ヨーロッパ地誌-各国②

表記について

スペイン

基礎データ

スペイン
スペイン
人口(万人)(2020)4,675
面積(万㎢)(2019年)51
人口密度(人/k㎡)92
1あたりGNI(ドル)(2019年)30,390
民族ラテン系
公用語スペイン語
主な宗教キリスト教(カトリック)
首都マドリード

地形

スペインはイベリア半島の大部分を占め、フランスとは新期造山帯のピレネー山脈を自然的国境とします。
北西部には、リアス海岸の由来になった「リアスバハス(リアスバイシャス)」が位置します。
リアスバハス
リアスバハス

農業

地中海沿岸:
地中海式農業(オリーブ・ブドウなど)
内陸の高原:
羊やヤギの移牧
地中海性気候の乾燥に適したイベリコ豚の産地
イベリコ豚
イベリコ豚

鉱工業

バルセロナ
自動車工業
低賃金で生産を伸ばしたが近年停滞
スペインの工業都市
スペインの工業都市
自動車の生産
国名千台(2019年)
中国25,751
アメリカ10,893
日本9,685
ドイツ4,947
インド4,524
メキシコ4,013
韓国3,951
ブラジル2,945
スペイン2,823
フランス2,175
自動車の輸出
国名千台(2017年)
フランス6,365
日本4,706
ドイツ4,589
メキシコ3,254
アメリカ2,839
韓国2,530
カナダ2,373
スペイン2,318
イギリス1,383
中国891

民族問題

バスク独立運動

ピレネー山脈を挟んでスペインとフランスにまたがる地域には、独自の文化をもつバスク人が居住しています。
この地域はバスク地方と呼ばれ、20世紀後半、スペイン・フランス両国からの独立を要求める運動が盛んになりました。
現在、スペイン領内のバスク地方は、自治権を認められてバスク自治州となりましたが、独立をめぐる問題は残っています。
バスク地方とカタルーニャ自治州
バスク地方とカタルーニャ自治州

カタルーニャ独立運動

スペイン北東部のカタルーニャは、スペインのなかにありながらも独自の伝統・習慣・言語をもつ地域です。
自治権を認められてカタルーニャ自治州となりましたが、近年、独立運動が盛んになりました。

貿易

スペイン 輸出品目(2020年、%)
自動車15.4
機械類12.5
医薬品4.6
衣類3.9
果実3.5
スペイン 輸入品目(2020年、%)
機械類18.5
自動車10.2
原油5.5
医薬品5.4
衣類5.3

イタリア

基礎データ

イタリア
イタリア
人口(万人)(2020)6,046
面積(万㎢)(2019年)30
人口密度(人/k㎡)200
1あたりGNI(ドル)(2019年)34,530
民族ラテン系
公用語イタリア語
主な宗教キリスト教(カトリック)
首都ローマ

地形

イタリア国内には火山が複数あります。
例えば、シチリア島にはヨーロッパ最大の火山であるエトナ火山、イタリア半島のナポリにはヴェスヴィオ火山があります。
エトナ火山
エトナ火山
画像の奥に見える山
ポンペイとヴェスヴィオ火山
ポンペイとヴェスヴィオ火山
*ポンペイは噴火で埋没した古代都市

農業

北部:
ポー川流域の沖積平野で混合農業
南部・島嶼:
地中海式農業(オリーブ・ブドウなど)
ポー川
ポー川

鉱工業

三角地帯:
トリノ[自動車]・ジェノヴァ[造船・石油化学]・ミラノ[機械・繊維]
南部:
ナポリ[自動車]・タラント[鉄鋼]
北部との経済格差を是正するため、企業誘致や製鉄所建設を推進
第3のイタリア:
ヴェネツィア・フィレンツェボローニャ
熟練工の伝統技術を活かす労働指向型の工業
イタリアの工業都市
イタリアの工業都市

貿易

イタリア 輸出品目(2020年、%)
機械類24.7
医薬品7.6
自動車7.3
衣類4.5
金属製品3.7
イタリア 輸入品目(2020年、%)
機械類18.7
自動車8.6
医薬品7.3
原油3.8
衣類3.7

ノルウェー

基礎データ

ノルウェー
ノルウェー
人口(万人)(2020)542
面積(万㎢)(2019年)39
人口密度(人/k㎡)14
1あたりGNI(ドル)(2019年)82,500
民族ゲルマン系
公用語ノルウェー語
主な宗教キリスト教(プロテスタント)
首都オスロ

