国家

表記について

国家

国家とは

日本のような国(国家)は、次の3つをもつ組織です。

植民地から独立国へ

1900年代半ばまで、世界の半分以上の国が、主権をもたない不完全な状態「植民地」でした。
第二次世界大戦後、1950年代までにアジア諸国が、1960年代にアフリカ諸国が次々と主権を確立し、国として再始動していきました。
現在、世界の国家は、日本が承認しているもので196ヵ国にのぼっています。

領域

領土・領海・領空
領土・領海・領空

領土

国の主権が認められる陸地を領土と言います。

領海

国の周辺海域のうち、主権が認められる範囲を 領海 、鉱産資源や水産資源の独占が許される範囲を 排他的経済水域 (略称: EEZ )と言います。
1982年、国連海洋法条約が調印され、これらの範囲が決まりました。
領海:沿岸(最低潮位線)から 12 海里以内
排他的経済水域:領海を含む 200 海里
海里
1海里=約1.825㎞で、地球1周4万㎞÷360度÷60分(つまり経度1分)から算出

排他的経済水域

排他的経済水域
日本の排他的経済水域(色塗り部分)
排他的経済水域に関して、言い回しを少し変えて確認しておきましょう。

領空

領空は、領土・領海の上空でかつ大気圏内です。

国境

国境とは

国境とは、詠んで字の如く主権がおよぶ範囲(=国)の境界のことです。
国境には、次の2つがあります。

自然的境界

自然的境界は、歴史が長いヨーロッパに多く見られます。
例えば、スペインとフランスの境になる ピレネー山脈 、ノルウェーとスウェーデンの境になる スカンディナヴィア山脈 があげられます。
自然的国境
自然的国境その1
自然的国境
自然的国境その2
ヨーロッパ以外では、カナダとアメリカの境になる五大湖、アメリカとメキシコの境になるリオグランデ川があげられます。
自然的国境
自然的国境その3

人為的国境

現在、人為的国境は、経線・緯線を利用した国境(数 理的国境)がほとんどです。
いずれも一の位まで覚える必要はありませんが、近似値を覚えておき、地図の位置把握に利用しましょう。

経度

西経141度:アメリカ(アラスカ州)とカナダ
東経25度:エジプトとリビア
東経141度:インドネシアとパプアニューギニア
人為的国境
人為的国境その1
人為的国境
人為的国境その2
人為的国境
人為的国境その3

緯度

北緯49度:アメリカとカナダ
北緯22度:エジプトとスーダン
人為的国境
人為的国境その4
人為的国境
人為的国境その5