フランス絶対王政

表記について
概要
17世紀半ば以降、フランスは国王ルイ14世のもとで絶対王政を確立するとともに、国内の富を増大させる重商主義政策を推進しました。立憲王政に進んだイギリスとは異なる道筋ですが、急成長するオランダなどを追って、国の体勢を整えていきました。

フランス絶対王政の全盛期

ルイ14世の治世

1643年、フランス国王ルイ14世が幼くして即位しました。
リシュリューの後を継いだ宰相マザランが、中央集権化を進めました。
1661年、宰相マザランの死後、ルイ14世が親政を開始しました。
ルイ14世は強権をふるって「太陽王」と呼ばれました。
「朕は国家なり」
ルイ14世の言葉とされ、国王と国家の利害を同一とする国家観を表現

親政開始前の出来事

親政開始後の出来事

政策
条約・戦争

国内産業の発展阻害

ルイ14世は、財務総監にコルベール を登用し、重商主義政策を進めました。
しかし、重商主義政策で得られた富は、ルイ14世の宮廷生活と戦争で浪費されました。
1685年、ルイ14世はカトリックを重視し、ナントの王令 ナントの勅令)を廃止しました。
このため、多くのユグノー が国外に亡命し、国内産業に打撃を与えました。

スペイン継承戦争

1659年、ピレネー条約
フランスとスペインの講和条約で、ブルボン家のルイ14世とスペイン王女の婚姻を約束
1700年、スペインのハプスブルク家が断絶しました。
ルイ14世は、自身とスペイン王女の孫フェリペ5世のスペイン王位継承権を主張しました。
オーストリアのハプスブルク家は、ブルボン家の王位継承に反対しました。
1701~13年、スペイン継承戦争
フランスのルイ14世が、オーストリア・オランダ・イギリス を敵として争った戦争
1713年、ユトレヒト条約
スペイン継承戦争の講和条約
ブルボン 家のスペイン王位継承を承認
フランス・スペイン両国の合同禁止
イギリス が、スペインから大西洋・地中海の境に位置するジブラルタル を、フランスからニューファンドランドを獲得

ルイ15世の治世

1715年、ルイ14世の曾孫ルイ15世が王位につきました。
ルイ15世の治世下、外国貿易が急増しました。