1848年革命

概要
ナポレオン戦争後の政治体制は、オーストリア外相メッテルニヒを中心に各国の指導者が列席するウィーン会議で協議されました。しかし、同会議で成立した保守的な体制は人々の不満を買い、各地で自由を求める運動が起きました。1830年にフランスで起こった七月革命は、そうした動きの代表例であり、隣国にも影響を及ぼしました。1848年の二月革命はさらに大きな影響をヨーロッパ中に及ぼし、「諸国民の春」と呼ばれる革命の嵐に発展しました。
表記について

二月革命

革命の背景

19世紀前半、イギリス以外の国でも改革が進みました。
古い社会的規則が消える一方で、未成熟な産業社会は、貧しい人々に十分な雇用機会を提供できませんでした。
人口増加も加わり、「大衆貧困」と呼ばれる社会問題が生じました。
1840年代後半、大衆貧困に凶作・不況が加わり、西欧各地で革命の気運が高まりました。

二月革命

七月革命後のフランスでは、一部の富裕層に富が集中しました。
また、多額納税者のみに選挙権を与える制限選挙が採られました。
このため、民衆は選挙拡大を求める運動を起こしました。
1848年、 二月革命 
国王 ルイ=フィリップ  が亡命し、共和政の  臨時政府  第二共和政  )が樹立

第二共和政

臨時政府(第二共和政)には、労働者代表や社会主義者 ルイ=ブラン  が参加しました。
臨時政府は、 ルイ=ブラン  の提案により失業者救済のための 国立作業場  を設置しました。
しかし、人々は急進的な政策を嫌い、1848年の男性普通選挙で社会主義者は大敗しました。
社会主義政権は誕生せず、既存の秩序維持を掲げる政権が誕生しました。
1848年、 六月蜂起 
財政負担を理由にした国立作業場の閉鎖に不満をもつ労働者が  パリ  で蜂起
1848年、第二共和政下の大統領選挙でナポレオン1世のおい ルイ=ナポレオン  が当選しました。

第二帝政

1851年、ルイ=ナポレオンは、クーデタを起こして独裁権を握りました。
1852年、ルイ=ナポレオンは国民投票で皇帝 ナポレオン3世 となり、 第二帝政 が樹立しました。

ウィーン体制の崩壊

三月革命とドイツ統一の気運

1848年、 三月革命 
二月革命の影響で、オーストリア・プロイセンなどドイツ連邦各地で起こった革命
オーストリアではウィーン体制の推進者 メッテルニヒ  が失脚、プロイセンでは自由主義内閣が成立
1848~49年、 フランクフルト国民議会 
三月革命を受け、ドイツ統一の構想などが話し合われたドイツ最初の全国的議会
オーストリアを除外した、プロイセン中心のドイツ統一 という 小ドイツ主義  を採択
統一ドイツの皇帝にプロイセン国王を推薦
大ドイツ主義
オーストリアを含め、オーストリア中心のドイツ統一

三月革命後の各国の動き

プロイセン

プロイセン国王は国民議会の提案と皇帝位を拒絶しました。
1850年、プロイセン国王は立憲君主制に基づく欽定憲法を発布しました。

オーストリア

三月革命の影響は、 オーストリア  支配下のベーメン(ボヘミア)・ハンガリー・北イタリアに波及し 、独立を目指す民族運動が起こりました。
例えば、 ハンガリー  では、 コシュート   コッシュート )が独立を目指す運動を指導しました。
オーストリアは、民族運動や国内の自由主義的動きを武力で抑え、革命を許さない新絶対主義を成立させました。

ウィーン体制の崩壊

フランスでの二月革命後、ドイツ連邦での三月革命でウィーン体制を象徴する人物 メッテルニヒ が失脚、その後にオーストリアからの独立を目指す民族運動が起きました。
ウィーン体制の終わりを告げた、二月革命からの一連の動きを 1848年革命   諸国民の春 )と総称します。