途上国の民主化と独裁政権の動揺

概要
*****
表記について

途上国の民主化

ラテンアメリカの軍事独裁政権

1980年代、ラテンアメリカでは、開発独裁と呼ばれた軍事独裁政権が敗れ、選挙で選ばれた者に政権を移譲しました(民政移管)。

アルゼンチン

1982年、 フォークランド戦争   フォークランド紛争 
 アルゼンチン   イギリス との間にフォークランド諸島の領有をめぐって起きた戦争
1983年、戦争に敗れたアルゼンチンは民政移管しました。

ブラジル

1985年、ブラジルは民政移管しました。

チリ

1970年、 チリ   アジェンデ  が大統領となり、史上初の選挙による 社会主義政権を樹立しました。
1973年、 チリ   アジェンデ  政権が、 アメリカ  に支援された ピノチェト  らの軍事クーデタで倒されました
 ピノチェト   チリ  で軍事政権を樹立しましたが、1988年、民政移管しました。

アジアの軍事独裁政権

大韓民国

1980年、 光州事件 
朴正熙大統領の死後、 大韓民国  の光州で発生した民主化運動を軍が弾圧し、多数の死傷者を出した事件
1991年、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国が、国連に同時加盟しました
1992年、文民出身の 金泳三  が大統領になり、久々の文民政権が誕生しました。
文民
職業軍人でない者
1998年、 金大中  が大統領になり、民主化とともに、北朝鮮を訪問して 南北首脳会談  を実現しました。

台湾

1988年、 李登輝  が総統に就任し、民主化を推進しました。
2000年、 陳水扁  国民党に属さない 初の総統に選ばれました。

インドネシア

1998年、インドネシアでは、独裁体制の スハルト  が退陣し、民政移管しました。

インド

1990年代、国民会議派にかわって、インド人民党を中心とした政権が成立しました。
この政権は経済の自由化や外貨の導入を進めました。

アジアの社会主義国の変容

中国

改革開放と天安門事件

1977年の文化大革命終了の宣言後 鄧小平  は次のような経済の「改革開放」を進めました。
急な市場経済化は混乱を生み、学生・知識人などが、共産党の一党支配や民主化なしでの改革に不満を抱きました。
1989年、 天安門事件 
中国の 北京  で、大規模な民主化運動が政府に弾圧された事件
天安門
明・清代の宮殿であった紫禁城の城門

香港の返還

1997年、イギリスから 香港  が返還されました。
返還後の香港は、社会主義体制の中国のなかで資本主義の存在が認められる、一国二制度の下で統治されました。
一国二制度
香港同様に、16世紀に居住権を獲得した ポルトガル  が1999年に返還したマカオにも適用

中国内の自治区

中国内のチベット自治区や新疆ウイグル自治区では、漢民族の流入が増加した結果、民族対立が激化しました。
2008年にチベットで、2009年に新疆ウイグルで暴動が発生しました。

モンゴル

ソ連の社会主義圏に属したモンゴル人民共和国では、ソ連の解体と並行して、1990年に自由選挙が実行されました。
1992年、モンゴル人民共和国は社会主義を止め、国名をモンゴル国に変更しました。

ベトナム

南北統一後のベトナムは、南部の社会主義化の混乱とカンボジアへの介入で経済が低迷しました。
船で南部から脱出した人々「ボート=ピープル」が難民となり、ベトナムは国際的な批判を受けました。
1979年、 中越戦争 
カンボジア問題をめぐった、中華人民共和国と ベトナム  の戦争
ベトナムが中国の支援を受けたカンボジアに派兵したことで、中国がベトナム北部に侵入して開戦
1986年、 ベトナム  は市場経済を導入する ドイモイ  (刷新)政策を採用し、経済状況を好転させました。

カンボジア

1976年、 カンボジア  ではポル=ポト政権が実権を握り、閉鎖的な共産主義社会の建設を強行しました。
 ポル=ポト  政権は、自国民である カンボジア  の人々の大量虐殺をおこないました
 ポル=ポト  政権は、反ポル=ポト派を支援する形で、 ベトナム  の侵攻を招きました。
1979年、ベトナムの攻撃でポル=ポト政権は崩壊しました。
ベトナム占領下、ヘン=サムリンを首班とするカンボジア人民共和国が樹立されました。
親ベトナムのカンボジア人民共和国を認めない三派連合は、ゲリラ戦を展開しました。
ベトナムの占領は約10年間続き、1989年、ようやく軍が撤退されました。
1993年、シハヌークが再び国王になり、カンボジア王国を樹立しました。

朝鮮民主主義人民共和国

1991年、大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国が、国連に同時加盟しました