概要
東南アジアは、インドシナ半島などの大陸部と、インドネシアやフィリピンを含む島々からなる諸島部(島嶼部)で構成されます。これらの地域は、香辛料をはじめとする資源の豊かさゆえに、外の世界と交易でつながり、インドや中国、イスラームの影響をうけつつ独自の文明を築きました。
表記について

大陸部の国の形成

現在のベトナム周辺

前4世紀~

前4世紀、ベトナム北部を中心に独特の青銅器を生み出した ドンソン 文化が発展しました。
この文化を象徴する青銅器 銅鼓どうこ は、中国南部から東南アジアにわたる各地で発見されています。
銅鼓
銅鼓

2世紀

2世紀、チャム人が現在のベトナムの地に チャンパー(林邑) を建国しました。
この国はインド文化の影響を受けました。
チャンパー
チャンパー

11世紀~

ベトナム北部は、前漢時代以来中国に服属していた。
同地域で少しずつ独立の動きが強まりました。
11世紀、李公蘊りこううん 大越国 (李朝)を建国しました。
13世紀、大越国では陳氏が王位を奪い、新たな王朝 陳朝ちんちょう を築きました。
陳朝では、ベトナム語を書くために漢字を利用した 字喃  チュノム 
と呼ばれる文字が作られました。
同じ国でも王の家系に応じて「○○朝」「△△朝」と呼び分け

現在のカンボジア周辺

1世紀末~

1世紀末、クメール人が、メコン川下流域の現在のカンボジアの地に、東南アジア最古の国家 扶南ふなん を建国しました。
この国は、港 オケオ を中心にした港市国家で、海の道の中継地として繁栄しました。
オケオ
オケオとメコン川

6世紀

6世紀、クメール人がメコン川中流域に カンボジア (真臘)を建国し、 扶南 を滅ぼしました。
12世紀のアンコール朝の時代、ヒンドゥー寺院としてアンコール=ワットが造営されました。
アンコール=トム
カンボジアのアンコール朝の都城
アンコールワット
アンコール=ワット

現在のミャンマー周辺

11世紀

11世紀、ビルマ(ミャンマー)人が、 パガン朝 を建てました。
この国では、スリランカとの交流により 上座部(小乗) 仏教が広まりました。

現在のタイ周辺

7世紀~11世紀

7世紀、 モン 人がチャオプラヤ川下流に ドヴァーラヴァティー王国 を建国しました。

13世紀

13世紀、タイ人がチャオプラヤ川流域に、タイ人最古の王朝である スコータイ朝 を建国しました。
歴代の王の信仰もあり、 上座部(小乗) 仏教が広まりました。

諸島部(島嶼部)の国の形成

スマトラ島

7世紀

7世紀、シュリーヴィジャヤ王国(スリウィジャヤ王国)が成立しました。
この王国では、仏教が栄えました。
7世紀、 義浄 は、インドへの往復の途中滞在し、仏教が盛んな様子を記しています。
また、この王国では海上交易も栄え、 唐 に朝貢使節を派遣しました。
義浄-『南海寄帰内法伝』より
咸亨かんこう2年(671年)11月、広州(広東)から船に乗り、帆を挙げて南海に向かい、諸国を歴訪して西に向かった。咸亨4年(673年)2月8日、ようやく東インドの海口(ガンジス河口)に到着した。翌年の5月には、再び西に向かいナーランダに到着した。そして、仏教の聖跡すべてを歴訪した。

ジャワ島

8世紀

8世紀、仏教国のシャイレンドラ朝やヒンドゥー国の マタラム朝 が成立しました。
シャイレンドラ朝では、仏教寺院として ボロブドゥール ジャワ島に建設されました。
ジャワ島
ジャワ島
ボロブドゥール
ボロブドゥール