民族問題・領土問題

表記について

様々な争い

問題の移り変わり、今日の争い

1900年代前半、世界各国は植民地を拡大しようと争い、第一次世界大戦と第二次世界大戦を経験しました。
第二次世界大戦後の世界は、ソ連・中国を中心とする社会主義国と、アメリカ合衆国・西ヨーロッパ諸国などの資本主義国に分かれ、どのような国家・社会を理想とするかで争いました。
冷戦と呼ばれるこの対立は、社会主義国側の政治・経済に行き詰まりが生じ、1990年代に終わりを告げました。
社会主義・資本主義という二元的対立がくずれると、世界中で地域的な紛争が頻発するようになりました。
今日の争いは、かつての国同士が争う形から、国内の民族間での紛争や、他国の同じ宗教の人々から武力支援をうけたものなど、複雑で様々な形をとるようになりました。

言語・宗教との関わり

かつて国は同一の民族・言語・宗教の人々で構成されると考えられました。
現実にはこの考えは幻想であり、複数の民族・言語・宗教が存在しています。
そのため、民族・言語・宗教の差異から様々な対立が生じます。
例えば、言語は教育や就業など生活の中で損得の機会と深く関わります。
同じ国の中でどの言語を公用語・国語とするかをめぐって対立が生じやすいのです。
対策として、複数の言語を公用語にするなどしています。
また宗教の場合には、宗教同士の異なる教えで対立が生じやすく、権利が制約されたり迫害されたりすると、信徒が団結して大事に発展します。
宗教の違いに民族の違いが重なるとさらに複雑で、独立・分離を求めて争いが激しくなります。

領土をめぐる問題

国の領土・領海・領空は不可侵の領域です。
西アジア・アフリカの国境線は、植民地にしていたヨーロッパ諸国が決めたため、独立後にもめる原因となりました。
また、大陸棚の開発などで、石油資源や水産資源が発見されると、その利権をめぐって争うこともあります。
言語・宗教の対立は、その実国境線や領有をめぐる争いとも絡んでいることがあり、問題を複雑化させています。

民族問題・領土問題の例

西アジア

1980~1988年、イラン=イラク戦争

イランとイラクの国境であるシャトルアラブ川をめぐる紛争が発展して、イラン=イラク戦争になりました。
この争いには、イスラームのスンニ派が政権を握るイラクとシーア派が政権を握るイランの対立という宗教的な面もあります。

クルド人の難民問題

クルド人はトルコ・イラク・イランなどにまたがる地域に居住する民族で、世界最大の「独立した祖国をもたない民族」と言われています。
第一次世界大戦後の領土分割の際に分散させられて以来、分離・独立運動を続けてきました。
イラン=イラク戦争、湾岸戦争にも巻き込まれ、弾圧を受けて多数の難民も生じています
トルコはEU加盟の交渉のためにクルド人を含む少数民族の擁護を推進
クルディスタン
クルディスタン(伝統的にクルド人が居住する地域)

パレスチナ問題

ヨルダン川西岸の地域はパレスチナと呼ばれ、ユダヤ人と多数を占めるアラブ人が共存してきました。
ユダヤ人によるイスラエルが建国されると、パレスチナに移住するユダヤ人が急増し、アラブ人の居住地・耕地を収用が始まりました。
反発するアラブ人とイスラエルの対立が強まり、 パレスチナ問題 が発生しました。

コーカサス三国の民族問題

コーカサス三国と総称されるグルジア(ジョージア)・アルメニア・アゼルバイジャンでは、民族・宗教・ロシアとの政治など様々な面で対立が生じています。
「三国」と聞くと協調の意味合いを感じさせますが、コーカサス三国には当てはまりません。

アフリカ

ナイジェリアの民族問題

ナイジェリアは、ハウサフラニ族・イボ族・ヨルバ族の三大民族で構成される多民族国家です(少数民族も含めると250以上)。
また、北部にムスリム(イスラーム教徒)、東部にキリスト教が多いです。
このような状況下、イボ民族の分離・独立運動も試みらたのですが(ビアフラ戦争)、失敗に終わりました。
ナイジェリアでは、ビアフラ戦争の再発を防ぐため、民族融和が目指されました。
多くの民族の不満を緩和するため、居住地域に合わせて国内を多くの州に細分化し、自治権を与えました
加えて、ヨルバ族の中心地が首都となっていた状況を改め、三大民族の居住地域の境界付近であるアブジャを新たな首都と定めました。
ナイジェリア
ナイジェリア

ルワンダの民族問題

ルワンダでは、植民地支配の手段としてフツ族・ツチ族という民族対立がつくられました。
つくられた民族対立は1990~94年に激化し、内戦へと発展しました。
この内戦で周辺諸国へ逃れる難民も生じました
ルワンダ
ルワンダ

ヨーロッパ

バスク人の分離・独立問題

バスク地方は、スペインとフランスの境となるピレネー山脈西側の地方です。
この地方には、固有の言語・文化をもつ バスク人 が生活しています。
1979年、スペインはバスク地方に自治権を認めましたが、完全独立を要求する活動が今日も続いています。
バスク地方
バスク地方