概要
大航海時代を迎えたヨーロッパで、ポルトガルは早くに進出しました。インドのゴアに次ぎ、マレー半島のマラッカにも到達し、ポルトガルは香辛料獲得の目的を一応果たしました。ところが、マラッカにおける中国商人・琉球商人との接触で、進路がさらに東アジアへと向けられ、やがてポルトガルは日本と接触することになりました。
表記について

大航海時代

香辛料を求めて

インド・東南アジアの香辛料、中国の絹織物をヨーロッパ人は欲しました。
14世紀以来、オスマン帝国がこれらの交易に重税をかけました。
ヨーロッパ諸国は、オスマン帝国を経由しない「海上」に目を向けました。
ヨーロッパは大航海時代を迎えました。

香辛料

絹織物

オスマン帝国と大航海時代
海上に早く進出した国は、①スペインと②ポルトガルでした。
①スペインの航路
メキシコ・太平洋横断(1492年、コロンブスが新大陸に到達)
フィリピンのマニラが貿易拠点
②ポルトガルの航路
喜望峰経由(1498年、ヴァスコ=ダ=ガマがインド西岸に到着)
インドのゴアが貿易拠点、マレー半島のマラッカにも進出

ヴァスコ=ダ=ガマ
香辛料確保の目的はすでに果たされましたが、ポルトガルは中国の生糸・絹織物をさらに求め、明からマカオでの居留を許されました。
ポルトガル人が中国へ往来するなか、嵐に遭った船が日本の漂着しました。
マカオ
ポルトガルにとって、後に日本との貿易拠点


南蛮貿易の始まり

南蛮人との出会い

1543年、ポルトガル人を乗せた中国船が種子島に漂着しました。
島主種子島時尭たねがしまときたかが彼らから鉄砲を買ったことで、日本に初めて西洋式の銃が伝わり、瞬く間に各地で製造されました。
鉄砲
足軽鉄砲隊の登場、城の変化(壁の強化など)を促進
有名な生産地は、和泉・近江国友・紀伊国根来ねごろ

ポルトガル人が漂着した岬(門倉岬)

種子島時尭
以後、ポルトガル人が九州各地の港に来港して貿易をおこないました。
また、スペイン人も1584年に肥前国平戸に来航し、貿易を開始しました。
当時、ポルトガル人・スペイン人は南蛮人と呼ばれたので、彼らとの貿易を南蛮貿易と言います。

南蛮人の来航

南蛮貿易の輸出品

南蛮から日本
火薬・鉄砲、中国産の生糸など
日本から南蛮
明が私貿易を禁止する海禁政策をとったので、南蛮は日本への中継貿易を担当
スペインはメキシコで銀を入手できたので、日本への進出が遅延

貿易とキリスト教布教の一体化

1549年、カトリックであるイエズス会耶蘇会 やそかい )のフランシスコ=ザビエル鹿児島に到着しました。
ザビエルは豊後国の戦国大名大友義鎮よししげ大友宗麟そうりん)や、周防すおう国の戦国大名大内氏(大内義隆)の保護を受けて布教を開始した。
プロテスタントに対抗するため、カトリックはアジアでの布教に熱心
戦国大名によるキリスト教保護は、南蛮からの軍需品供給が目的

フランシスコ=ザビエル

ザビエルの上陸場所
ザビエルの後、ガスパル=ヴィレラルイス=フロイスらが布教に努めました。
教会堂である南蛮寺、神学校(初・中等教育学校)のセミナリオ、宣教師養成・高等教育学校のコレジオが建てられました。
キリスト教を信仰する大名キリシタン大名も登場しました。
キリシタン大名
大友義鎮は洗礼名Franciscoの略「FRCO」の印判を使用

南蛮寺

セミナリオ跡(安土)

キリシタン大名黒田如水の印判(Simeon Josui)
ヴァリニャーニの勧めで、キリシタン大名の大友義鎮有馬晴信ありまはるのぶ 大村純忠おおむらすみただ は、天正遣欧使節(4人の少年)をヨーロッパに派遣しました。

伊東マンショ(主席正使)

千々石ミゲル(正使)

中浦ジュリアン

原マルチノ