地形

ノルウェーが位置するスカンディナビア半島では、古期造山帯のスカンディナヴィア山脈が半島を縦断します。
スカンディナヴィア山脈は、半島の中央ではなく急斜面をなして西岸近くを走り、自然的国境としてスウェーデン・ノルウェーを東西に分けます。
スカンディナヴィア山脈
スカンディナヴィア山脈
ノルウェーはかつて著しい氷食を受けたため、各地に氷河地形が見られます。
特に急傾斜地が海まで迫るノルウェー西岸部には、U字谷が沈水して海水が奥まで入り込んだフィヨルドが続きます。
フィヨルド
フィヨルド
*ソグネフィヨルド

気候

偏西風と暖流の北大西洋海流の影響で、スカンディナヴィア山脈の西側には西岸海洋性気候が分布します。
ヨーロッパのCfbの分布
ヨーロッパのCfbの分布

漁業

ノルウェーは世界有数の漁業大国で、輸出のほとんどがサーモンです。
フィヨルドでは、山脈や氷河から安定した淡水の供給があるため、サーモンやマスの管理・養殖が盛んにおこなわれています。
ノルウェーサーモン
ノルウェーサーモン
ノルウェーサーモンの養殖
ノルウェーサーモンの養殖
水産物輸出
国名百万ドル(2019年)
中国22,409
ノルウェー11,980
ベトナム8,867
インド6,930
チリ6,794
タイ6,050
アメリカ5,990
オランダ5,620

発電

ノルウェーは、偏西風の影響で降水が多く、また、急傾斜地が広いため、水力発電が盛んです。

鉱工業

アルミニウム工業

安価な電力を利用し、アルミニウム工業が発達しています。
アルミニウムの生産
国名万t(2020年)
中国3,708
ロシア386
インド347
カナダ311
アラブ首長国連邦251
オーストラリア159
バーレーン155
ノルウェー143

原油・天然ガス

北海油田に面するノルウェーでは、原油・天然ガスが産出します。
発電は水力発電で支えられているため、原油・天然ガスは主に輸出されます。
北海油田
北海油田

貿易

ノルウェー 輸出品目(2020年、%)
原油27.5
天然ガス14.7
魚介類13.1
機械類8.1
石油製品4.5
ノルウェー 輸入品目(2020年、%)
機械類24.3
自動車11.3
金属製品4.6
衣類3
医薬品3

スウェーデン

基礎データ

スウェーデン
スウェーデン
人口(万人)(2020)1,010
面積(万㎢)(2019年)44
人口密度(人/k㎡)23
1あたりGNI(ドル)(2019年)55,780
民族ゲルマン系
公用語スウェーデン語
主な宗教キリスト教(プロテスタント)
首都ストックホルム

気候

偏西風と暖流の北大西洋海流の影響は、スカンディナヴィア山脈で弱まり、山脈の東側には亜寒帯湿潤気候が分布します。
ヨーロッパのDfの分布
ヨーロッパのDfの分布

林業

スウェーデンやフィンランドは、かつて氷河に広く覆われてやせ地が広がります。
耕地率が低い反面、両国とも森林率が高くて林業が盛んです。
土地利用(2019年)
国名耕地率(%)牧場・牧草地率(%)森林率(%)農民1人あたり耕地(ha)就農率(%)
スウェーデン6.21.168.730.321.7
フィンランド7.40.173.723.173.8
パルプの生産
国名万t(2020年)
アメリカ4,990
ブラジル2,102
中国1,791
カナダ1,484
スウェーデン1,157
フィンランド1,012
ロシア887
インドネシア819

人口

早くから少子化対策に取り組み、育児環境を整備しました。
合計特殊出生率(2020年)
国名合計特殊出生率
フランス1.8
ドイツ1.5
イタリア1.2
オランダ1.6
スペイン1.2
スウェーデン1.7
イギリス1.6
各国の高齢化
国名高齢化社会・高齢社会の到達年数出生率(‰)
7%14%2019年
フランス1864年1979年11.2
スウェーデン1887年1972年11.1
イタリア1927年1988年7
ドイツ1932年1972年9.4
日本1970年1994年7

鉱工業

北欧最大の工業国で、北部には鉄鉱石を産出するキルナ鉄山があります。
キルナ鉄山
キルナ鉄山
鉄鉱石の生産
国名百万t(2019年)
オーストラリア569
ブラジル258
中国219
インド148
ロシア64.3
南アフリカ共和国41.2
ウクライナ39.5
カナダ35.2
アメリカ29.8
スウェーデン22.1

