モンゴル帝国の拡大と影響

概要
13世紀初頭にチンギス=ハンが建国したモンゴル帝国は、破竹の勢いで勢力を拡大し、ユーラシア大陸の東西を支配していきました。モンゴル帝国は、極東や東南アジアにも勢力を広げようと、日本などに遠征しました。また、交通路を整備したため、東西交流が盛んにおこなわれました。ヨーロッパ諸国からは、恐れられる一方で、イスラーム勢力を打倒できると期待され、使者が派遣されました。
表記について

モンゴル帝国

12世紀、遼が滅亡すると、モンゴル高原では分裂の動きが一時期強まりました。
モンゴル部族出身のテムジンは、諸部族を支配下に収め、1206年、遊牧民の集会 クリルタイ  で遊牧民の君主を意味する ハン  の位につきました。
ハンの位についたテムジンは、 チンギス=ハン と号し、 モンゴル帝国  (大モンゴル国)を建てました。
クリルタイ
モンゴル帝国のハンは、この集会で選出される仕組み
ハン
便宜上、以降の内容では皇帝を指す意味で「大ハン」、その他王族を指す意味で「ハン」を使用
チンギス=ハン
チンギス=ハン
クリルタイ
クリルタイで即位するテムジン(チンギス=ハン)

領域の拡大

チンギス=ハン

チンギス=ハンは、全遊牧民を1000戸単位に編成した軍事・行政組織 千戸制  を創始しました。
チンギス=ハンは、中央アジアのナイマンや ホラズム朝   ホラズム=シャー朝 )を滅ぼし、西北インドに侵入しました。

オゴタイ

チンギス=ハンの死後、子 オゴタイ は兄弟・一族たちとの争いに勝利し、1260年、大ハンの位につきました。
オゴタイは、金を滅ぼして華北を領有し、また、モンゴル高原の カラコルム  に都を建設しました。

バトゥ

13世紀、チンギス=ハンの孫 バトゥ  が、 ロシア  を征服しました 。
さらにバトゥはヨーロッパに侵入しました。
1241年、 ワールシュタットの戦い 
バトゥがドイツ・ポーランド連合軍を破り、ヨーロッパ諸国を脅かした戦い

フラグ

1258年、チンギス=ハンの孫 フラグ  は、バグダードを攻略し、 アッバース朝  を滅ぼしました。

チンギス=ハンの子孫の地方政権

13世紀半ばまでに広がったモンゴルの支配領域に、チンギス=ハンの子孫たちが、次の地方政権をつくりました。
モンゴル帝国は、これら地方政権が、大ハンのもとに連合するという形をとりました。
しかし、大ハンの位をめぐる争いも時に生じました。
1266~1701年、 ハイドゥの乱 
ハイドゥが、モンゴル帝国でフビライ=ハンの大ハン即位に反対して起こした反乱
モンゴル帝国の図解
モンゴル帝国の図解

モンゴル帝国-フビライ=ハンの治世

元の成立

1260年、 フビライ  が第5代の大ハンに即位し、都を現在の 北京  である 大都  に移しました。
1271年、フビライは国号を中国風の 元  (大元ウルス)と定めました。
1276年、元は南宋を滅ぼし、中国全土を支配しました。
フビライ=ハン
フビライ=ハン

元の遠征

元はモンゴル高原と中国を領有し、また、チベット・高麗を属国としました。
元は交易圏拡大を目指し、 パガン朝  が支配するビルマ(ミャンマー)に進出しました。
一方、ヴェトナム(大越)にも出兵しましたが、 陳朝  により撃退されました。
他地域にも遠征軍を送りましたが、ジャワ・日本を属国にできませんでした
モンゴル軍との戦争後、ビルマではパガン朝が滅亡

元の中国統治

元の支配下では、モンゴル人 第一主義が採られ、次いで西域出身の色目人が重用され、漢人(中国人)が蔑視されました
これに伴い、科挙はほとんど重視・実施されず 、士大夫は官僚になる道を事実上閉ざされました。

元の交易

陸上交易

元は、幹線道路に沿って馬を乗り継ぐ駅を設ける、 ジャムチ  と呼ばれる 駅伝制  を施行しました。
結果、東アジアからヨーロッパにいたる陸上交易が発達しました。

海上交易

中国の杭州・泉州・杭州などの港市が繁栄しました。

貨幣

貨幣として銅銭・金・銀が用いられました。
フビライ=ハンが 交鈔こうしょう  と呼ばれる紙幣を発行し、元の主要な通貨となりました。
銅銭
使用されなくなった銅銭が日本に流出し、その貨幣経済の発達を促進

文字

モンゴル帝国内では漢語からトルコ語・ラテン語まで様々な言語が用いられました。
 フビライ=ハン  の命令で、チベット仏教僧 パスパが公用文字 パスパ文字  を作成し、元でのモンゴル語の表記に用いられました。
パスパ文字は後に廃れ、モンゴル語はウイグル文字で表記

文化

元曲

元代に完成した古典演劇(戯曲) 元曲  が、庶民に愛好されて盛んになりました。
元曲の代表作として、『 西廂記  』『 琵琶記  』などが作られました。

小説

 水滸伝  』などの大長編小説の原型が著されました。

モンゴル帝国の解体

14世紀、モンゴル帝国内で内紛が生じました。
チャガタイ=ハン国でティムールが勢力を伸ばし、イラン・イラクまで領土を広げました。
キプチャク=ハン国ではモスクワ大公国が勢力を伸ばしました
元の末期、宮中での権力闘争や経済政策の失敗が続き、各地で民衆が蜂起しました。
1351~66年、 紅巾の乱 
宗教結社 白蓮教  を主体とした農民反乱
1368年、紅巾の乱の中から台頭した朱元璋が、明を建国しました。
同年、元は明軍に大都を奪われ、モンゴル高原まで退きました。

モンゴル帝国の東西交流

東方への関心

イスラーム勢力と争っていた西ヨーロッパで、東方でその勢力を抑えるモンゴル帝国に関心がもたれました。
また、1241年にモンゴル軍がポーランド・ドイツ連合軍を破ると、攻撃中止の交渉と敵情視察が必要になりました。

公的な訪問

ローマ教皇によって プラノ=カルピニ  が、フランス王 ルイ9世  によってルブルックが、モンゴル帝国に派遣されました。

商業的な訪問

 ヴェネツィア  の商人マルコ=ポーロが元の大都を訪れ、フビライ=ハンに仕えました。
マルコの見聞をまとめた『 世界の記述   東方見聞録 )』はヨーロッパで反響を呼びました。

イスラーム化

キプチャク=ハン国やイル=ハン国の君主は、イスラームに改宗し、イスラム教を保護しました
次第に中国本土でもイスラームが広がりました。
この動きとともにイスラームの学問・文化も流入しました。

天文学

中国の 元  の時代に、 フビライ=ハン  の命で、 郭守敬  イスラームの天文学の影響を受けて  授時暦  を作りました。
元代の授時暦は、江戸時代の日本の貞享暦の基礎となりました。

キリスト教の布教

初期のイル=ハン国は、キリスト教のネストリウス派を保護し、ヨーロッパ諸国やローマ教皇庁と交流しました。
13世紀末、 モンテ=コルヴィノ  がフビライの時代の大都(北京)を訪れ、カトリックの布教に努めました。

モンゴル帝国内の文化交流

元からイル=ハン国に伝わった中国絵画が、細密画(ミニアチュール)に影響を与えました