アフリカ地誌-各国

表記について

エジプト

基礎データ

エジプト
エジプト
人口(万人)(2020)10,233
面積(万㎢)(2019年)100
人口密度(人/k㎡)102
1あたりGNI(ドル)(2019年)2,690
公用語アラビア語
主な宗教イスラーム(スンニ派)
首都カイロ

ナイル川

ヴィクトリア湖の北から流れるナイル川は、湿潤地域に水源をもつ外来河川で、乾燥地域を通過し、地中海に注がれます。
ナイル川
ナイル川

歴史

古代の歴史家ヘロドトスが「エジプトはナイル川のたまもの」 (川の洪水が上流の肥沃な土を運び、エジプトの農業を支えている)と表現しました。

ダム建設

1971年、アスワンハイダム完成
アスワンハイダムの建設は、ナイル川流域に次の3つの問題を引き起こしました。
アスワンハイダム
アスワンハイダム
ナツメヤシの生産
国名千t(2019年)
エジプト1,604
サウジアラビア1,540
イラン1,308
アルジェリア1,136
イラク639

貿易

エジプト 輸出品目(2020年、%)
金(非貨幣用)10.9
石油製品10.8
機械類6.6
プラスチック類5.6
衣類5.1
エジプト 輸入品目(2020年、%)
機械類15.6
自動車7.5
原油6.3
小麦4.5
プラスチック類4.4

アルジェリア

基礎データ

アルジェリア
アルジェリア
人口(万人)(2020)4,385
面積(万㎢)(2019年)238
人口密度(人/k㎡)18
1あたりGNI(ドル)(2019年)4,010
公用語アラビア語
主な宗教イスラーム(スンニ派)
宗主国フランス
首都アルジェ

パイプライン

アルジェリアで産出した天然ガスは、ヨーロッパに続くパイプラインでガスのまま輸出されます。
アルジェリアから伸びるパイプライン
アルジェリアから伸びるパイプライン

貿易

アルジェリア 輸出品目(2017年、%)
原油36.1
天然ガス20.3
石油製品18.3
液化天然ガス10.4
液化石油ガス9
アルジェリア 輸入品目(2017年、%)
機械類26.4
鉄鋼8.1
自動車7.3
金属製品4.8
医薬品4.4

リビア

基礎データ

リビア
リビア
人口(万人)(2020)687
面積(万㎢)(2019年)168
人口密度(人/k㎡)4
1あたりGNI(ドル)(2019年)7,640
公用語アラビア語
主な宗教イスラーム(スンニ派)
宗主国イタリア
首都トリポリ

乏しい水資源と農耕地

リビアは、エジプトと違って水資源がワジか地下水しかありません。
結果、農耕地は国土の1%で、人口密度が非常に小さいです。

1人あたりGNI

リビアでは、原油が産出されます。
産油国で人口が少ないため、1人あたりGNIが高く、アフリカの中では上位です。
ガボンや赤道ギニアも同様

貿易

リビア 輸出品目(2018年、%)
原油84.2
液化天然ガス3.9
石油製品3.6
金(非貨幣用)2.7
液化石油ガス1
リビア 輸入品目(2018年、%)
機械類17.6
石油製品16.2
自動車5.9
医薬品4
衣類3.6

チュニジア

基礎データ

チュニジア
チュニジア
人口(万人)(2020)1,182
面積(万㎢)(2019年)16
人口密度(人/k㎡)72
1あたりGNI(ドル)(2019年)3,370
公用語アラビア語
主な宗教イスラーム(スンニ派)
宗主国フランス
首都チュニス

迷路型の都市

チュニジアの首都チュニスは、街路が迷路型になっています。
このように防御目的の迷路型都市は、アラブのイスラームの都市に見られます。
北アフリカや西アジアの都市(イランのテヘランなど)
チュニスの街路形態
チュニスの街路形態

貿易

チュニジア 輸出品目(2019年、%)
機械類30.4
衣類15.2
原油4.1
精密機械4.1
自動車3.5
チュニジア 輸入品目(2019年、%)
機械類23.3
石油製品9.1
繊維品7.4
石油ガス5.8
自動車5.3