貿易

スウェーデン 輸出品目(2020年、%)
機械類24.7
自動車12.9
医薬品7.8
紙・同製品5.6
鉄鋼3.8
スウェーデン 輸入品目(2020年、%)
機械類26.1
自動車10.5
原油3.8
医薬品3.7
魚介類3.4

フィンランド

基礎データ

フィンランド
フィンランド
人口(万人)(2020)554
面積(万㎢)(2019年)34
人口密度(人/k㎡)16
1あたりGNI(ドル)(2019年)50,010
民族ウラル系
公用語フィンランド語
主な宗教キリスト教(プロテスタント)
首都ヘルシンキ

地形

かつて氷河に覆われたフィンランドには、氷河湖が多く存在しています。
森林面積も大きいため、「森と湖の国」と言われています。
フィンランドの氷河湖
フィンランドの氷河湖
水色部分が湖と海
フィンランドの森と湖
フィンランドの森と湖

林業

スウェーデンやフィンランドは、かつて氷河に広く覆われてやせ地が広がります。
耕地率が低い反面、両国とも森林率が高くて林業が盛んです。
土地利用(2019年)
国名耕地率(%)牧場・牧草地率(%)森林率(%)農民1人あたり耕地(ha)就農率(%)
スウェーデン6.21.168.730.321.7
フィンランド7.40.173.723.173.8
パルプの生産
国名万t(2020年)
アメリカ4,990
ブラジル2,102
中国1,791
カナダ1,484
スウェーデン1,157
フィンランド1,012
ロシア887
インドネシア819

衣食住

サウナ

フィンランドはサウナ発祥の地です。
針葉樹を利用した薪炭を燃料にします。
フィンランドのサウナ
フィンランドのサウナ

言語

フィンランド語は、ウラル語族です。
なお、同じ北欧のノルウェー語・スウェーデン語は、インド=ヨーロッパ語族のゲルマン語派です。

民族

フィンランド含めスカンディナビア半島北部には、少数民族のサーミが居住し、トナカイの遊牧を営んでいます。
サーミ
サーミ

貿易

フィンランド 輸出品目(2020年、%)
機械類24.2
紙・同製品10
自動車6.4
石油製品6
鉄鋼5.1
フィンランド 輸入品目(2020年、%)
機械類23.5
自動車9
原油5.1
医薬品3.5
石油製品3

アイスランド

基礎データ

アイスランド
アイスランド

地形

アイスランドは、北アメリカプレートとユーラシアプレートの広がる境界に位置します。
そのためアイスランドでは、火山や温泉、ギャオと呼ばれる大地の裂け目が見られます。
アイスランドの地形
アイスランドの地形
温泉と地熱の蒸気(アイスランド)
温泉と地熱の蒸気(アイスランド)
ギャオ
ギャオ

発電

水力発電とともに、地熱発電が中心です。

貿易

アイスランド 輸出品目(2020年、%)
魚介類44.3
アルミニウム35
機械類3.5
鉄鋼2.7
飼料2.4
アイスランド 輸入品目(2020年、%)
機械類22.5
自動車9.2
アルミナ8
石油製品5.9
医薬品3.4

ポーランド

基礎データ

ポーランド
ポーランド
人口(万人)(2020)3,785
面積(万㎢)(2019年)31
人口密度(人/k㎡)121
1あたりGNI(ドル)(2019年)15,350
民族スラブ系
公用語ポーランド語
主な宗教キリスト教(カトリック)
首都ワルシャワ

農業

じゃがいも・ライ麦の栽培、豚の飼育が盛んです。

鉱工業

ポーランドとチェコにまたがるシロンスク地方(シレジア)では、石炭が産出します。
シロンスク地方が、ポーランドの経済・工業を支えています。
シロンスク地方
シロンスク地方

発電

宗教

インド=ヨーロッパ語族の語派(ラテン語派・ゲルマン語派・スラブ語派)とキリスト教の教派は、ある程度一致します。
ただし、一部には不一致もみられ、スラブ系のポーランドでは、キリスト教のカトリックが多く信仰されています。

貿易

ポーランド 輸出品目(2020年、%)
機械類24.9
自動車9.7
家具5.1
金属製品5
衣類3.5
ポーランド 輸入品目(2020年、%)
機械類27
自動車8.1
衣類4.3
プラスチック類4.2
鉄鋼4.1

