イスラームの王朝の分立

概要
非アラブ人を差別するウマイヤ朝の政策は、『コーラン』の教えに背くと次第に批判されました。かわりに成立したアッバース朝は、首都バグダードを中心に発展し、ハールーン=アッラシードの時代に最盛期を迎えました。しかし、彼の死後には徐々に力を失い、アッバース朝の君主以外にもカリフを自称する君主が現れました。
表記について

新たな王朝の形成

ウマイヤ朝とコーランの教え

『コーラン』は、全ての信者が平等だと説きます。
しかし、ウマイヤ朝の征服地では、非アラブ人はイスラームに改宗しても差別されました。
ウマイヤ朝の在り方は『コーラン』にそむくという批判が出てきました。

新たな王朝

ウマイヤ朝を批判する人々は、ムハンマドの叔父おじの子孫アッバース家の挙兵に参加しました。
750年、ウマイヤ朝は滅び、新たに アッバース朝 が開かれました。
アッバース朝は、ティグリス川の河畔に、 円状の首都 バクダード を造営しました。

アッバース朝の政策

アラブ人と非アラブ人

イスラーム教徒であれば、非アラブ人であっても人頭税(ジズヤ)は課せられませんでした。
また、征服地に土地をもつ場合には、アラブ人にも  地租  ハラージュ )が課せられました。
つまりアッバース朝では、アラブ人と非アラブ人との差別は、イスラーム教徒である限り廃止されました

政治

アッバース朝のカリフの政治は、イスラーム法(シャリーア)に基づき、実施されました。
イスラーム法
『コーラン』や預言者の伝承をもとに9世紀頃までに整えられた、生活の規範や政治の基本を示す法

知恵の館

アッバース朝の時代、「知恵の館」において多くのギリシア語文献がアラビア語に翻訳

奴隷身分出身の兵士

中央アジアの遊牧民トルコ人は、幼い頃から乗馬に親しみ、騎射に優れていました。
アッバース朝が中央アジアに進出すると、トルコ人は奴隷としてイスラーム世界に流入しました。
アッバース朝のカリフは、トルコ人の力を認め、奴隷身分出身の兵士 マムルーク  として用いました。

アッバース朝の最盛期とその後の衰退

アッバース朝は、5代目カリフ ハールーン=アッラシード の時代に最盛期を迎えました
ハールーン=アッラシードの死後、アッバース朝の領域から独立する王朝が現れました。
さらに、アッバース朝以外にもカリフの称号を用いる王朝が現れました。
具体的には、後述するファーティマ朝・後ウマイヤ朝の君主が使用し、同時代に3人のカリフが分立する状態となりました。

軍事政権への移行

946年、ブワイフ家がバグダードに入城し、アッバース朝のカリフから、軍司令官(アミール)のなかの第一人者を意味する大アミールに任じられました。
さらに、アッバース朝のカリフにかわってイスラーム法を施行する権限を与えられました。
アッバース朝のカリフは名目上存在するものの、実際の政権を担う ブワイフ朝 が成立しました。
ブワイフ朝は、俸給の代わりに部下の軍人に土地を分与し、土地の管理と徴税の権利を与えました。
ブワイフ朝が創始したこの制度を イクター制  と呼びます。
   

他の王朝の成立と3人のカリフ

シーア派の王朝

10世紀初め、シーア派の 一派が、 ファーティマ朝 北アフリカに 開きました。
969年、エジプトを征服し、ナイル川東岸に首都 カイロ  を造営しました。
ファーティマ朝の君主は、アッバース朝に対抗してカリフの称号を用いました
ファーティマ朝の時代、首都カイロに アズハル学院  が設けられ、イスラームの学問の中心となりました。
アズハル学院
イスラームの学者 ウラマー を養成する教育機関マドラサの代表例

ウマイヤ朝の後継

750年、ウマイヤ朝が滅亡すると、ウマイヤ家の一族がイベリア半島に逃れました。
756年、イベリア半島に 後ウマイヤ朝 を開き、同半島の コルドバ を首都としました。
後ウマイヤ朝の君主も、ファーティマ朝に対抗してカリフの称号を用いました。
この時点で同時代に3人のカリフが並び立つ状態

その他王朝

時代が前後しますが、次の2つの王朝なども存在しました。