貿易

表記について

貿易の概説

貿易とは

国は、自国が得意な生産物を他国に輸出し、得意でない生産物を輸入に頼ります。
このように国同士が生産を分担することを国際分業と言い、そして、生産物を取引することを貿易と言います。
今日、第3次産業の情報・通信なども取引するサービス貿易も増えてきました。

2つの貿易

貿易は、取引する国の組合せで、次の2つに分けられます。

水平貿易

水平貿易は、先進国間で工業製品・サービスを輸出入し合う貿易です。
水平貿易の額は大きく、世界貿易の半分を占めています。
水平貿易
垂直貿易

垂直貿易

垂直貿易は、工業化が進展していない途上国が、鉱産物や農水産物などの一次産品を先進国に輸出し、先進国から工業製品を輸入する貿易です。
一次産品
工業製品として加工が加えられていない商品
ただし、NIEsやASEANに属す途上国では、輸出品のなかで工業製品が占める割合が増えています。
垂直貿易
垂直貿易

貿易額

中国・アメリカ・EU

次のグラフを用いて解説します。



世界最大の輸出額は、2018年時点で 中国 です。
以前までアメリカが世界最大の輸出額
アメリカは、お金をもつ人が多くて購買力が強く、かなりの輸入超過(輸入額>輸出額)です
貿易額の大きい中国やアメリカも、EU(ヨーロッパ連合)には敵いません。
構成する国々それぞれの貿易額が大きいので、自然とEUの貿易額も大きくなります。
例えばNAFTAなど、EU以外の国々も経済協力を図って貿易額を上げています。

日本

輸出超過から輸入超過へ

次の日本のグラフを用いて解説します。
日本やドイツなどの工業製品を輸出する国は、輸出超過(輸出額>輸入額)になりやすいです
日本では1980年代からが顕著です。
その過程でアメリカとは、貿易摩擦が生じました。
ところが、日本の輸出超過も、2011年の原発停止以降に、輸入超過(輸入額>輸出額)に移行していきました
原発停止による化石燃料の輸入増などが原因です。

輸入超過の内訳

下の表を見ると、日本が輸入超過国から原油・石炭・天然ガスを輸入していることが分かります。
他にもイタリアからは高級服飾・高級ブランド品を輸入したりと、意外な輸入超過の背景があります。

日本の主な輸入超過国(2018年 単位:億円)
国名 輸入 輸出 主な輸入品
アラブ首長国連邦 30,462.8 8,717.3 原油
インドネシア 23,789.1 17,430.8 液化天然ガス、原油、石炭
サウジアラビア 37,329.5 4,541.4 原油
中国 191,936.5 158,977.4 電気機器、衣類
マレーシア 20,910.2 15,386.6 液化天然ガス、電気機器
イタリア 12,603.1 5,185.6 高級服飾、高級ブランド品
フランス 12,198.2 7,788.0 ワイン
カナダ 12,949.9 10,294.2 石炭、木材
チリ 8,003.4 2,201.6 銅鉱、サケ・マス
ブラジル 7,612.0 4,415.2 鉄鉱石、鶏肉、コーヒー豆
オーストラリア 50,527.9 18,862.3 石炭、液化天然ガス、鉄鉱石、肉類

最大の輸出国・輸入国

戦後、日本の最大の輸出国・輸入国は アメリカ でした。
近年、最大の輸出国・輸入国は 中国 になりました。

日本の最大の輸出入国(2018年 単位:百億円)
1990年 2000年 2010年 2018年
最大の輸出相手国 アメリカ(1,356) アメリカ(1,536) 中国(1,309) 中国(1,590)
最大の輸入相手国 アメリカ(759) アメリカ(778) 中国(1,341) 中国(1,919s)

貿易摩擦

日本・アメリカの例

戦後、日本はアメリカに対する自動車や電気機器の輸出を伸ばしていきました(貿易黒字)。
安価な日本産に押され、アメリカの日本への輸出は少なくなりました(貿易赤字)。
1980年代、日米間の貿易収支の不均衡は、国家間の対立 貿易摩擦 を起こしました。
貿易摩擦
貿易摩擦
ジャパンバッシング
ジャパンバッシング
(訳:日本車を売りたければアメリカで作れ)
アメリカは、日本に対して輸入の自由化を迫り、貿易収支の不均衡を解消しようとします。
一方、日本は「日本の輸出=相手国の生産圧迫」という貿易摩擦の根本的問題を回避するため、アメリカに工場を建設して現地生産するようにしました。
貿易摩擦は、日本の対策のように対外直接投資で解消しようとされます。復習
貿易摩擦の解消
貿易摩擦の解消

産業の空洞化

貿易摩擦の解消は、対外直接投資、つまり他国に工場・支店、子会社を建てることで試みられます。
この解消方法では、自国の 産業の空洞化 が生じ、自国の雇用が減るなどの問題を起こします。
産業の空洞化
産業の空洞化