チェコ

基礎データ

チェコ
チェコ
人口(万人)(2020)1,071
面積(万㎢)(2019年)8
人口密度(人/k㎡)136
1あたりGNI(ドル)(2019年)21,940
民族スラブ系
公用語チェコ語
主な宗教キリスト教(カトリック)
首都プラハ

鉱工業

ポーランドとチェコにまたがるシロンスク地方(シレジア)では、石炭が産出します。
シロンスク地方
シロンスク地方

貿易

チェコ 輸出品目(2020年、%)
機械類38
自動車20.3
金属製品4.7
鉄鋼2.3
精密機械2.2
チェコ 輸入品目(2020年、%)
機械類37.6
自動車10.2
鉄鋼4
金属製品4
医薬品3.1

ハンガリー

基礎データ

ハンガリー
ハンガリー
人口(万人)(2020)966
面積(万㎢)(2019年)9
人口密度(人/k㎡)104
1あたりGNI(ドル)(2019年)16,500
民族ウラル系
公用語ハンガリー語
主な宗教キリスト教(カトリック)
首都ブダペスト

言語

ハンガリー語は、ウラル語族です。

貿易

ハンガリー 輸出品目(2020年、%)
機械類40.3
自動車16.4
医薬品5.9
精密機械2.9
金属製品2.2
ハンガリー 輸入品目(2020年、%)
機械類38
自動車9.4
原油5.5
金属製品3.4
精密機械3.2

ルーマニア

基礎データ

ルーマニア
ルーマニア
人口(万人)(2020)1,924
面積(万㎢)(2019年)24
人口密度(人/k㎡)81
1あたりGNI(ドル)(2019年)12,630
民族ラテン系
公用語ルーマニア語
主な宗教キリスト教(東方正教)
首都ブカレスト

言語

ローマ帝国時代、多くのローマ人がルーマニアの地に移住しました。
ルーマニア語にはラテン語の影響が残るため、ラテン語派に分類されます。

貿易

ルーマニア 輸出品目(2020年、%)
機械類30
自動車17.1
精密機械3.6
家具3.3
鉄鋼3.2
ルーマニア 輸入品目(2020年、%)
機械類28.1
自動車8.7
医薬品4.7
金属製品4.2
鉄鋼3.8

その他諸国

オーストリア

オーストリア
オーストリア
人口(万人)(2020)901
面積(万㎢)(2019年)8
人口密度(人/k㎡)107
1あたりGNI(ドル)(2019年)51,460
首都ウィーン

歴史

かつての神聖ローマ帝国・オーストリア帝国・オーストリア=ハンガリー帝国の国土は、現在のオーストリアの国土よりもはるかに広く、その首都であったウィーンにはヨーロッパの政治・文化の中心地として栄えてきました。
ウィーンには才能ある作曲家・演奏家が集まったため、「音楽の都」としても知られています。
オーストリア=ハンガリー帝国
1867~1918年、オーストリアがハンガリーとつくった国家連合

スロベニア

スロベニア
スロベニア
人口(万人)(2020)208
面積(万㎢)(2019年)2
人口密度(人/k㎡)104
1あたりGNI(ドル)(2019年)25,940
首都リュブリャナ

地形

スロベニア北西部のカルスト地方には、石灰岩の溶食で形成された地形が広がります。
石灰岩の溶食で形成された地形はカルスト地形と呼ばれ、カルスト地方に由来します。

セルビア

セルビア
セルビア
人口(万人)(2020)695
面積(万㎢)(2019年)8
人口密度(人/k㎡)90
1あたりGNI(ドル)(2019年)7,030
首都ベオグラード

旧ユーゴスラビア連邦

かつてセルビア含む6の共和国で、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国が構成されていました。
1990年代、連邦の中心であったセルビアは、連邦構成国の分離独立戦争に介入し、国際社会から経済制裁を受けました。
そのため政情不安が続き、経済発展が停滞しました。
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国

コソボ

セルビア南部のコソボ自治州のアルバニア人には、イスラームの信者が多くいます。
2008年、コソボ自治州は分離独立を宣言しました。
現在、日本を含めた多くの国々がコソボを国家として承認していますが、セルビアやロシアは反対し、国連に加盟できていません。
旧ユーゴの宗教分布
旧ユーゴの宗教分布