵地が栽培に適します。
原産地の 中国 、イギリス人が栽培を持ち込んだインド・ケニア・ スリランカ など、東南アジアの ベトナム などで栽培されます。

さとうきび

生産量

さとうきびは、熱帯・亜熱帯のプランテーション作物です。
主要生産国はブラジル・インド・中国ですが、オーストラリアの北東部でも栽培されることに注意しましょう

コプラ油

生産量

熱帯性の代表的な植物ココヤシは、世界中の熱帯で見られます。
商業的生産では、 フィリピン が世界一です。