イスラーム世界の成立

概要
イスラームは、ユダヤ教・キリスト教と同じく一神教です。アラブ人のイスラーム教徒は、7世紀から約1世紀の間に東西にわたる大帝国ウマイヤ朝を築いていきます。ウマイヤ朝ではアラブ人と非アラブ人が区別され、非アラブ人はイスラームに改宗されても差別をうけました。
表記について

イスラーム世界の成立

アラビア半島と中継貿易

6世紀後半、東西を結ぶオアシスの道は、ササン朝とビザンツ帝国の争いで途絶えました。
また、紅海を通る貿易も同じ理由で途絶えました。
6世紀後半の西アジア
6世紀後半の西アジア
そのため、東西を行き来する各種商品は、アラビア半島を経由するようになりました。
都市メッカの商人が中継貿易を担って利益をあげました。

イスラームの成立

610年頃、商人出身の  ムハンマド は、唯一神 アッラー の言葉を預かり、預言者であると自覚しました。
以前から信仰されている多神教にかわり、一神教の イスラーム を唱えました。
イスラームは富の独占を批判したため、メッカの商人から迫害を受けました。
622年、ムハンマドは信者を率いて都市 メディナ に移住する ヒジュラ 聖遷せいせん)をおこないました。
メディナには、イスラーム教徒(ムスリム)の共同体 ウンマ が形作られました。
なお、イスラーム暦では、ヒジュラがおこなわれた年をイスラーム暦元年としています。
630年、ムハンマドはメッカを征服し、多神教の神殿であったカーバ神殿をイスラームの聖殿に定めました。
以降、アラビア半島のアラブ人にイスラームが広がっていき、諸部族の統一が実現されました。
カーバ神殿
 メッカ  にあるイスラームの聖殿
イスラームでは偶像崇拝を禁止するため、聖殿に定める際に神殿の像を全て破壊
アラブ人
ここでは「アラビア半島を原住地とする人々」の意

イスラーム世界の拡大

ムハンマドの死後(正統カリフ時代)

ムハンマドの死後、彼の義父アブー=バクルがイスラームの指導者 カリフ に選ばれました。
初代カリフのアブー=バクルから4代目のカリフの アリー まで、信徒の間から選ばれた指導者を  正統カリフ と呼びます。
4人の正統カリフの指導のもとで、征服活動ジハード(聖戦)が活発におこなわれ、非アラブ人との争いが続きました。
642年、 ニハーヴァンドの戦い 
イスラームの勢力が ササン朝ペルシア を破った戦い
この戦いの後、ササン朝ペルシアは滅亡
正統カリフの時代には、ビザンツ帝国から シリア  やエジプトを奪いました。
また、 イェルサレム  がイスラームの支配下に入りました。
イスラーム教徒はこれら征服地に移住し、軍営都市 ミスル を建設しました。

イスラーム世界の分裂

正統カリフ時代の征服活動は、イスラームに内部対立を招きました。
4代目カリフの アリー が暗殺され、661年、シリア総督のムアーウィアが ウマイヤ朝 を首都 ダマスクス に開きました。
カリフの地位は自称する形でムアーウィアに継がれ、ウマイヤ朝のもとでその地位は世襲制となりました。
 シーア派 
4代目カリフのアリーの子孫だけに指導者カリフの資格があるとする、イスラーム教徒の少数派
 スンナ派 
ウマイヤ朝をはじめとするイスラーム教徒の多数派

ウマイヤ朝の領土拡大

8世紀初め、東方では中央アジアのソグディアナやインド西部を征服しました。
また西方では、711年、イベリア半島の 西ゴート王国  を滅ぼしました。
 イベリア  半島を制圧した後、さらにピレネー山脈を越えて フランク王国  に侵入しました。
732年、 トゥール・ポワティエ間の戦い 
ウマイヤ朝がフランク王国の宮宰 カール=マルテル  に敗れ、ウマイヤ朝の勢力がピレネー山脈の南まで後退
イスラーム教徒と西ヨーロッパのキリスト教徒との戦いという側面あり

ウマイヤ朝の財政基盤

ウマイヤ朝の財政は次の2つを基盤としました。
これらの税は、イスラーム教徒のアラブ人に課せられず、被征服民(非アラブ人)のみ課せられました
被征服民はユダヤ教・キリスト教の信仰を認められましたが イスラームに改宗しても税を免除されませんでした
当初のイスラームはアラブ人主体であり、非アラブ人が差別されたため

イスラームの基礎知識

イスラームの教え

聖典

 コーラン 
ムハンマドが神から預かった言葉を、ムハンマドの死後に集成したもの

ユダヤ教・キリスト教との関係

ユダヤ教・キリスト教は、イスラームと同じ神を信じる宗教という位置づけ

その他イスラームの重要事項

一神教
他の神の存在はなく、ただ一つの神 アッラー を信仰すること
偶像崇拝の禁止
アッラーの像を絶対に作ってはならず、また、他宗教の神像も破壊
このため、カーバ神殿には以前の多神教の像もアッラーの像も存在しない
預言者
モーセもイエスも神の言葉を預かった預言者だが、最も優れた最後の 預言者はムハンマドであること
 六信 
イスラーム教徒(ムスリム)が信じるべき6つのこと
 五行 
イスラーム教徒(ムスリム)に求められる5つの行動規範
六信
五行