モロッコ

基礎データ

モロッコ
モロッコ
人口(万人)(2020)3,691
面積(万㎢)(2019年)45
人口密度(人/k㎡)83
1あたりGNI(ドル)(2019年)3,190
公用語アラビア語
主な宗教イスラーム(スンニ派)
宗主国フランス
首都ラバト

西サハラ問題

スペインの撤退後、モロッコが西サハラの実効支配を続けています。
加えて、隣国アルジェリアが西サハラ解放を支援しているため、対立が深まっています。

タコの漁獲

タコの漁獲量が多いのは、順に中国・モロッコ・モーリタニアです。

貿易

モロッコ 輸出品目(2019年、%)
機械類19.7
自動車13
衣類11
化学肥料9.9
魚介類6.9
モロッコ 輸入品目(2019年、%)
機械類21
石油製品10.5
自動車9.9
繊維品6.2
航空機3.3

エチオピア

基礎データ

エチオピア
エチオピア
人口(万人)(2020)11,496
面積(万㎢)(2019年)110
人口密度(人/k㎡)104
1あたりGNI(ドル)(2019年)850
公用語アムハラ語
主な宗教キリスト教コプト派
宗主国(なし)
首都アディスアベバ

コーヒー豆

エチオピアは、コーヒー豆の原産地であり、世界有数の生産国でもあります。
エチオピア産の生のコーヒー豆
エチオピア産の生のコーヒー豆
エチオピアの伝統的なコーヒー豆の焙煎
エチオピアの伝統的なコーヒー豆の焙煎
コーヒー豆の生産
国名千t(2019年)
ブラジル3,009
ベトナム1,684
コロンビア885
インドネシア761
エチオピア483

貿易

エチオピア 輸出品目(2019年、%)
コーヒー豆24.3
ごま18.2
野菜17.2
肉類6.6
機械類5.1
エチオピア 輸入品目(2019年、%)
機械類23.7
石油製品8.4
鉄鋼5.8
自動車5.8
航空機5.7

ケニア

基礎データ

ケニア
ケニア
人口(万人)(2020)5,377
面積(万㎢)(2019年)59
人口密度(人/k㎡)91
1あたりGNI(ドル)(2019年)1,750
公用語スワヒリ語・英語
主な宗教キリスト教
宗主国イギリス
首都ナイロビ

園芸農業

ケニアでは、園芸農業でバラなどを栽培し、ナイロビの空港からヨーロッパに空輸しています。
ケニアのバラ
ケニアのバラ

自然環境

ケニアとタンザニアの国境付近には、大自然に囲まれた野生動物の楽園が広がります。
キリマンジャロ(ケニア側)とバッファロー
キリマンジャロ(ケニア側)とバッファロー
シマウマとフラミンゴ
シマウマとフラミンゴ

イギリスの植民地だった歴史から、現在でも茶を多く生産しています。
茶の生産
国名千t(2019年)
中国2,777
インド1,390
ケニア459
スリランカ300
ベトナム269
トルコ261

貿易

ケニア 輸出品目(2019年、%)
20.3
切花9.5
石油製品6.7
衣類5.1
野菜4.9
ケニア 輸入品目(2019年、%)
機械類17.5
石油製品12.3
自動車6.9
鉄鋼6.4
パーム油5

マダガスカル

基礎データ

マダガスカル
マダガスカル
人口(万人)(2020)2,769
面積(万㎢)(2019年)59
人口密度(人/k㎡)47
1あたりGNI(ドル)(2019年)520
民族マレー系
公用語フランス語
主な宗教キリスト教
宗主国フランス
首都アンタナナリボ

地形

マダガスカル島はかつてのゴンドワナ大陸の一部で安定陸塊です。

代表的な木

バオバブはマダガスカルの代表的な木です。
バオバブの木
バオバブの木

東部の降水

マダガスカル島には、インド洋からの南東貿易風が吹きこみます。
島中央には南北に山脈が走り、島東部は年間を通して多雨になります。
マダガスカル島と貿易風
マダガスカル島の気候と貿易風
マダガスカル島の東部と西部
マダガスカル島の東部と西部
マダガスカルには、東南アジアのマレー島やインドネシアから移住したマレー系の住民が人口の1/4以上を占めます。
主食も米で、島東部の降水が多い地域で生産しています。

