北欧と国際的運動の動向

概要
*****
表記について

北欧の動向

スウェーデン

1700~21年、 北方戦争 
ロシアのピョートル1世が スウェーデン  に勝利し、 バルト  海への出口を確保した戦争
ピョートル1世は戦争中にバルト海沿岸に首都 ペテルブルク  を建設
ナポレオン戦争中、スウェーデンは北ドイツの領土を失いました。
1809年、スウェーデン領であったフィンランドがロシアに割譲されました。

ノルウェー

ウィーン会議の結果、ノルウェーは スウェーデン  領になりました。
しかし、ノルウェー独自の憲法は保持されました。
第一次世界大戦前、ノルウェーはスウェーデンから独立しました。

デンマーク

1864年、デンマーク戦争
プロイセンと オーストリア  が、シュレスヴィヒ・ホルシュタインをめぐって デンマーク  と開戦
勝利した プロイセン  がシュレスヴィヒを、オーストリアがホルシュタインを獲得

国際的運動の動向

社会主義の国際的組織

19世紀後半、工業の発展徒とともに労働運動が国際的に展開しました。
1864年、 マルクス  やバクーニンらは、 第1インターナショナル   国際労働者協会 )を ロンドン  で結成しました。
第1インターナショナルは、社会主義者の国際的協力を促しました。
第1インターナショナル内部で、マルクスとバクーニンら無政府主義者の対立が深刻化しました。
パリ=コミューン後の1876年、第1インターナショナルは解散しました。

その他国際的機関

戦争犠牲者支援

1864年、クリミア戦争で看護に従事したナイティンゲールの活動に刺激され、 国際赤十字社  が結成されました。

オリンピック大会

1896年(第一次世界大戦 )、国際オリンピック大会がアテネで開催されました。