石油危機と冷戦の終結

概要
*****
表記について

石油危機

ブレトン=ウッズ体制の崩壊

1960年代、アメリカでは、ベトナム戦争への膨大な戦費投入が国家財政を圧迫しました
また、アメリカの貿易収支は、日本・西欧などの成長で赤字になりました。
第二次世界大戦後のブレトン=ウッズ体制が、 ニクソン  政権下の次の出来事で崩壊しました。

第4次中東戦争と石油危機

1973年、 第4次中東戦争 
エジプト・シリアとイスラエルの戦争
1968年に サウジアラビア  が結成を主導した アラブ石油輸出国機構  (OAPEC)が、イスラエル支持国に対して原油輸出を停止(石油戦略)
石油輸出国機構(OPEC)が、原油価格を大幅引き上げ
1973年、 第1次石油危機 
第4次中東戦争におけるアラブ産油国の石油戦略を背景に、先進工業国の経済成長が減速した出来事
1975年~、先進国首脳会議(サミット)
経済成長の鈍化、多国籍企業の問題、環境汚染など、相互に共通する問題に対応するための会議

シナイ半島の返還

第4次中東戦争後の 1979年、 エジプト  の大統領 サダト  は、イスラエルと次のことを合意した平和条約を結びました。
エジプト:
イスラエルを承認
イスラエル:
シナイ半島を エジプト  に返還

途上国の発展と先進国の社会変容

新興工業経済地域の登場

1985年、プラザ合意
アメリカの貿易赤字を解決するため、各国の協力でドル安を進めることを合意
以降、先進国の企業が途上国への工場移転を開始
途上国は、低賃金によるコスト削減を強みに、先進国の企業を誘致しました。
結果、 大韓民国   台湾  ・香港・ シンガポール  ・ブラジルなどが経済的に台頭し、 新興工業経済地域   NIES )と呼ばれました。

先進国の貿易摩擦

先進国では企業の工場が次々と国外に移転しました。
1980年代、アメリカ・西欧・日本の間で先端技術開発をめぐる競争が発生し、また、自動車やコンピュータなどの部門で貿易摩擦が激しくなりました。

女性の社会進出

アメリカでは、公民権運動に参加した女性たちが、女性解放運動を始めました。
1970年代、女性の社会進出が進みました。

高度経済成長のひずみ

先進国では、経済成長が進むにつれて、大気・河川・土壌などの環境汚染が問題になりました。
1962年、レイチェル=カーソンが『沈黙の春』を刊行し、農薬が生物に与える否定的影響について警鐘を鳴らしました。
1972年、 国連人間環境会議 
「かけがえのない地球」をスローガンとしてストックホルムで開催された会議
1980年、西ドイツでは環境保護推進を掲げる「 緑の党  」が結成されました。

原子力発電の管理

次の原子力発電所の事故が起こり、原子力発電の問題が指摘されました。

冷戦の終結

パナマ運河の返還

1970年代後半、アメリカ大統領 カーター  は、人権を重視する外交 人権外交  を展開しました。
1977年、カーターはパナマ運河をパナマに返還することに同意しました。
さらに1979年、中華人民共和国と国交を樹立しました。

第2次石油危機

1979年、 イラン革命 
イスラームのシーア派の  ホメイニ  を指導者として、国王パフレヴィー2世の近代化路線に反対した革命
ホメイニを指導者とするイラン=イスラーム共和国が成立
1979年、第2次石油危機
国王パフレヴィー2世を支持してきたアメリカとイランの対立が激化し、石油危機が急騰した出来事

ソ連のアフガニスタン侵攻

1979年、ソ連が ブレジネフ  政権下で アフガニスタン  に侵攻しました。

レーガン政権のアメリカ

1981年、レーガンがアメリカ大統領に就任しました。

強いアメリカ

アメリカ大統領 レーガン  は、従来の対ソ外交を批判し、「強いアメリカ」を唱えました
レーガン政権下のアメリカは、社会主義政権を打倒するために、カリブ海の グレナダ  に侵攻しました。

小さな政府

アメリカ大統領 レーガン  は、減税政策を実施し 、「小さな政府」を目指す新自由主義を提唱しました。
インフレは抑制されましたが、不況は継続しました。

新自由主義の各国政権

 イギリス 
1979年、 保守  党からの初の女性首相 サッチャー  が内閣を組織
西ドイツ:
中道右派の首相コールが連立政権を樹立

社会主義体制の建て直し

1985年、ソ連書記長に ゴルバチョフ  が就任し、行き詰まった社会主義体制を次の政策で建て直そうとしました。

冷戦の終結

米ソの緊張は、次のことを背景に緩和に向かいました。
アメリカ:
軍縮によって財政赤字を削減
ソ連:
社会主義の行き詰まり
1987年、 中距離核戦力(INF)全廃条約  調印
アメリカ大統領 レーガン  とソ連書記長 ゴルバチョフ  との間で調印された、地上発射の核戦力の廃棄に関する条約
1989年、ソ連が ゴルバチョフ  政権下でアフガニスタンから撤退しました
1989年、 マルタ会談 
アメリカ大統領 ブッシュ  とソ連書記長ゴルバチョフが地中海のマルタ島で開催した会談で、冷戦の終結を宣言