ヨーロッパの工業立地

表記について

主要な工業地域

重工業

ヨーロッパの重工業の地域は、炭田付近に古くから立地しています。
採掘される石炭を利用した鉄鋼業が盛んです。
近年、国内の鉄鉱石が枯渇し、鉄鉱石を輸入に頼るようになりました。
鉄鋼業は、臨海指向型の立地もとるようになってきています
ヨーロッパの重工業
ヨーロッパの重工業

ルール地方

ドイツのルール地方は、 ルール炭田 を基礎として発展として発展したヨーロッパ最大の工業地域です。
炭田で採掘できる 石炭 
 ライン川 の水運がこの地域を支えています。
石炭に依存した鉄鋼業などの重工業(素材型重工業)で栄えてきました。
石油危機以降、資源価格の高騰などにより停滞・衰退しています

ミッドランド地方

イギリスのミッドランド地方(バーミンガム周辺)は、石炭や鉄鉱石が産出します。
産業革命後にイギリスが「世界の工場」と呼ばれていた頃、この地方は世界最大の工業地域でした。
ルール地方同様、今日では停滞・衰退しています。

先端技術産業

イギリスの首都 ロンドン 、フランスの首都 パリ は、大量の労働力と大規模な市場をもっています。
市場指向型の工業をはじめ、多種類の工業が発達しています。
今日、研究開発施設、良質な労働力を必要とする先端技術産業も発達してきました
ヨーロッパの先端技術産業
ヨーロッパの先端技術産業

重化学工業

ほとんどのヨーロッパ諸国が石油の大部分を海外に依存しています。
鉄鋼や石油化学などの重化学工業は、臨海指向型になります
ヨーロッパの重化学工業
ヨーロッパの重化学工業

フランスの港湾都市

フランス最大の港湾都市 マルセイユ 、そしてその郊外の フォス には、鉄鋼コンビナートや石油化学コンビナートが立地します。

オランダの「EUの玄関」

オランダの ロッテルダム は、「EUの玄関」と呼ばれる貿易港 ユーロポート を有します。
石油化学コンビナートが立地します。
ユーロポート
ユーロポート

航空産業

世界の航空機の生産は、 アメリカ が圧倒的なシェアを占めています。
フランスやドイツなどEU諸国は、航空機の共同開発で対抗しています。
例えば、エアバスという企業が有名です。
この共同開発での航空機の組立は、フランスの南西部の都市 トゥールーズ でおこなわれています。
ヨーロッパの航空産業
ヨーロッパの航空産業
トゥールーズでの航空機組立
トゥールーズでの航空機組立