貿易

マダガスカル 輸出品目(2019年、%)
バニラ21.7
衣類18.4
ニッケル16.8
魚介類5.7
希少金属鉱4.5
マダガスカル 輸入品目(2019年、%)
石油製品14.3
機械類12.8
繊維品9.9
自動車5.5
医薬品3.6

ナイジェリア

基礎データ

ナイジェリア
ナイジェリア
人口(万人)(2020)20,614
面積(万㎢)(2019年)92
人口密度(人/k㎡)223
1あたりGNI(ドル)(2019年)2,030
公用語英語
主な宗教北部:イスラーム、南部:キリスト教
宗主国イギリス
首都アブジャ

地形

ナイジェリアを流れるニジェール川は、河口に三角州を形成しています。
この河口付近からは原油が産出されます。
ニジェール川
ナイジェリアや隣国ニジェールの国名の由来
ニジェール川
ニジェール川

内戦

1967~70年、ビアフラ戦争
油田付近に居住するイボ族が分離独立を宣言したことに、他民族が反発して内戦に発展
石油利権や社会主義化を狙ってイギリスやソ連が戦争に介入
戦後、ナイジェリアは民族融和のために次の2つを実施しました。
ナイジェリアの民族
ナイジェリアの民族

農業

ナイジェリアは、世界有数のキャッサバ・カカオ・パーム油の生産国です。
ヤムイモ・タロイモも生産が世界一
キャッサバ(右)とタピオカでん粉(左)
キャッサバ(右)とタピオカでん粉(左)
キャッサバの生産
国名万t(2019年)
ナイジェリア5,919
コンゴ民主4,005
タイ3,108
ガーナ2,245
ブラジル1,750
カカオの生産
国名千t(2019年)
コートジボワール2,180
ガーナ812
インドネシア784
ナイジェリア350
エクアドル284
パーム油の生産
国名万t(2019年)
インドネシア4,287
マレーシア1,986
タイ304
コロンビア153
ナイジェリア122

貿易

ナイジェリア 輸出品目(2019年、%)
原油76.5
液化天然ガス9.3
船舶5.9
金属製品3.9
ガス状炭化水素0.6
ナイジェリア 輸入品目(2019年、%)
機械類31.9
石油製品14.9
自動車11.8
医薬品3.2
ガラス製品3.2

ガーナ・コートジボワール

基礎データ

ガーナ・コートジボワール
ガーナ・コートジボワール
本初子午線はガーナの首都アクラを通過
コートジボワール
「象牙海岸」の意味で、かつて象牙の交易の場だったことに由来

農業

ガーナはカカオの生産大国、コートジボワールはカカオと天然ゴムの生産大国です。
カカオの生産
国名千t(2019年)
コートジボワール2,180
ガーナ812
インドネシア784
ナイジェリア350
エクアドル284
カメル―ン280
カカオの輸出
国名千t(2019年)
コートジボワール1,622
ガーナ644
カメル―ン311
ナイジェリア300
エクアドル271
オランダ249
天然ゴムの生産
国名千t(2019年)
タイ4,840
インドネシア3,449
ベトナム1,185
インド1,001
中国840
コートジボワール665
マレーシア640
天然ゴムの輸出
国名千t(2019年)
タイ3,117
インドネシア2,580
コートジボワール876
ベトナム750
マレーシア631
ラオス224
カンボジア164

リベリア

基礎データ

リベリア
リベリア
人口(万人)(2020)506
面積(万㎢)(2019年)11
人口密度(人/k㎡)46
1あたりGNI(ドル)(2019年)580
公用語英語
宗主国(なし)
首都モンロビア

歴史

1821年、アメリカで解放された黒人奴隷が、アフリカ西海岸に移住しました。
1847年、移住したアメリカ系黒人は、アフリカ最初の独立国家リベリアを建国しました。
アメリカの影響を受けていたこと、主権国家として成立していたことから、ヨーロッパ諸国による植民地化を免れました。
リベリアの国旗
リベリアの国旗
*リベリアはアメリカの国旗を手本に作成

世界有数の商船保有国

リベリアは便宜置籍船国のため、商船保有量が多くなります。
商船保有量
国名%(2020年)
パナマ15.8
リベリア13.1
マーシャル諸島11.6
ホンコン9
シンガポール6.2

