集落-都市

表記について

都市

都市の内部機能

人が居住するところで、第2・3次産業が経済を支えているものを都市と呼びます。
一般的に第3次産業は、第2次産業よりも収益率がよいです。
都市において、就業人口が多く重視されるのは、第3次産業となります。
大都市の中心部ほどその傾向は強くなります。
大都市の中心部には、企業の本社や支社・支店、行政機関など経済を支える機能が集まる地域(都心)が形成されます
都心の中でも交通の便がよく、ビジネスに特に優れる地区を C.B.C  中心業務地区 )と言います。
C.B.C
Central Business Districtの略
都市が発展すると、都心にあった企業・施設が都心の機能の一部をもって都心周辺の市街地に分散します。
都心の機能を代行するような地域を 副都心 と呼びます。

都市と周辺部

都心・副都心が整うと、一方で地価が高くなります。
居住環境に向かず、人々は都市郊外に居住を移します。
つまり、都市が発展すると、その地域に住む人口(常住人口・夜間人口)が減少します
都市郊外では人口が増加し、衛星都市が形成されていきます。
この形成は無計画・無秩序なことが多く、土地が虫食いのように開発される スプロール現象 を伴います。
都市の内部外部のモデル
大都市のモデル
衛星都市に住む人の多くは、昼間都心に通学・通勤します。
この人口の移動により、都心の日中の人口(昼間人口)は、夜間人口を大きく上回ります。
このような人口の増減減少を ドーナツ化減少 と呼びます。
上記のような人口の増減減少を ドーナツ化減少 と呼びます。
昼間人口指数=(昼間人口/夜間人口)✕100
昼間人口指数
東京23区の昼間人口指数のコロプレスマップ
ドーナツ化現象
ドーナツ化現象

都市化

先進国の都市化

先進国では、産業革命後に第2・3次産業の就業人口が増加し、都市が形成されました。
第2・3次産業中心の都市は収益率が高く、村落の人々はこれに魅了されて都市に移り住みました。
このようなPull型で、さらに都市化が進展しました。
Pull型
Pull型

発展途上国の都市化

発展途上国では、村落の人口が急激に増加しています。
稼ぎや雇用機会が少ないので、家族の一部(次男や三男など)は都市に出て仕事を探すしかありません。
このような半ばやむにやまれず都市に行くPush型で、都市化が進展しました。
ただし多くの場合、都市にはそれほど雇用の余裕がなく、人だけ集まってきているのが実情です。
Push型
Push型

都市化の問題

都市化が進むと、地価が上昇します。
居住環境に向かず、人々は都市郊外に居住を移します。
しかし、都市郊外も交通費がかかったり、それほど地価が安くなかったりします。
結果、発展から取り残されて老朽化した集合住宅などに低所得層が集まり、犯罪なども多くなる地域スラムが形成されます。
このような問題を インナーシティ問題 と言います。
発展途上国では、インナーシティ問題が生じている都市にも、村落からPush型で人々がやってきます。
居住場所・雇用機会はすでに飽和状態であり、職に就けずに保障も受けられない人がでてきます。
このような人々は、ホームレスやストリートチルドレンなどの路上生活者になり、線路沿線や都市郊外の土地を不法に占拠してスラムを拡大させます。

発展途上国の都市問題

近年、発展途上国では村落から都市に向けての人口移動が著しいです。
移動の理由はほぼPush型であり、定職につける割合も多くありません。
このような人口移動で、発展途上国では次のような問題が生じています。

メキシコシティの例

メキシコの首都メキシコシティは、金融機関や行政機関などが一極集中し、他都市に比べて極めて人口が多くなっています。
このような都市を プライメートシティ  首位都市 )と言います。
メキシコの都市
メキシコの都市人口第10位まで(2010年)
メキシコシティでも、先にあげた①~④の問題が生じています。
メキシコシティは山に囲まれた盆地のため、特に④の排ガスが深刻で、都市がスモッグに覆われる規模にまで発展しています。
メキシコの都市
メキシコシティの空を覆うスモッグ
近年、排ガス検査の義務化や市街地への自動車乗り入れ制限などの対策をとっています。

先進国の都市問題

都心部やその周辺の古くからの市街地で、インナーシティ問題が発生しています。
いくつかの都市では、老朽化した住宅や工場を取り壊して再開発を行い、跡地に新しい商業施設や高級な高層住宅を建設しています。
この再開発地域に、富裕層の人々が流入するジェントリフィケーションという現象が見られます
この現象は、地価や家賃の上昇でこれまで住んでいた人が出て行かざるを得ないという問題もはらんでいます。