中国分割と日露戦争

概要
*****
表記について

中国分割

遼東半島返還の見返り

1895年、 三国干渉 
 ドイツ   フランス   ロシア  が、日本に遼東半島を清へ返還するように勧告した事件
1896年、返還に貢献したことの見返りに、 ロシア  は清から東清鉄道の敷設権を得ました。
東清鉄道
1898~1903年にロシアが満州に敷設した鉄道

半植民地化

日清戦争後、清は賠償金の支払いのために、西欧諸国からの借款(政府間の資金貸与)に頼りました。
19世紀後半、西欧諸国は借款の担保に、中国各地を租借(一定期間の領土借用)しました。

諸国の租借地

 ドイツ  :山東半島の膠州湾
 ロシア  :遼東半島の旅順・大連
 イギリス  :山東半島の威海衛、九竜半島
 フランス  :広州湾

中国進出に遅れたアメリカ

アメリカ合衆国は、西欧諸国に比べて中国進出に遅れました。
1899年、国務長官 ジョン=ヘイ  は、中国市場へ割り込むために次の3原則を提唱し、他国を牽制しました。

清の改革と再度の失敗

日清戦争の敗北を受け止め、清で 康有為  が日本の明治維新をモデルとした改革 変法運動   変法自強運動 )を進めました。
康有為は、変法運動を通して立憲君主制を目指しました。
1898年、康有為は光緒帝を説得し、戊戌の変法を断行させました。
1898年、 戊戌の政変 
改革に反対する保守派が 西太后  と結んで起こしたクーデタ
光緒帝の幽閉、康有為・梁啓超の失脚で変法運動は失敗

排外運動の激化

1860年、 北京条約 
天津条約に追加された、アロー戦争のもう一つの講和条約
 天津  (長江河口)・ 漢口  (長江中流)など11港の開港
外国公使の北京駐在の承認
③外国人の中国内地の旅行の承認
キリスト教布教の自由の承認
 イギリス  への九竜半島南部の割譲
⑥ロシアへのウスリー江以東( 沿海州  )の割譲
ロシアはアロー戦争の調停を機会に 沿海州  を取得
条約で認められたことで、多くの宣教師が清の内地に入りました。
時に強引な宣教師の布教活動は、各地で反キリスト教運動 仇教運動  を招きました。
最も強く反発した宗教的武術 義和団  は、「 扶清滅洋  (清政府を助け、外国を滅ぼす)」を唱えて教会を襲いました。

義和団事件と半植民地化の加速

1900~01年、 義和団事件 
山東省で 勃発して各地に広がった義和団の外国人排斥運動
西太后ら保守派は義和団を支持して諸外国に宣戦布告したが、イギリス日本 など8ヵ国の連合軍に敗北
 ロシア  は東清鉄道保護を名目に満州に出兵し、事件後も撤兵せずに駐留
1901年、 北京議定書 
義和団事件後、清が出兵した8ヵ国と結んだ協約
公使館護衛のために外国軍隊の北京駐兵を承認

日露戦争

強まるロシアの脅威

朝鮮の独立と親露派の政権

1895年の下関条約で、朝鮮は清から独立しました。
三国干渉で日本を弱体と見た朝鮮では、親露派が台頭して政権を樹立しました。
1897年、親露派の政権は朝鮮が独立国と示すために、国号を 大韓帝国  と改めました。

満州の占領

 ロシア  は、1900~01年の義和団事件に乗じて満州を事実上占領しました。

同盟の結成

イギリス・アメリカ合衆国は、ロシアの南下を警戒しました。
しかし、1900年代初頭のイギリスは南アフリカ戦争に追われ、余裕がありませんでした。
1902年、 日英同盟 
 ロシア  の東アジア進出に対抗した日本とイギリスの同盟

開戦

1904~05年、 日露戦争 
満州(中国東北)と朝鮮の支配をめぐった日本とロシアの戦争
対ロシアの強硬方針に傾いた日本がロシアに宣戦して開戦
日本は長期戦に耐える経済力がなく、ロシアは戦中に 血の日曜日事件  とそれに始まる第1次ロシア革命(第一革命)が勃発
1905年、 ポーツマス条約 
日露戦争の講和条約
 アメリカ  (大統領: セオドア=ローズヴェルト  )が調停
①日本がロシアの租借地の大連・旅順を獲得
日本の大韓帝国(朝鮮)に対する指導権(優越権)を承認
③日本が南満州の東清鉄道の利権を獲得
④日本が樺太南半の 領有権を獲得
日本は南満州の鉄道経営のために南満州鉄道株式会社を設立

戦後の関係改善

日露戦争後、ロシアは東アジアでの南下政策を諦め、バルカン半島での南下政策を始めました。
ロシアの方針転換は、日本・イギリスとの関係を改善し、次の協約が実現しました。