コンゴ民主共和国

基礎データ

コンゴ民主共和国
コンゴ民主共和国
人口(万人)(2020)8,956
面積(万㎢)(2019年)235
人口密度(人/k㎡)38
1あたりGNI(ドル)(2019年)530
公用語フランス語
宗主国ベルギー
首都キンシャサ

鉱工業

コンゴ民主共和国から隣国ザンビアにかけて、銅が産出します。
銅が産出するこの地域をカッパーベルトと呼んでいます。
カッパーベルト
カッパーベルト
銅鉱の生産
国名万t(2018年)
チリ583
ペルー244
中国159
コンゴ民主共和国123
アメリカ122
オーストラリア92
ザンビア85
メキシコ75
ロシア75
インドネシア65

ダイヤモンド

ダイヤモンドの原石が産出します。
ダイヤモンドの生産
国名万カラット(2019年)
ロシア4,320
ボツワナ2,441
カナダ2,319
コンゴ民主共和国1,513
オーストラリア1,408
南アフリカ共和国991
アンゴラ841
ジンバブエ326
ナミビア240
レソト129

南アフリカ共和国

基礎データ

南アフリカ共和国
南アフリカ共和国
人口(万人)(2020)5,931
面積(万㎢)(2019年)122
人口密度(人/k㎡)49
1あたりGNI(ドル)(2019年)6,040
公用語英語・アフリカーンス語・バンツー諸語
主な宗教キリスト教
宗主国イギリス(第二次世界大戦前に独立)
首都プレトリア(ツワネ)

地形

南アフリカ共和国の東部には、北東から南西にかけて古期造山帯のドラケンスバーグ山脈が走ります。

歴史と人種差別問題

独立まで

17世紀半ばからオランダ、19世紀前半からイギリスの植民地になりました。
1910年、イギリス連邦内の自治領として発足しました。
1961年、南アフリカ共和国として独立を果たしました。

白人による支配の強化

独立後の南アフリカ共和国は、少数の白人が支配を強めるために、様々な面で有色人種を差別する政策を採りました。
アパルトヘイトとして知られるこの政策は、国際社会から厳しい非難を浴びました。
反アパルトヘイト運動が強まり、1990年、差別を定めた法律が撤廃されました。
1994年、運動を主導したネルソン=マンデラが初の黒人大統領に選ばれました。
現在、南アフリカ共和国は、多人種社会で多様な文化の共生を目指し、「虹の国(レインボーネーション) 」と呼ばれています。
ネルソン=マンデラ
ネルソン=マンデラ

農業

地中海性気候のケープタウン付近では、ブドウが生産されています。
ぶどうの生産
国名万t(2019年)
中国1,428
イタリア790
アメリカ623
スペイン575
フランス549
トルコ410
インド304
チリ270
アルゼンチン252
南アフリカ共和国199

鉱工業

石炭

古期造山帯のドラケンスバーグ山脈付近からは、石炭が産出します。
石炭の生産
国名百万t(2018年)
中国3,697.7
インド728.7
インドネシア548
オーストラリア410.9
ロシア358.6
アメリカ合衆国325.8
南アフリカ共和国255.6

金鉱・ダイヤモンド

南アフリカ共和国では、金鉱・ダイヤモンド・プラチナ・レアメタルなどが産出します。
金鉱の生産
国名t(2018年)
中国401
オーストラリア315
ロシア311
アメリカ226
カナダ183
ペルー143
インドネシア135
ガーナ127
メキシコ117
南アフリカ共和国117
ダイヤモンドの生産
国名万カラット(2019年)
ロシア4,320
ボツワナ2,441
カナダ2,319
コンゴ民主共和国1,513
オーストラリア1,408
南アフリカ共和国991
アンゴラ841
ジンバブエ326
ナミビア240
レソト129

感染症

南アフリカ共和国は、世界で最もHIV感染者の人口が多い国です(5人に1人)。

貿易

南アフリカ 輸出品目(2019年、%)
プラチナ12.6
自動車9.8
金(非貨幣用)7.9
機械類7.6
鉄鉱石7.2
南アフリカ 輸入品目(2019年、%)
機械類23.8
原油7.4
自動車6.1
石油製品5.2
医薬品3.7

その他の国

スーダン・南スーダン

スーダンでは、北部のアラブ系住民と南部のアフリカ系住民(キリスト教徒)が対立していました。
2011年、南部が南スーダンとして独立しました。