宋(北宋)と南宋

概要
唐滅亡後の中国は、趙匡胤が建国した宋によって再び統一されました。宋は、唐末期から五代十国時代の節度使の台頭を招いた「武断政治」を改め、文人官僚を重用する「文治主義」を推進しました。この転換で皇帝の中央集権化が進みましたが、反面、文人官僚への俸給による国家財政の圧迫、北方民族に抗う軍事力の低下などの問題を生みました。これは金による華北の支配、宋の南渡に繋がりました。
表記について

宋の建国と南渡

宋の建国

960年、五代の後周の武将 趙匡胤ちょうきょういん  は、宋(北宋)を建国しました。
宋は、乱立していた中国各地の節度使を抑え、唐滅亡後の中国を再び統一しました。

文治主義

節度使の弱体化

宋(北宋)の趙匡胤は、文治主義をとり、学識ある文人官僚の登用を促進しました
節度使に欠員が出るたびに文官をあて、その兵力や財力を奪いました。
他方で皇帝の親衛軍を強化し、中央集権の確立に努めました。

科挙の整備

隋・唐の時代におこなわれた科挙を整備し、官吏登用のほぼ唯一の方法としました。
宋代以降、皇帝自らがおこなう 最終試験 殿試  が始まり、皇帝と官僚の結びつきが強化されました
科挙には特別の受験資格は必要なく、男性であれば階層を問わずに受けられました。
儒学・詩文を学べる新興地主層が、科挙の主な合格者を輩出して 形勢戸   官戸  )と言われ、貴族にかわり勢力を伸ばしました。

北方民族からの圧迫

宋は、契丹・西夏など北方民族の圧迫を受けました。
北方民族への防衛費の増大は、国家財政の窮乏を招きました。
11世紀後半の皇帝 神宗しんそう  は、王安石を宰相に抜擢しました。
宋の 王安石  は、 新法  と呼ばれる富国強兵の改革をおこないました。
新法は、次の諸法で農民や中小商工業者の生活を守り(=地主や大商人の利益を抑え )、国家財政の再建を目指しました。
急激な改革に反発する官僚も多く、王安石ら新法党と、新法に反対する 司馬光しばこう らの一派 旧法党  が対立しました。
新法党と旧法党の対立によって、宋は国力を弱めました。

金の南下

1126~27年、 靖康の変 
12世紀初め、宋は金によって都の 開封  を占領され、 華北  を喪失
金は宋の上皇(前皇帝)徽宗きそうと皇帝欽宗きんそうを連行
欽宗の弟高宗が江南に逃れて宋を再建し(南宋を建国し)、 臨安  (現在の 杭州  )に都を置きました。
金に対する政策をめぐり、次の2派が争いました。
和平派の主張が採用され、淮河以北を金、以南を南宋としました。
また、宋は金に対して臣下の礼をとり、毎年銀・絹を送りました。

宋の社会と経済

開封-宋の都

趙匡胤によって建国された宋(北宋)の都である 開封  は、黄河と大運河が合流する交通の要衝に位置します
水路という利点を活かし、中国各地を結び付ける中枢として機能しました。
宋(北宋)は、金によって都の開封を占領されました。
清明上河図
『清明上河図』で描かれた開封

商業

唐代末期以降、都市の城壁外や地方農村には、 草市そうし  と呼ばれる交易場が成立しました。
宋代の同業者組合には、商人組合の 行  、手工業者組合の作がありました。

貨幣経済

銅銭、金・銀の地金じがねが貨幣として用いられました
加えて、民間の手形である 交子こうし   会子かいし  が発達し、紙幣として流通するようになりました
地金
金属を一定の形で固めた塊
宋代では、形勢戸・官戸と呼ばれる新興地主層の大土地所有が進みました。
彼らのもとで 佃戸でんこ  と呼ばれる小作農が耕作に従事しました。
地主と佃戸の関係は、土地の貸借関係から隷属的関係まで様々でした。

江南の開発

南宋が建国されると江南の開発が進みました。
水はけの悪い低湿地が多かった長江下流域には、堤防で土地を囲んで干拓した囲田が造成されました。
開発された長江流域で、日照りに強い早稲種の 占城稲  が栽培されました。
結果、宋代には長江下流域は生産力が大いに高まり、中国経済の中心地となりました

宋代に長江下流域が穀倉地帯として発達し、蘇湖そこ江浙こうせつ)熟すれば天下足る」と称されるようになりました
蘇州・湖州一帯を蘇湖、江蘇・浙江一帯を江浙、湖北・湖南一帯を湖広と呼称
明代に穀倉地帯は長江中流域に移り、「 湖広ここう  熟すれば天下足る」と表現

茶の栽培

宋代に江南で 茶  が広く栽培されるようになりました。