平野の地形

表記について

侵食平野

地層は、水や風などの外的営力によって削られていきます。
これを侵食と呼びます。

準平原

1枚の地層の侵食過程は「デーヴィスの侵食輪廻」で表されます。その過程の最終段階を準平原と呼ます。
また、侵食から取り残された部分を残丘(モナドノック)と呼びます。
準平原は、安定陸塊によく分布し、そこでは大昔の地層(先カンブリア時代の地層)が露出しています。

楯状地

準平原のなかには、中世の騎士の楯を伏した形に見えることから、形に注目して楯状地と呼ばれるものもあります。

構造平野

複数の地層をもつ場所について見てみましょう。
下図のように、ほぼ水平な地層が広範囲に分布する場所を構造平野と呼び、東ヨーロッパ平原などに見られます。
この平野の中で、侵食から取り残された部分は、小規模なものをビュート、大規模なものをメサと呼びます。

ビュートとメサ

卓上地

先カンブリア時代の地層を土台とした構造平野は、形に注目して卓状地と呼ばれます。

ケスタ

構造平野の中で、軟層・硬層の地層が交互に、そして緩傾斜をなして存在するとき、軟層部分が速く侵食され、硬層部分が取り残されます。
こうしてできる非対称の断面をもつ丘陵をケスタと呼びます。
ケスタ
ケスタ
代表的なケスタは、フランスのパリ盆地(シャンパーニュ地方など)です。
崖部分の水はけや日照に対して適度な傾斜を利用して、ブドウを栽培しています。
傾斜面の日照
傾斜面の日照
シャンパーニュ地方(パリ盆地東部)
シャンパーニュ地方(パリ盆地東部)

堆積平野

河川などで削られ運ばれた岩石の破片は、別の場所で積み重なっていきます。
これを堆積と呼びます。
堆積が進行中の場所を特に沖積平野と呼び、堆積後に隆起し台地状になった場所を洪積台地と呼びます。

沖積平野

沖積平野として次の地形があります。
河川が上流で削り取った土砂は、粒が小さいものほど河口まで運ばれていきます。
粒は大きい順に礫(小石)、砂、泥

谷底平野

扇状地

扇状地は、次の3つの場所から構成されます。
扇状地
扇頂・扇央・扇端の違いは、地形からよく分かります。
*赤枠…水無川、緑色…水田、桃色…果樹園、紫色…集落
扇状地の断面
扇状地の断面
扇状地と天井川
扇状地と天井川

氾濫原

氾濫原は、次の3つの場所から構成されます。
さて、氾濫を防ぐために河川両側に堤防を築き流路を固定すると、土砂が河底に溜まって河床が高まります。
すると河床が次第に両側の平地を上回り、天井川が形成されます。
下図を見て、河川が周囲の家よりも高い位置を流れていることを確認してみてください。

三角州

三角州は、土砂供給量や沿岸流の侵食によって形状が変わります。

ナイル川の河口
ミシシッピ川の河口
ミシシッピ川の河口

テヴェレ川の河口
三角州は水はけが悪く(水持ちがよく)、水田によく利用されます。

洪積台地

堆積後に平野の一部が隆起し、台地になることもあります。

河岸段丘

洪積台地のうち、平野の一部隆起や海面低下による河川の下方侵食増大で、階段状になった場所を河岸段丘と呼びます。
河岸段丘の多くは、谷底平野をもとに形成されています。
なお、流速増大(海面低下による河川の下方侵食増大)とは、次の図の通りです。
段丘の台地面では地下水面が低いため、畑や果樹園に利用されます。
ただし、地下水面より上に局部的に存在する地下水があり、水を得られることがあります。
この地下水を宙水と呼びます。