ヨーロッパ諸国の動向

概要
*****
表記について

ハプスブルク家とスペイン

ハプスブルク家とフランス王家の対立

15世紀末以降、教皇領と小国家に分裂していたイタリア半島は、主要な争いの舞台になりました。
1494~1559年、イタリア戦争
イタリア支配をめぐる神聖ローマ帝国皇帝とフランス王の戦い
1559年、カトー=カンブレジ条約
イタリア戦争の講和条約で、フランスがイタリア進出を断念
イタリア戦争終結後も、18世紀半ばまでハプスブルク家とフランス王家の対立は、重要な対立軸となりました。

スペインの最盛期

15世紀、オーストリアのハプスブルク家は、ネーデルランドを婚姻関係で獲得しました。
ハプスブルク家は、さらにスペイン王位も継承しました。

カルロス1世(カール5世)の治世

1519年、ハプスブルク家出身のスペイン王 カルロス1世  が、神聖ローマ帝国皇帝 カール5世  に選出されました。
カルロス1世は、神聖ローマ帝国皇帝の立場上、次の出来事の対応に追われました。
カルロス1世の治世下、コルテスのアステカ王国征服、ピサロのインカ帝国征服がおこなわれました。
しかし、ラテンアメリカで獲得した銀も戦争と宮廷の維持に使われ、国を豊かにできませんでした。
1556年、カルロス1世が退位すると、ハプスブルク家はスペイン系とオーストリア系にわかれました。

フェリペ2世の治世

1556年、スペイン系の フェリペ2世 がスペイン王になりました。
フェリペ2世の治世下、スペインは次の出来事で最盛期を迎えました
オランダ・イギリスなど貿易面でも押され、スペインの国力は低下していきました。

オランダの独立と興隆

オランダ独立戦争

ネーデルラントは中世以来商工業が盛んで、16世紀には カルヴァン  派の信仰が広まりました。
スペイン王 フェリペ2世  は、支配下のネーデルラントに、 カトリック   旧教  )を強制しました。
1568年、ネーデルラントの諸州が、自治権の没収に対して反乱しました。
1568~1609年、オランダ独立戦争
1579年、ネーデルラント北部7州が ユトレヒト同盟  を結成し、 スペイン  に抵抗しました。
1581年、北部7州がネーデルラント連邦共和国(オランダ)として独立を宣言しました。
オランダ
ネーデルラント連邦共和国の中心ホラント州に由来
独立宣言後、オラニエ公ウィレムが初代総督に就任
イギリスのエリザベス1世は、独立を宣言したユトレヒト同盟を支援
1609年、オランダ独立戦争は休戦条約で終結し、オランダが事実上の独立を獲得しました
1648年、ウェストファリア条約で独立を国際的に承認

オランダの興隆

オランダは造船技術を武器に、バルト海貿易を掌握し、富を蓄えました。
17世紀初め、オランダは 東インド会社  を設立し、香辛料貿易の独占を目指しました。
17世紀 、オランダのアムステルダムが、国際金融の中心地として栄えました。

イギリスの海外進出

イギリスの王政と議会

イギリスの王権はテューダー朝のもとで強化されました。
しかし国王は、議会においてジェントリ(郷紳)の協力が必要でした。
例えば、宗教改革も議会立法を通じて達成されています。

エリザベス1世の治世

イギリス国教会の確立

1559年、エリザベス1世は 統一法  を制定して礼拝の統一を図り、イギリス国教会を確立しました。

オランダの独立支援

エリザベス1世は、スペイン弱体化を目的に、独立を宣言したユトレヒト同盟を支援しました。
1588年、イギリスはスペインの 無敵艦隊  勝利しました
ドレーク
1577~80年に世界周航を達成し、無敵艦隊との戦いで活躍した航海者

東インド会社の設立

16世紀前後 牧羊のために 、地主が農民から農地を取り上げて生垣や塀で囲む 第1次囲い込み  が進みました。
結果、エリザベス1世の時代に毛織物工業が繁栄しました
これを背景に、1600年、 東インド会社  が設立され、積極的な海外進出が開始されました。

フランスの宗教内乱

ユグノー戦争

百年戦争の結果、フランスは国内のイギリス領をほぼ一掃し、中央集権化を進めました。
16世紀半ば、フランスのカルヴァン派はユグノーと呼ばれ、無視できない勢力になりました。
1562~98年、 ユグノー戦争 
フランスで新旧両教徒の対立が激化し、内乱が発生
戦争中の1572年、 サン=バルテルミの虐殺  で、旧教派が多数のユグノーを殺害

絶対王政の確立

アンリ4世の治世

1589年、 アンリ4世  が王位につき、 ブルボン朝  を開きました。
新教徒のアンリ4世は、旧教に改宗することで宗教的対立の解決を図りました。
1598年、 ナントの王令   ナントの勅令 
 アンリ4世  が発布し、フランスのカルヴァン派(ユグノー)に信仰の自由を許可
ユグノー戦争が急速に収束
1604年、アンリ4世は 東インド会社  を創設しました。
しかし、東インド会社は経営に失敗して解散しました。
1664年、ルイ14世の親政でコルベールが再建

ルイ13世の治世

ルイ13世の宰相 リシュリュー  は、王権の強化に努め、また三十年戦争に干渉しました。
三十年戦争において、リシュリューはプロテスタント陣営を支援し 、ハプスブルク家に対抗しました。
アカデミー=フランセーズ(フランス学士院)
宰相 リシュリュー  が創設した文学の学士院