概要
5代将軍徳川綱吉は、暗殺事件を契機に政務を統轄する老中の権限を抑え、側用人の設置など自らの手に幕政を掌握しました。綱吉の政治は、儒教(朱子学)に基づく政治「文治主義」で、仏教・神道に基づく政策もおこないました。これらの政策には綱吉の様々な素養を見て取れるが、貨幣改鋳・生類憐れみの令で悪政と評されます。
表記について

5代将軍の治世

側用人の設置と台頭

1680年、4代将軍徳川家綱が病没しました。
徳川家綱の弟徳川綱吉が5代将軍に就任しました。

徳川綱吉
当初の補佐役は、大老の堀田正俊まさとしでした。
後に堀田正俊が老中らの勤務部屋(将軍の居室の そば)の近くで殺され、万が一に備え、この部屋を将軍の居室から遠く離れた場所に移しました。
これによって、将軍と老中の間を取り次ぐ役職側用人そばようにん が設置されました。
将軍の側に仕え、取り次ぎをする側用人は、時に政務に介入する力をもちました。
特に側用人の柳沢吉保やなぎざわよしやすは、堀田正俊の死後の補佐役を務めました。

柳沢吉保

朱子学に影響された政策

朱子学の重視と第1条の文言

徳川綱吉は朱子学を重視し、朱子学者木下順庵に学びました。
綱吉は、朱子学が説く主君への忠、父祖への孝、社会規範を意味する礼で秩序を安定させようとしました。

木下順庵
1683年、武家諸法度天和てんな令)
第1条の文言は「文武忠孝をはげまし、礼儀を正すべき事」
従来の第1条の文言は「文武弓馬の道、専らあいたしなむべき事」

孔子廟の設置

綱吉は、林家りんけの私塾聖堂せいどう学問所が付属する湯島聖堂を建て、また、幕府の最高教育官大学頭だいがくのかみ 鳳岡ほうこう信篤のぶあつ)を任命した。
湯島聖堂
江戸湯島に建てた孔子の霊をまつる所

湯島聖堂

朝廷の重視

朱子学の本来の教えに従えば、朝廷を重んじることが秩序の在り方です。
綱吉は朝廷政策を改め、儀礼復興と天皇家の領地禁裏御料の増加を決めた。

忠と法の矛盾

1701年、赤穂あこう事件
赤穂藩主浅野長矩ながのり吉良義央 きらよしなか に恥辱を受けたとして、赤穂藩浪士らが吉良を討った事件
浪士らの起こした騒動を、「忠」で評するか「法」で裁くかで一悶着もんちゃく

神道に影響された政策

1684年、服忌ぶっき
近親者に死があった時、忌引きびき に服す日数を設定

仏教に影響された政策

1685年、生類憐みの令
捨子すてごや生類殺生せっしょうなどを禁止する保護法令の総称
犬は極端な保護対象とされ、野犬の横行減少に効果あり
大事な「御犬様」―徳川綱吉
疑問の余地もありますが、生類憐みの令は、跡継ぎの子を求める綱吉に、僧が「生類を愛し、戌年生まれの綱吉は特に犬を大事にすること」と助言したためと言われます。
犬食や野犬被害の減少に一役買いましたが、人々は悪令と呼び、廃止を大変喜びました。

財政難と貨幣改鋳の「出目」

幕府の財政は、次の①②で破綻はたんに追い込まれました。
綱吉は、勘定吟味役かんじょうぎんみやく荻原重秀 おぎわらしげひでが意見した収入増の方策を採用しました。
荻原重秀は、小判の金含有率がんゆうりつを減らすことで、より多くの小判鋳造ちゅうぞうを可能にしました。
「出目(改鋳差益金えききん)」は幕府の財政を一時潤しましたが、貨幣価値の下降と物価の上昇を招き、人々の生活を苦しませました。

元禄小判

6~7代将軍の治世

わずか3年の将軍在職

1709年、5代将軍徳川綱吉が死去しました。
綱吉の養子徳川家宣いえのぶが6代将軍に就任しました。
徳川家宣は、側用人間部詮房まなべあきふさと朱子学者新井白石を信任し、政務を任せました。
新井白石
6代将軍に講義した内容を歴史書『読史余論とくしよろん 』に整理

徳川家宣

新井白石

3歳の将軍と朱子学者の政策

1712年、6代将軍徳川家宣は、在職3年で死去しました。
家宣の子徳川家継いえつぐが3歳で7代将軍に就任しました。

徳川家継
新井白石が、正徳の治 と呼ばれる次の政策をおこないました。
通信使
対馬藩で朝鮮との外交を担当した儒学者雨森芳洲あめのもりほうしゅう は、待遇の簡素化を批判

正徳小判