辛亥革命と韓国併合

概要
*****
表記について

辛亥革命

義和団事件後の改革

1900~01年の義和団事件後、清は次の改革をおこないました。
上記の改革は、増税と中央集権的な性格のために、民衆の反発を招きました。

革命運動の始まり

19世紀末~20世紀初頭、華僑や留学した漢人は、満州人の清の打倒を目指す運動を起こしました。
1894年、漢人の 孫文 は、華僑を中心とした政治的結社 興中会  を組織しました。
1905年、 孫文  は革命を目指す諸団体の結集を図り、 中国同盟会  東京で 組織しました。
 孫文  は、次の3つを内容とする 三民主義三民主義  を掲げ、革命運動を指導しました。

鉄道国有化と革命の勃発

1911年、清は民間鉄道を国有化し、この鉄道を西欧諸国からの借款の担保にしようとしました。
資本家や地方有力者は、一方的な鉄道国有令に反対し、 四川  で暴動が発生しました。
1911~12年、 辛亥革命 
四川の暴動の鎮圧を命じられた軍隊が、革命派側に立って 武昌  で蜂起
孫文が革命派から臨時大統領に選ばれ、中国史上で最初の共和国 中華民国  の建国を 南京  で宣言
清の軍人 袁世凱  は、革命派と取引し、清の皇帝 宣統帝   溥儀 )を退位させ(=清の滅亡)、孫文から譲り受けた 臨時大統領  に就任
武昌
武昌

袁世凱の独裁と軍閥の割拠

中華民国では、臨時大総統の袁世凱と、袁世凱の独裁に反発する孫文らの中国国民党が対立しました。
袁世凱は反発を鎮圧して正式な大総統となり 、やがて帝政復活(皇位への即位)を試みました
しかし、試みは失敗し、1916年に袁世凱は病死しました。
中国国民党
1919年、孫文が組織した秘密結社中国革命党を改称した政党
袁世凱の死後、袁世凱に抑えられていた有力軍人 軍閥ぐんばつ が、各地で抗争を始めました。
中華民国の統制は失われ、政府の実権を争奪する内戦状態になりました。

中国周辺部の独立

1911~1912年の辛亥革命は、中国周辺部の独立の気運を高めました。

外モンゴル

1911年の辛亥革命の際に 、外モンゴルは独立を宣言しました。
1924年、ソヴィエト連邦以外の唯一の社会主義国であるモンゴル人民共和国が成立しました。

チベット

1913年、ダライ=ラマ13世がチベットの独立を主張しました。

韓国併合

保護権の確立

20世紀初頭、日本の産業は原料輸入・製品輸出で大陸と強く結びつきました。
日露戦争後、日本は大陸への進出を目指すようになりました。
1904~07年、第1~3次 日韓協約 
日本の韓国(大韓帝国)に対する保護権確立のため、日本と韓国との間で締結された協約
韓国の漢城(ソウル)に設置された日本の統監府が、韓国の外交を監督し、実質的支配

保護国化への抵抗

日本による保護権確立に対して、韓国では次の抵抗がありました。
いずれの抵抗も西欧諸国から黙殺され、日本に抑えられました。
万国平和会議
1899年と1907年の2度にわたってオランダのハーグで開催

韓国併合

1910年、日本は韓国を併合し、日本の植民地としました。
韓国の漢城(ソウル)に 朝鮮総督府 が置かれ、憲兵による武断政治がおこなわれました。
伊藤博文
1909年に暗殺され、初代総督(朝鮮総督府の長官)でないことに注意