清と日本の近代化

概要
*****
表記について

清の動乱と近代化

各地の動乱

アヘン戦争後、清には重税による窮乏化と王朝の統治への不安が広がりました。
様々な宗教結社が生まれ、清の民衆の生活を守ろうと動きました。
「反清復明」を掲げる政治的な結社も存在
例えば、キリストの弟と称する 洪秀全  は、上帝会(拝上帝会)という宗教結社を組織しました。
上帝会は、儒教を攻撃し、また、民間信仰の偶像を破壊したため、弾圧を受けました。
上帝
ヤハウェを意味し、上帝会の信仰の対象
1851〜64年、太平天国の乱
 洪秀全  が上帝会を母体に太平天国という国を樹立して挙兵
1853年、太平天国は占領した南京を 天京てんけい  と改称して首都と設定
太平天国は「 滅満興漢  」を掲げ、次の政策を主張
  • 男女の平等
  • 辮髪べんぱつの廃止
  • 纏足てんそくの廃止
  • アヘン吸飲
  • 土地を均分する  天朝田畝てんちょうでんぽ制度  の導入
 曾国藩そうこくはん   李鴻章りこうしょう  など清の地方官僚が次の義勇軍( 郷勇  )を組織し、反乱鎮圧に活躍
  • 曾国藩:しょう
  • 李鴻章:わい
北京条約の締結後、欧米諸国は清の援護に転じ、ウォード・ ゴードン  など外国人がを指揮官とする  常勝軍  が鎮圧に協力
滅満興漢
満州族の清を打倒し、漢民族の国を興すという意味
 長髪賊 
清側からの太平天国の呼称で、太平天国が満州族の辮髪を嫌って長髪にした ため
太平天国の乱は、清の中央官僚や正規軍の無力さを明らかにしました。
結果、鎮圧に貢献した漢人の地方官僚が台頭しました。

伝統を維持した近代化

太平天国の乱後、清は一時的に国内の秩序を取り戻しました。
同治帝の治世でのこの安定期を「同治の中興」と呼びます。
 同治の中興  に、 曾国藩   李鴻章  ・左宗棠 など太平天国の鎮圧を機に台頭した漢人官僚が 、西洋の技術のみを導入した近代化の推進 洋務運動  を始めました。
この運動は、中国伝統の思想・制度を根幹(体)に据えて変えず、西洋の技術を運用する 中体西用  の立場をとりました。
清の法・制度は変わらず /span>、日本の近代化と差が生じることになりました。

日本の開国と明治維新

開国

1853年、アメリカ海軍軍人ペリーが浦賀に来航し、これを契機に日本は開国に向かいました。
開国の是非をめぐる争いと倒幕運動を経て、1868年、天皇親政の明治政府が成立しました。

西洋に倣った近代化

日本の明治政府は、思想・制度を含めて、西洋に倣った近代化を目指しました。
この目標は、ドイツ憲法を手本とした大日本帝国憲法の発布をもって、ひとまず達成されました。

国境の画定

ロシアとの国境

1875年、 樺太からふと千島ちしま 交換条約 
日本とロシアが結んだ国境画定条約
ロシアが樺太全島を領有、日本が千島列島全島を領有

琉球王国の帰属

17世紀初め、琉球王国は日本の薩摩藩の大名島津氏に服属しました。
琉球王国は中国への朝貢を続け 、日本と中国の両方に服属する状態となりました。
1874年、 台湾出兵 
1871年、琉球王国の漂流民の殺害事件を理由に 、明治政府は「琉球民は日本国民」と主張して、台湾に軍を出兵した出来事
清は、イギリスの調停もあって、日本の出兵を正当な行動と容認
この一件で、新政府は「琉球王国が日本に属すと示す事実」ができたと確信しました。
1879年、明治政府は琉球王国を 沖縄県  として編入しました。